ドラマ&映画 カテゴリ

浜辺美波“嫌だった”鏡に映る自分の姿 サボらない努力で少しずつ自信へ

 大人気漫画を実写化した映画『約束のネバーランド』が18日に公開を迎える。主人公・エマを演じたのは、めざましい活躍を見せる女優・浜辺美波(20)。人気原作の実写版を演じる上で、どのような心持ちで挑んだのか、また、デビューのきっかけとなった第7回「東宝シンデレラ」オーディションから来年で10年を迎えるにあたり、これまでの女優人生を振り返ってもらった。

 原作は、2016年8月から20年6月まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた同名漫画。孤児院で平穏に暮らす少年少女たちが、自分たちのことを「『鬼』の食用として育てられている」という秘密を知り、脱獄を計画するファンタジー。誰よりもまっすぐな性格の主人公・エマを浜辺、クールな少年・レイを城桧吏、理性的でリーダー格のノーマンを板垣李光人が演じる。そして、孤児院「グレイス=フィールド」で理想的なママを務めながら、裏で鬼の手下として暗躍するイザベラを北川景子、イザベラの手下で、シスターながらに下克上を狙うクローネを渡辺直美が担当する。

エマ役オファーに驚き「自分が演じるのは難しいと思いました」

 もともと原作が好きだった浜辺。オファーの話が届いたときは驚きを隠せなかったという。「実写化しないジャンルの漫画だと思っていました。設定もそうですし、子どもたちがメインの話で、役者さんを集めるのも大変だと感じました。それを撮影するとなると難しいものが多いと思っていて、どう描くのか疑問はありました」と振り返る。

 「リハーサルが1ヶ月くらいあり『ここはどの様にして描きますか?』と(平川雄一朗)監督やプロデューサーさんにお聞きして。わからないことも多かったので、みんなで作り上げられたらと思い、撮影に臨みました」と疑問を感じたことは、都度確認して解消していった。
 浜辺が演じたエマは、天真爛漫で運動神経が高く、心の芯の強さも持ち合わせる主人公だ。「グレイス=フィールド」の最年長で、ノーマン、レイと並んでテストではフルスコアをとる頭の良さもある。

 「自分が演じるのは難しいと思いました」と話す浜辺。「元気いっぱいですし、実年齢も自分より若い。みんなとのバランスをどうとるのか、みなさんにどう見えるのか不安もありました」と正直な気持ちを明かすが、撮影後にはジムで走り込み、食事も多くとるなどエマになるための体作りをしていった。
 そのエマについては「『言葉に説得力があるところ』が好きなんです。不可能なことでもエマが『できるよ!』と言ったら、なんだかできるような気がする。エマにはそういうもともと持って生まれた言葉のパワーがあって、人としてすてきだと思います」と浜辺自身も愛着を抱くキャラクターだ。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索