• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 川口春奈、過去の試練を乗り越え躍進 生来の“気高さ”でSNS強者にも

川口春奈、過去の試練を乗り越え躍進 生来の“気高さ”でSNS強者にも

  • 川口春奈 (C)ORICON NewS inc.

    川口春奈 (C)ORICON NewS inc.

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で沢尻エリカの代役として起用されながらも、“適役”として称賛されている川口春奈。4月には『Going!Sports&News』(日本テレビ系)、8月には『モニタリング』(TBS系)にレギュラー加入。また『川口春奈オフィシャル はーちゃんねる』は登録者100万人超えとYouTuberとしても成功するなど、今年の彼女の躍進ぶりは凄まじい。過去には初主演ドラマ『夫のカノジョ』(2013/TBS系)では、視聴率低迷による打ち切りを経験。SNSでバッシングにもさらされていた。そんな彼女が芸歴13年を迎え、飛躍できた理由とは。

初主演ドラマ打ち切りにバッシングも…10代の川口に降りかかった「試練」

 川口春奈は1995年、長崎県五島市生まれ。2007年、ファッション雑誌『ニコラ』でモデルとしてデビューし、2009年に三井のリハウス第13代リハウスガールを努め話題に。同年、小栗旬、水嶋ヒロ出演のフジテレビ月9ドラマ『東京DOGS』で女優デビューを果たした。

 そんな彼女の女優人生は順風満帆とはとても言い難い。2013年の秋、川口はドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)でゴールデン帯初主演を飾る。ところが視聴率低迷が続き、第5話で平均視聴率3.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。テレビ東京を除いた民放の連続ドラマワースト視聴率を塗り替えてしまったのだ。結果、第8話で最終回を迎え、ちまたでは「打ち切り」との声が多く囁かれた。

 それ以前の深夜帯出演作を見ても、2011年に主演を努めた『桜蘭高校ホスト部』(TBS系)の初回が1.1%。一番よかった9話で4.0%と低い。同じく主演の2012年『放課後はミステリーとともに』(TBS系)は、ほとんどが1%台、2013年の『天魔さんがゆく』(TBS系)でも平均視聴率 1.5%と、振るわなかった。

 以降、“低視聴率女優”のレッテルを貼られ、「素材はいいのにブレイクしない」イメージを固められた。そんな中、2014年に放送された『アナザースカイ』(日本テレビ系)で、こうした“視聴率騒動”にテレビで初めて言及。「気にしない、気にしないとは言っていましたけど、めちゃめちゃ気にしていたし、みんながフォローしてくれるのが逆に悲しかった」と渦中の心境を語っている。また、そこから思考を切り替え「これからもっといろんな場面に遭遇すると思うけど、負けたくないし、弱っている姿も見せたくない」とし、女優としての試練だったと受け止めていた。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索