• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 元モー娘。尾形春水語るアイドルのダイエット、体重半減した自分には「周囲の言葉は刺さらなかった」

元モー娘。尾形春水語るアイドルのダイエット、体重半減した自分には「周囲の言葉は刺さらなかった」

 元モーニング娘。の12期メンバーだった尾形春水さん。卒業後、YouTubeチャンネル「Haruna Ogata」に投稿した、アイドル時代の過激なダイエット経験を語る動画が話題に。一時は35キロまで痩せてしまい、リバウンドして60キロとなった経験を自身の失敗談として明かしていた。激しいダイエットに至った経緯や、プロ意識があるからこそ生まれるアイドルとしての葛藤を語ってもらった。

「私を太らせるためやん!」過激ダイエットで疑心暗鬼になったアイドル時代

尾形春水
Instagram:harunaogatajp(外部サイト)
Twitter:@harunaogatajp(外部サイト)
YouTube:「Haruna Ogata」(外部サイト)
――尾形さんがモーニング娘。のメンバーとして活動されていた時に、過激なダイエットで35キロまで激やせしたこと、逆に激しくリバウンドしたことなどについて、YouTubeで話したことが話題になりました。アイドル時代に抱いていたコンプレックスとは、どんなものだったのでしょうか。

【尾形春水(以下 尾形)】私は高校1年生のときにモーニング娘。に加入したんですが、それまでは自分の体型について考えたことがなくて。アイドルになって、他人に見られるようになって初めて「太ってる」とか「ガタイが良い」とか言われて、コンプレックスを抱き始めたんですよ。握手会とかで直接言われたこともありますし、私はTwitterとかめちゃくちゃ見ちゃうタイプやったから、「新メンバーの子、ガタイ大きい」と書かれているのを見てしまって。ただ、痩せようと思った理由は、そこじゃないんです。

――というと…?

【尾形】もともと「ダンスと歌ができない!」っていうコンプレックスが大きかったんです。ハロプロ(ハロー!プロジェクト)は歌とダンスを武器にしているので、ファンの人は、歌とダンスができる子を推す傾向があるので。歌とダンスが完璧やったら、それだけでファンがつくんですよ。でも、歌もダンスもへたくそやし、「もう、どこで戦えばいいんや?」と個性を探すのに必死で。歌とダンスはもちろん頑張るけど、そこでは全然戦えないから、ビジュアルを磨こうと思ったんです。それに、同期の子がダイエットに成功した時期に、シングルのセンターに選ばれたこともきっかけの一つです。私はめちゃ単純やったんで、「痩せればセンターになれるんや」と思ってしまって。

――尾形さんが実践したダイエットは「炭水化物は毒」「食べる量は紙コップ1個分」などという極端なものでしたが、ご自身で改めて振り返ってみて、どう思いますか。

【尾形】すごく危険やったなあと思います。体重も半減して。それだけ必死にアイドルをやっていたんだとも思うけど…。メンバーやスタッフさんなど、いろんな人が心配して助けようとしてくれて、ご飯に誘ってくれたのに、「私を太らせるためやん!」と思っちゃって、全部断っていました。私はグループの中でとにかく何かの1位になりたくて、細さで1位になろうと思っていたのに、他の人に1位をとられたら困るじゃないですか。メンバーは結局、ライバルやから、メンバーの言葉は全く刺さらなくて。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索