アニメ&ゲーム カテゴリ

花澤香菜の一番好きなキャラは? 鬼滅の甘露寺蜜璃に化物語、ごとよめ…“超癒やしボイス”で魅了【#ファンに聞いてみた】

この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
⇒この記事をオリジナルページで読む(2月25日掲載)

2月25日に誕生日を迎えるた花澤香菜さん。“超癒やしボイス”と称されるその演技で多くのファンを魅了してきました。今回はそんな花澤さんが演じた「一番好きなキャラクター」をテーマにアンケートを実施(※)。各作品を彩るヒロインたちがトップ5にランクイン。ファンの熱い推しコメントとともに紹介します。

※物語の内容に触れる描写がありますのでご注意ください
※ORICON NEWS公式Twitterアカウントにて実施 総票数:246

5位(19票)甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)【鬼滅の刃】

・アニメ第1期:2019年4月-9月
・映画:『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』(2020年10月16日公開)
・原作:『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴/集英社)

社会現象を巻き起こした『週刊少年ジャンプ』のヒット作品。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、主人公の少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう/花江夏樹さん)は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで人生が一変。唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の竈門禰豆子(かまど・ねずこ/鬼頭明里さん)を人間に戻すため、そして家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリーです。 
甘露寺は、鬼を倒す組織「鬼殺隊」の最強の剣士である「柱」の一人。非常に惚れやすく、誰にでも胸をときめかせる性格のキャラクターを花澤さんがキュートに演じています。アニメ第2期となる「遊郭編」が2021年に放送されることが発表されており、“恋柱”甘露寺の今後の活躍にも注目です。
【ファンの声】

「もう本当に蜜璃ちゃんの声が花澤さんでよかったです!! 理想の蜜璃ちゃんのかわいい声で聞いた瞬間、興奮しっぱなしでした!(笑)」

「『鬼滅の刃』の柱合会議で初登場したとき、『うそ!? 花澤さん!? めっちゃかわいいしキャラに合ってる!」ってなりました」

「第1期の出番は少なかったけれど、あの数秒で伝わってくるあの可愛さ!! キュンキュンしました! あの声を演じられるのは花澤香菜さんだけだと思います」

4位(24票)常守朱(つねもり・あかね)【PSYCHO-PASS サイコパス】

・アニメ第1期:2012年10月期、アニメ第2期:2014年10月期、アニメ第3期:2019年10月期
・映画:『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』(2015年1月9日公開)、『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』(Case.1:2019年1月25日公開、Case.2:2019年2月15日公開、Case.3:2019年3月8日公開)、『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』(2020年3月27日公開)
・総監督:本広克行

人間の心理状態や性格的傾向が全て数値化され、罪に関する数値も“犯罪係数”として計測され、犯罪者はその数値によって裁かれる世界を舞台に、治安維持にあたる刑事たちの活躍と葛藤を描いたSF作品です。
花澤演じる常守は、TVアニメ第1期では訓練施設を主席で卒業した新人監視官として登場し、癖の強い執行官達に翻弄されつつ、懸命に事件の捜査にあたります。第2期、第3期と立場を変えながら、成長していく常守の姿も作品の一つの見どころです。
【ファンの声】

「香菜さんには珍しいキャラだったけど、上手くキャラに合っていて推しになりました!」

「作品が進むにつれ段々と成長していく過程を表現されていて素晴らしいです! すぐ聞き分けられるかわいい声大好きです! 笑いのセンスもすごいです!」

「かわいいキャラの声を多くやっているイメージだけど、朱ちゃんは可愛らしい中にも芯がある声で花澤さんにとってもピッタリでした! 強くてたくましい大好きなキャラクターです」

3位(29票)千石撫子(せんごく・なでこ)【化物語】

・2009年7月期
・原作:『化物語』(西尾維新/講談社)

21世紀初頭の日本の田舎町が舞台で、高校生の主人公・阿良々木暦(あららぎ・こよみ/神谷浩史さん)が、さまざまな「怪異(かいい)」に関わった少女たちと出会い、その怪異にまつわる事件を解決していく物語です。
撫子はいわゆる“妹キャラ”で、暦の実妹・阿良々木月火(あららぎ・つきひ/井口裕香さん)と同級生の中学二年生。極度の恥ずかしがり屋ですが、主人公を「暦お兄ちゃん」と呼び、イチャつくことに興味津々な姿はファンのハートをガッチリと掴みました。

花澤さんがCVを務める千石撫子は0:43〜

【ファンの声】

「初めて“萌え”を実感した作品です。『恋愛サーキュレーション』は花澤さんにしか歌えない曲です!」

「とにかく最初はかわいいが詰め込まれてて尊かった! そのあとのヒステリックなキャラもよかった!」

「初めて見た物語シリーズで、声に惹かれました! 普段は可愛い撫子ちゃんが怒った時のギャップがすごいんです!! 花澤さんの演技力の高さも実感しました! そこからもうハマってます!」

2位(38票)小野寺小咲(おのでら・こさき)【ニセコイ】

・アニメ第1期:2014年1月期、アニメ第2期:2015年4月期
・原作:『ニセコイ』(古味直志/集英社)

極道一家の一人息子・一条楽(いちじょう・らく/ 内山昂輝さん)と、ギャング組織の一人娘・桐崎千棘(きりさき・ちとげ/東山奈央さん)が、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に演じさせられることから始まるラブコメディーです。
小野寺小咲はおっとりした性格を持つ和菓子屋の娘で、美少女ゆえにクラス人気が高い“第二のヒロイン”として描かれています。主人公・楽が密かに恋心を寄せる相手であり、転校生のヒロイン・千棘とは親友という間柄。小咲も楽への想いを伝えきれず、揺れ動く恋心を花澤さんが見事に表現しています。
【ファンの声】

「心の底から応援したくなるような男子達の理想の女の子です! そんなかわいくて、見ているだけでも癒しになるような小野寺にざーさん(花澤さん)の声がとてもマッチしていて、癒しキャラに癒しボイスが混ざった小野寺は、かわいいを超えて“キャワイイ”です!」

「もう、存在全てが尊い!! 可愛すぎる! 優しくて、思いやりのあるこのキャラに花澤さんの声がとても合っていてとっても最高です!!」

「初めて花澤さんを知った作品が『ニセコイ』。小咲ちゃんの声を聞いたときに『こんなかわいい声が出せる声優さんがいるんだ!』と思った。花澤さんの声がより小咲ちゃんをかわいくして魅力的にしています!」

1位(49票)中野一花(なかの・いちか)【五等分の花嫁】

・アニメ第1期:2019年1月期、第2期:2021年1月期
・原作:『五等分の花嫁』(春場ねぎ/講談社)

貧乏生活を送る主人公の男子高校生・上杉風太郎(うえすぎ・ふうたろう/松岡禎丞さん)が、あるきっかけで個性豊かな五つ子のヒロインたちの家庭教師となり、落第寸前の彼女たちを無事卒業まで導くべく奮闘するラブコメディーです。最終的に風太郎は、五つ子の中の一人と結婚することになるのですが、結婚間近の風太郎が高校時代を回想していく形で物語は進んでいきます。
五つ子のヒロインを演じるのは、花澤さん(一花/いちか)、竹達彩奈さん(二乃/にの)、伊藤美来さん(三玖/みく)、佐倉綾音さん(四葉/よつば)、水瀬いのりさん(五月/いつき)ら豪華な顔ぶれ。花澤さんは、からかい上手の小悪魔的な性格だけど、面倒見のよいお姉さん気質を持つ一花の“長女らしい”一面と“女の子らしい”一面を見事に演じ分けています。
【ファンの声】

「長女として頼りがいがある感じと心の不安定さがざーさんによって、リアルに表れてより魅力的なキャラクターになりました!」

「一花! ドス黒いとこがあるキャラやけど、お姉さん感があって頼れる性格だし、個人的には単純なかわいさで言えば五つ子トップやと思う。そんなキャラです! こんなキャラざーさんにしか出来ませんね!! ピッタリの配役だと思います!」

「五つ子の中のお姉さんキャラとして最高にかわいい中野一花を推します。お姉さんキャラとしての一面と、時折出る乙女な一面が両方合わさって最高にかわいいです!」


トップ5のほかにも『妖狐×僕SS』の髏々宮カルタ(ろろみや・かるた)、『はたらく細胞』の赤血球(せっけっきゅう)、『Steins;Gate』の椎名まゆり(しいな・まゆり)など、甲乙つけがたい人気キャラクターに多くの票が集まり、改めて花澤さんの人気と実績を表す結果となりました。
Fanthology!関連記事

佐倉綾音の一番好きなキャラは? バンドリ、ごちうさ、俺ガイル…人気アニメがズラリ【#ファンに聞いてみた】

1月29日に誕生日を迎える佐倉綾音さん。数々の人気アニメに出演する人気声優の一人で「あやねる」の愛称でファンに親しまれています。今回はそんな佐倉さんが演じた「一番好きなキャラクター」をテーマにアンケートを実施(※)。各作品を彩るヒロインたちがトップ5にランクイン。ファンの熱い推しコメントとともに紹介しま…

「芸人は“箱推し”」 久保ユリカ、お笑いにずっと救われ続けている 和牛・千鳥・ラーメンズを語る

声優アーティスト・久保ユリカさんはコロナ禍前には「ルミネtheよしもと」に通っていたお笑い好きで、「芸人さんは“箱推し”」、つまり芸人という存在全体を応援しているとのこと(!)。大好きな千鳥に遭遇したときのこと、学生時代に大ファンだったラーメンズのこと、ジャルジャルに影響を受けたラジオ番組のあいさつ、そ…

声優・吉野裕行を築き上げたキャラ5選 『弱ペダ』荒北、『薄桜鬼』藤堂平助など“不完全な人”の愛おしさ

『機動戦士ガンダム00』アレルヤ・ハプティズム/ハレルヤ、『SKET DANCE』藤崎佑助(ボッスン)、最近では『スター☆トゥインクルプリキュア』プルンス、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』キルバーンなど、振り幅の広い演技で常に第一線で活躍し続けている声優・吉野裕行さん。そんな吉野さんに、声優として転機になった5…
この記事について
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
⇒この記事をオリジナルページで読む(2月25日掲載)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索