• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 45周年『アタック25』加藤明子アナに聞く「出題」への矜持 今に活きる児玉清さんの“教え”とは?

45周年『アタック25』加藤明子アナに聞く「出題」への矜持 今に活きる児玉清さんの“教え”とは?

 朝日放送テレビのクイズ番組『パネルクイズ アタック25』が1975年4月6日の放送開始から今年で45周年を迎え、「クイズ番組長寿記録」を更新し続けている。4人の解答者が25枚のパネルをオセロのように奪い合うフォーマットは変わらぬまま、司会者は故・児玉清さん、同局アナウンサー・浦川泰幸、そして就任6年目に突入した谷原章介と変遷。この3人を影で支えてきたのが、「出題」を担当する同局の加藤明子アナウンサーだ。解答者の“運命”を左右するため、言葉を噛んだり、言い間違いなどが許されないなか、加藤アナが9年間でつかんだ「出題」という仕事の矜持とは? 3人の名物司会者との思い出とともに話を聞いた。

局アナの私がまさか…緊張で震えた初回、児玉さんの一言で平常心に

──加藤アナが『アタック25』に初登場したのは2009年4月5日放送回。番組に抜擢されたときの心境を教えていただけますか?
加藤明子アナウンサーアナウンサーになって10年目という節目の年でしたが、打診されたときはびっくりしました。私にとっては前任の沢木美佳子さんの印象が強く、局アナのポジションとは夢にも思っていなかったもので…。また1976年生まれの私にとって『アタック25』は、物心ついた頃から日曜の昼下がりにいつも見ていて、子どもの頃には「今日は赤の◯◯さんを応援しよう」などとマイルールを作りながら楽しんでいた番組でもあります。全国ネットということもあり、関東に暮らす両親もとても喜んでくれましたね。

──最初の収録はいかがでしたか?
加藤アナミスのないように出題せねば……という緊張感で問題用紙を持つ手が震えました。当時は児玉さんが休憩時間にお客さんやスタッフにアメを配ってくださっていたのですが、私にも1つ手渡してくださりながら「うん、自然でいいよ」とおっしゃってくださいました。おかげで平常心に戻って臨めたことを覚えています。
──36年間にわたって司会を務められた児玉清さんはどんな方でしたか?
加藤アナみなさんのご記憶の通りダンディで、あんなに背広の似合われる方も滅多にいないかもしれません。私の知っているお顔としては、非常に健啖家。フルコースの食事をした数時間後、〆にお蕎麦屋さんへ、なんてこともありました。昔は3本収録の日もありましたがまったく疲れ知らずで、お元気な児玉さんについていくのに必死でしたね。

──児玉さんからいただいた言葉で、今でも活きている教えはありますか?
加藤アナ児玉さんには、ご趣味の本から話題のニュース、政治などなどいろいろなお話を聞かせていただきました。気軽な雑談もたくさんさせていただきましたが、ご一緒して間もない頃、当時独身だった私に「つかんだものを時に手放すことも大事なんだよ」とふいにおっしゃったことがあります。当時はぜんぜんピンとこなかったのですが、人一倍お元気でいらした児玉さんが病に伏され、あっという間に逝かれたときに「人生は有限なのだ」と気付かされました。その後、私も結婚して「『アタック25』の出題者は卒業かもしれないけれど、出産して子どもを育てるという夢を叶えたい」という思いを強くしました。その背中を押してくださったのが、児玉さんの言葉とお別れだったような気がしています。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索