• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 45年夫婦で共作した『ねずみくん』シリーズ 愛され続けた理由は“いかにマンネリを味方にするか?”

45年夫婦で共作した『ねずみくん』シリーズ 愛され続けた理由は“いかにマンネリを味方にするか?”

  • 絵本『ねずみくんのチョッキ』?なかえよしを・上野紀子/ポプラ社

    絵本『ねずみくんのチョッキ』?なかえよしを・上野紀子/ポプラ社

 絵本『ねずみくんのチョッキ』(1974年刊行)にはじまるシリーズは36巻を数え、累計400万部を超え、昨年45周年を迎えた。本シリーズは、夫で絵本作家のなかえよしを先生が構成を考え、妻の上野紀子先生が絵を描くという二人三脚のスタイルで、45年間作り続けてきたという。それだけの長い期間、夫婦として、ビジネスパートナーとして絵本を作ってきた2人だが、一度も絵本について喧嘩したことがないそう。昨年他界された妻の上野さんの死を乗り越え、今年『ねずみくんのチョッキ』の展覧会を開催中のなかえさんに、絵本に込めた2人の思いを聞いた。

作者紹介写真も45年間変わらず ねずみくんの絵本で大事にしたのは『変えない』こと

 美術大学を卒業後、広告会社で仕事をしていたなかえさん。スポンサーからの要望とは関係なく、自由に作品が作りたいと自費で絵本を制作していた。そんな中、ニューヨークに行く機会があり、現地には出版社が多かったことから、急遽作った絵本を売り込んでみようと思ったという。そこで生まれたのが『ELEPHANT BUTTONS』(邦題:『ぞうのボタン』冨山房)という絵本。その後、日本に帰国してから『ねずみくんのチョッキ』が制作され、45年続く「ねずみくん」シリーズになった。

――ねずみくんが生まれたきっかけは何だったのでしょう。

【なかえさん】『ELEPHANT BUTTONS』のゾウさんからねずみという内容展開が好評でしたので、それでは今度は、ねずみからゾウさんへという展開のお話を考えてみました。偶然にもねずみくんの誕生ですね。

――「ねずみくんの絵本」シリーズの絵本を45年の間作り続ける中で、1番大変だったことはどんなことでしたか。

【なかえさん】ねずみくんの絵本で大変だったことは、『変えない』ことでした。同じスタイル、同じ枠付きのレイアウト。お話も起承転結でその後、奥付のページに余韻のページを小さく入れるとか、背景は描かないとか、なるべく同じ動物が出てくるとか、文章はなるべく会話だけにするとか、大人は出さないとか、とにかく同じ繰り返し。マンネリでいくことが大変でしたね。

――「マンネリ」という言葉はあまりいい意味で使われないと思うのですが、「マンネリ」を突き通すことにはどんな思いがあるのでしょうか。

【なかえさん】マンネリですと、新鮮さがなくなり飽きられてしまうものです。でも、人生ってそんなものです。創意工夫でいくらでも楽しくできる、そんなことを伝えたいです。“マンネリズム”大好きです。ちなみに、ねずみくんの絵本の作者紹介なんて45年も同じ写真ですもの。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索