• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 「原色人類」と呼ばれた元『egg』ガングロギャルがエステ経営者に、成功導いた“雑草魂”

「原色人類」と呼ばれた元『egg』ガングロギャルがエステ経営者に、成功導いた“雑草魂”

  • 『egg』ギャル時代の塩澤麻衣さん(左)と、驚くほど美白になった現在の姿(写真:本人提供)

    『egg』ギャル時代の塩澤麻衣さん(左)と、驚くほど美白になった現在の姿(写真:本人提供)

 ギャル雑誌『egg』の復活など、ギャルブームが再燃しつつある昨今。かつての“元ギャル”たちも、様々な分野で活躍している。読者モデル時代は「原色人類」という強烈なガングロギャルだった塩澤麻衣さんは、現在38歳。日焼けサロンのバイトに始まり、今ではサロンを経営する辣腕エステティシャンに。ギャル時代に培った雑草魂と信念で、開業資金はキャバクラで働いて溜めたという。塩澤さんが語る、仕事にも生きるギャルマインドとは?

ギャル時代は「原色人類」、いかに目立つかを求め自己プロデュース

エステティシャンとなり美白になった現在とギャル時代の塩澤麻衣さん

エステティシャンとなり美白になった現在とギャル時代の塩澤麻衣さん

――雑誌『egg』の読者モデルをしていた当時は、どんなギャルでしたか?

塩澤麻衣さん どうやったら目立つか、いかに個性を出すかということを頑張っていました。

――どのように個性を出していったんでしょう?

塩澤麻衣さん いろいろ自分で考えた結果、「原色人類」と名乗って、ガングロで原色の服を着るようにしたんです(笑)。ピンクとグリーンのように、反対色を組み合わせたら誌面で映えるのかなとか、目立つために自己プロデュースをしていましたね。

――てっきり、編集部からキャッチフレーズのように決められたのかと思っていました!

塩澤麻衣さん いえ、自分でなんとか目立てるように頑張った結果です(笑)。見た目はそんな感じでしたが、親と一緒に家族旅行にも行ったし、決められた門限もしっかり守るギャルだったんですよ。当時は放課後、渋谷に行くのが部活みたいなものでしたけど、ちゃんと学校にも行って卒業しました。なんと、ギャルですがエレクトーン教室も通って、ガングロで練習して弾いていました。(笑)

――真面目な女子高校生だったんですね。

塩澤麻衣さん そういうところは、ギャルは意外と真面目なんです(笑)。夏は海の家で住み込みバイトをしたんですが、売上ノルマを達成しないと夜は外出禁止だから、朝8時から頑張ったりして。

――今、当時の自分を振り返るとどう思いますか?

塩澤麻衣さん 私は自己認証欲求が強いタイプでしたが、今思えばギャルだった頃に自己実現する力、どこでも生きていけるサバイバル力が培われたんだと思います。今は麻布十番で暮らしているけど、例えばバッグひとつでタイに行ってバリマッサージ留学に挑戦、一泊300円の宿にも泊まれるんですよ。そんな雑草魂がギャル時代に養われた気がしますね。

「お客様、どうぞおいでなさって」…敬語が使えない日サロ店員がエステでNo.1に

――そんな塩澤さんが、ギャルを卒業したきっかけは?

塩澤麻衣さん 高校生の頃に日焼けサロンでバイトをしていて、そのオーナーが「エステで働いてみないか?」と言い出したんです。その流れで、私も次は美白の時代が来ると思って、エステかなと思い、美白に変身したのがきっかけですね。でも、エステを始めて一番苦戦したのが、敬語。「承知しました」「かしこまりました」も言えず、「お客様、どうぞおいでなさって」みたいな感じでしたから(笑)。これはまずいと思い、本を読みまくって、社長の奥様に日本語を教えていただきました。今も、社長と奥様のことは恩師だと思っています。

――実際にエステの仕事を始めてみて、いかがでした?

塩澤麻衣さん ギャルって、好きなことにとことんのめり込むんですよ。お客様を綺麗にする嬉しさもありますが、仕事をすること自体に喜びを感じて、自己価値や自尊心を高められたんです。それまで、心のどこかで「認められたい」と、自分の価値を探していたのでしょうね。もしかしたら、ギャルになったのもそれが理由かもしれないです。

――具体的に、どんなことが喜びだったんですか?

塩澤麻衣さん 単純に、お客様を綺麗に導き、成績が上がることが楽しかったですね。「売上1位を獲りたい!」と思いながらずっと仕事をしていたら、勤めていた間はずっとNo.1でした。5年ほど頑張って、部下も100人くらいできました。

――それはすごい! No.1になりながら、その会社から独立して現在のお店を開業したんですよね。その理由は?

塩澤麻衣さん 読者モデルをしていたことで、色々な大人の方と出会って、社会の仕組みを知りまして。いつしか、「雇われるより雇う側になれる能力を身に着けたい」と思うようになりました(笑)。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索