• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • キートン山田、44歳で仕事ない時期に出会った『まる子』が転機に 31年完走も「どこまでいっても下積み」

キートン山田、44歳で仕事ない時期に出会った『まる子』が転機に 31年完走も「どこまでいっても下積み」

  • 31年間、『ちびまる子ちゃん』のナレーションを務めたキートン山田

    31年間、『ちびまる子ちゃん』のナレーションを務めたキートン山田

 国民的人気アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)。1990年の放送開始以来、ナレーションを務めているキートン山田が、28日の放送で卒業する。番組と同時に声優・ナレーターの卒業も発表になったが、「実は10年くらい前から、いつ人生の片付けをしようか探っていた」と語る。31年前、番組の大ヒットとともに“キートン山田”としてのキャラクターをも確立させるきっかけとなった作品への感謝の想いなど、最後のナレーション収録に向かう前日のキートン山田にインタビューした。

31年感情なし、トーン一定のナレーションに「窮屈に感じる時期あった」

――ちびまる子ちゃんのナレーター卒業が発表されると、SNSでは「寂しいです」「今までありがとうございました」といった卒業を惜しむ声が数多くありました。ご自身も大きな反響を感じられましたか。

キートン山田僕の想像を超えているものでしたよ。物心ついて観始めた親子三代の方から手紙が来たり、30〜40年ほど音信不通の人からもね。熱い想いを感じました。実は僕はそこまでの反響があるとは思っていなかった。ありがたいですね。そっと消えようと思っていたので(笑)。

――今、31年を振り返っていかがですか。

キートン山田よく言うけれど、今思えば長くもあり短くもあり、途中長くも感じますよね。小さかった子どもたちが3人とも結婚して、孫が6人いる。そういう変化を考えるとね、長いこと、淡々とやってきたなあと。まる子のナレーションは感情を出さないナレーションですから、一時、窮屈に感じる時期があった。もっとやりたいのにやっちゃいけないじゃないですか。あのトーンを維持しなきゃいけない。これでいいのかなと、ひとり悶々と悩んだ時期はありました。

――そんな時期が、、、

キートン山田ちょうど真ん中を過ぎたあたり、16〜7年目くらいの時、いいのかな、これでと。迷っていると声に出るんですよね。なんだか自分でしゃべっていていいのかなと思いつつ、結局は初期の映像を観直してね。何も考えず、ストンとしゃべっていたんだなって、いろいろ考えて思い直しました。なんだ、考えすぎだったと。でも、変えちゃいけないって、辛かったですよ(笑)。

――ご自身のなかで、どう折り合いをつけたのですか?

キートン山田僕も入り込むことにしたんです。あれはナレーターという役なんだと。いわゆるナレーションではなくて、ナレーターをやっている、いち出演者として溶け込むことにしたら後半は楽しかったですね。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索