アニメ&ゲーム カテゴリ

「SNSが漫画を“民主化”した」、読者と作家に変革もたらしたSNS漫画の現在地

SNSで活動していると、「成長や変化が止まってしまう」

――佐渡島さんが主催する育成コース『コルクラボマンガ専科』は、どんな形なのでしょうか? 受講生の皆さんは「#コルクラボマンガ専科」というタグを付けて漫画をSNSに投稿していて、バズった作品も多いですが。

佐渡島氏 当初は、Twitterなどで話題になっている人に声をかけ、いろいろと教えようと思っていたんです。ただ、すでにフォロワーが多い人に声をかけても、「これだけリツイートもあってファンも楽しんでいるのに、なんでダメ出しされないといけないんですか?」、「それは必要なアドバイスなんですか?」と言われてしまうんですね(笑)。

――佐渡島さんが教えようとしたのは、どんなことなんでしょうか?

佐渡島氏 作家としてずっと活動していくためには、一定のストーリーテリングや絵の技術が必要なんです。SNSで活動していると、どうしても成長が止まってしまう傾向がある。作家が試行錯誤していても、フォロワーから 「前のほうが面白かった」と言われることにより、変化が怖くなってしまうんでしょう。

――その後は、やり方を変えられたのですか?

佐渡島氏 はい。歴史に名を残すような作品を描くためには、やっぱり必要な技術が存在するんです。それなら、僕の言うことをわかってくれる人たちに集まってもらい、僕から学ぶだけでなく、受講生同士がお互いに教え合い、学び合う場を作ることが重要だと思いました。そうして作ったのが『コルクラボマンガ専科』。ここでは、出版業界の変化から絵の技術、ストーリーの作り方、さらにSNSの使い方や習慣化することの重要性を教えています。

――受講生による漫画『眠れないオオカミ』(作者:したら領)も、大きな話題になっていますね。

佐渡島氏 彼が受けていた講義の最終日に、この漫画がバズり出したんです。「よし、したらくんを応援しよう!」と、受講生たちみんなでリツイートしたりして、協力していましたね。最初は300人ぐらいだったしたらくんのフォロワーも、どんどん増えて今では10万人を超えるほどになりました。

あえて「バズを狙わない」? 炎上しないSNS漫画の描き方とは?

――講義では、バズる漫画の描き方も教えてくれるんですか?

佐渡島氏 いえ。実は講義では、「バズることを狙うな」と言っているんです。バズることを狙うと、苦しくなってしまう。そうではなくて、「自分の伝えたいことを明確にして、しっかりと描くこと」。それが伝わった結果が、バズなんだと思っています。SNSはそうした「伝えたいこと」に共感した人が、集まってきてくれるんです。

――バズはあくまで結果であると。

佐渡島氏 それに、バズってフォローしてくれた人が、本当にその作家が好きで応援してくれるとは限らないんですよ。たとえば、メディアに取り上げられてフォロワーが一気に増えたりすると、その中から誹謗中傷する人が出てくる。また、時事ネタを扱うと確かに気づいてくれる人は増えるけれど、それも作品のファンではなくて「とりあえずフォローしとくか」という人たち。そういうところで、炎上は起きやすいのです。目指すべきは、「あなたの作品が面白い」と言う人たちだけをフォロワーにすること。SNS漫画は、作家と読者のコミュニケーションで成り立っていますからね。

――では、SNSで漫画を発表することの利点や欠点を上げるならば?

佐渡島氏 僕は、良いところしかないと思っています。たとえば、出版社の編集者にネームを見せてボツをくらったら1円にもならないし、フォロワーも増えません。でも、SNSで漫画を投稿したら、多かれ少なかれフォロワーが増えます。このフォロワーというのは、作者にとっては“仲間”。編集者は、単行本が売れなかったらいなくなってしまいますが、SNSのフォロワーは、面白くなくても意外と減らないんですよ。SNSではどんな漫画を描こうとも自由ですし、どんなことを描いても許される。そして、成功するまでの道のりも自由です。

――最後に、SNSで漫画を描いてみたい、人気を得たいと考える人へアドバイスをお願いします。

佐渡島氏 なにより、楽しむことが一番。あえてバズりにいかず、自分の描きたいと思う作品を描くのが良いと思います。

(文:今 泉)
【インフォメーション】
★コルクラボマンガ専科
詳しくはコチラ>>(外部サイト)

<コルクラボマンガ専科 作品紹介>
●したら領「眠れないオオカミ」 
約1日でフォロワーが8万人増加、現在は10万人のフォロワーを抱える人気作家。現在書籍化に向けて執筆中。
漫画はこちらのTwitterでチェック!>>(外部サイト)

●一秒隔週金曜日連載「Doちゃんと僕」
受講中、たびたび作品が話題に。現在はWEB「ていねい通販」にて『マイッカな毎日」を連載中。
漫画はこちらのTwitterでチェック!>>(外部サイト)

●都会「ケチケチ言うけど、それって本当にケチ?」
現在受講中の作家。フォロワー数百人から、3ヶ月で1万を超える。
漫画はこちらのTwitterでチェック!>>(外部サイト)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索