ドラマ&映画 カテゴリ

高橋文哉×奥野壮 “令和最初”と“平成最後”の仮面ライダー対談

お互いの作品でやりたいキャラは? 驚きの理由も

――昨年の冬映画で『ビルド』チームから吸収したものはありますか?

奥野とにかく犬飼(貴丈)さんだったり、赤楚(衛二)さんだったり、ビルドのメンバーの皆さんと共演するときは、お芝居をずっと見て何かを吸収しようと思っていました。具体的に何か、ということではありませんが、必ず僕のお芝居の中に『ビルド』のキャストの皆さんを見た経験が絶対に生かされている。そういった部分では大変、勉強になりました。

――その経験を踏まえて『令ジェネ』の現場でどのように振る舞いましたか?

奥野文哉くんとは同い年なんですけど、いい先輩であろう、と。僕が初めて入った時は、すごく緊張した。これで大丈夫なのかと不安もありました。共演相手は1年やってきた先輩。なかなかなプレッシャーだと思うので、あまりそのプレッシャーを感じさせないようにと思っていました。実現できずでしたけど(笑)。

高橋いやいや!

奥野そういう心掛けをしました。

――高橋さんは『ジオウ』チームから学んだことはありますか?

高橋或人とソウゴが話すシーンは多かったので、その時は映っていなくても目線の先に立たせてもらいました。或人としても、高橋文哉としても、奥野さんを見て、「こんな表情をするんだ」「こういう表情をすれば伝わるんだ」と思いました。それを『ゼロワン』の本編の中で、まねさせてもらってます!
――『ゼロワン』や『ジオウ』で、どんなキャラクターをやってみたいですか?

奥野僕はイズですね。機械的なしゃべり方だったり、単純にキャラクターも好き。遊び心が見ていてあるので、イズをやってみたいです。頭につけているのもかっこいいので(笑)。

高橋僕はウォズですね。「我が魔王」って言いたいだけです(笑)。「或人じゃないと」はタイミングによって言い方が変わりますけど「我が魔王」はブレない。なので「我が魔王」で(笑)。
――今年の流行語大賞はラグビーの「ONE TEAM」でした。撮影で一つになるために何かしていましたか?

奥野1つは現場での仕事を楽しむことです。『ジオウ』チームの一人ひとりが心掛けていたことだと思う。だからこそ、いい作品が作れる現場の雰囲気になっていたと思います。あと1つは、お互いがお互いのためにお互いのことを思って寄り添い合う関係性。話してはないですけど、最初に「1年間やるんだから、必ず仲良くなって今の関係性ってステキだねってと終わった時に言えるような関係になろう」と、岳くんやしえりさん、圭祐さんとお互いそう思っているのを感じ取った。だからこそ、打ち解けるのも仲良くなるのも早かった。お互いに寄り添う気持ちが大切なんじゃないかな。

――『ジオウ』が終わった今、どう感じていますか?

奥野もちろん、そう感じます。圭祐さんが、岳くんが、しえりさんが、僕がいたからこその今の関係性があると思いますね。
――『ゼロワン』チームではいかがですか?

高橋すごく周りを見るようになりました。それは意識してます。ONE TEAMになるために、というよりは高橋文哉が『ゼロワン』に貢献するために、気を配るようにしています。

――例えば、どんなことを?

高橋例えば暑い日は、自分の飲み物だけじゃなく、ほかのキャストの分も持っていく。そういうところをキャスト同士でできたら、すごくいいことだと思うんです。みんなで力を合わせて一緒に階段を登っていきたい。『ゼロワン』キャストも思ってくれていると思う。1年後に奥野さんみたいに胸を張って『僕たちはいいチームです』と言えるようになりたいです。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索