• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • さかなクン、国会でもぶれない“ハコフグ帽” 大人も憧れる“不変の少年性”の源泉とは

さかなクン、国会でもぶれない“ハコフグ帽” 大人も憧れる“不変の少年性”の源泉とは

  • いつでもどこでもブレない姿に年々信頼度を増しているさかなクン(C)ORICON NewS inc.

    いつでもどこでもブレない姿に年々信頼度を増しているさかなクン(C)ORICON NewS inc.

 先月、国会に参考人として出席したさかなクン。通常は帽子の着用が禁止されているが、トレードマークの“ハコフグ帽”の着用が特例として認められ話題となった。実はその前日や翌週にも、彼のかつての発言を称賛するツイートが2度も約20万いいねの“バズ”を生んでいる。テレビに出演し始めたのは既に27年前だが、今では公的機関からも引っ張り“ダコ”。活躍の場を広げても、ただひたすらに魚を愛し続けるその姿は、年々説得力と信頼度を増している。さかなクンがどこまでも“好き”を貫き、変わらず“永遠の少年”の魅力を湛えている理由とは?

さかなクン「イケメン」に20万いいね、陛下も認める唯一無二の存在に

 小学2年生のときに見た同級生のタコの落書きに衝撃を受け、海の生き物の魅力に取りつかれたというさかなクン。高校生になると、『TVチャンピオン』(テレビ東京系)の「全国魚通選手権」に出演して準優勝、その後5連覇を達成して殿堂入りした。今ではバラエティタレントのみならず、魚類学者、大学の名誉博士、各自治体大使など、あらゆる肩書きを持ち、幅広い分野で活躍している。

 今回、「品位や礼節を欠くものでない」として“ハコフグ帽”が国会で特別に認められたニュースには、「偉業や功績があるからこそ」「色々なことを超越した存在」「人格と活躍からくる人望」と好意的なコメントばかり集まった。実は、さかなクンは明仁天皇(現、上皇)陛下の前でも、“ハコフグ帽”を「正装」として脱帽しなかった。のちに、絶滅種クニマスを偶然にも再発見するという前人未踏の快挙を成し遂げた際に、現上皇が記者会見で彼の名を挙げてお褒めの言葉を述べたことから、“ハコフグ帽”含め、さかなクンは現上皇にも認められる存在といえるだろう。
  • 家の中でもなるべく”ハコフグ帽”を着用しているというさかなクン

    家の中でもなるべく”ハコフグ帽”を着用しているというさかなクン(C)ORICON NewS inc.

 本人曰く、それは「帽子に見えて実は皮膚の一部」。電車の移動中や家の中でも身に着けており、メッシュ加工の夏用から冬用、水中用、クロマキー用、大学の校章入りの教壇用のギョ(5)種類持っているとのこと。イラストレーターとしても活躍する彼は水木しげるさんの大ファンで、お決まりのセリフ「ぎょぎょぎょ」は、水木さんの漫画に使われていたのが語源だが、それほど尊敬する方のお別れ会でも“きちんと”着帽。スーツにネクタイ姿で黒バージョンを着用していた。

 天皇陛下の前や葬儀の際でも脱帽しないことに一部批判の声はあるが、そのいかなる場面でも全くブレない姿勢に、年々支持が広がっている。実際、先月だけでも国会の件で「さかなクン」がTwitterトレンド入りしたほか、彼のかつてのコメントに関するツイートが2度“バズ”を生んだ。
 ひとつは、14年前に朝日新聞に掲載された「いじめられている君へ」というタイトルのコラム。「メジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。(略)助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます」と、広い海ならみんな仲良しなのに、小さな水槽に入った途端になぜかいじめが起きるという魚の世界を人間の世界にたとえ、「大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう」と問いかけたのである。
この発言は時を超えてTwitterで度々拡散されており、先月も「さかなクンのこの言葉、ずっと覚えてる」というユーザーのつぶやきに20万超いいねがつき、「涙とまらん」「この言葉は真理」などと再び絶賛された。

 もうひとつは、「海はミサイルを捨てる場所じゃないと言い放ったイケメン」というコメントとともにさかなクンの顔写真がつぶやかれたツイートで、約20万いいねの反響があった。これは、3年前に北朝鮮がミサイルを海に落とした際に、本人が「これ以上、私たち日本のたいせつな自然とたいせつな心を壊さないで!!」と発言し、話題を呼んだ。それに対する一般の方のコメント「海はミサイルを捨てる場所じゃない」がさかなクンの発言として一人歩きしているのだが、いずれにせよ、14年前のコラムや3年前のコメントすら朽ちることなく賞賛され、広く認識されていくところが、彼の信頼の高さを物語っている。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

【2020】この春から新生活がはじまるあなたに、おすすめ情報満載♪ ワクワク新生活特集

 を検索