• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂46・齋藤飛鳥が明かす高校時代の葛藤、学校に馴染めない人も「意外となんとかなる」

乃木坂46・齋藤飛鳥が明かす高校時代の葛藤、学校に馴染めない人も「意外となんとかなる」

齋藤飛鳥

 ミリオンセールスを連発するなど、いまや国民的人気を誇る乃木坂46。だが、昨年には中心メンバーの西野七瀬の卒業など、大きな変化もあった。そんなグループの葛藤を描くドキュメンタリー映画第2弾では、次期エース・齋藤飛鳥にもフォーカス。大人数の女子グループに所属しながら、「ひとりが好き」という独特のスタンスを貫く齋藤は、乃木坂46であることに何を感じているのか? 「しんどかった」という学校生活の悩み、それを救った存在、そして現在のメンバーとの関係性など、齋藤が本音を語った。

「すごい集団に私がいさせてもらえるのは、幸せなこと」

  • 『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』ポスター画像

    『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』ポスター画像

 『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は、2015年に公開された『悲しみの忘れ方〜』から4年ぶりとなる、乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾。2017年から現場に監督とカメラが入り、密着した数々の貴重映像をはじめ、西野七瀬の卒業を機に、自分探しの旅に出るメンバーたちの心の葛藤と成長、偽りのないリアルな物語が映し出されている。

――まず、本作をご覧になっての感想を教えてください。

齋藤飛鳥 私はいち視聴者として純粋に「今の乃木坂46の内側を見たいな」と思っていたので、ちょうどいいタイミングだなと思いました(笑)。このドキュメンタリー映画を通して、客観的に乃木坂46というグループを見ることができて、メンバーのことを知ることができてありがたかったです。

――いち視聴者であり、もちろんメンバーでもあるわけですが(笑)。大スターとなった乃木坂46の一員であることは、齋藤さんにとってどんな意味や影響がありますか?

齋藤飛鳥 レコード大賞や紅白歌合戦といった大きな舞台の裏側も描かれているので、それを見ると「みんなすごいな、乃木坂すごいな」って(笑)。普段接しているとわからないけれど、真正面から現実を見ているメンバーもいれば、すごく向上心が高いメンバーがいたり、誰にでも必ず尊敬できるところがあるんです。そんなすごい集団に私がいさせてもらえるのは、幸せなことなんだなって改めて感じました。

齋藤飛鳥

西野卒業後にプレッシャーはない、「私にはエース感がないので」

――西野七瀬さんの卒業についても取り上げられていますが、それに関しては?

齋藤飛鳥 かなり濃く描かれているので、見ていてつらくなるファンの方もいるかもしれないですが…。卒業は、決してネガティブなことではないんだなと思いました。卒業に対するメンバーの考えも聞けたし、今は3期生や4期生といった後輩がどんどん育ってきている。だから、グループとして不安に思うことは、実はそんなになかったりするんです。

――齋藤さんは現在、乃木坂46のエースと呼ばれていますが、プレッシャーを感じることは?

齋藤飛鳥 正直、プレッシャーを感じることはないですね。時々エースと言われる方がいるようなのですが、私にはエース感がないので(笑)。いい意味で、そんなに気負ってはないです。

グループ内で変化、「みんなが私を受け入れてくれて、私も歩み寄ろうとしている」

齋藤飛鳥

――本作では、齋藤さんの心情に踏み込んだ部分も多かったですが、ご自身ではいかがでしたか?

齋藤飛鳥 岩下監督は、ドキュメンタリーを撮る以前から現場にいることが多かったので、私たちにとっては馴染みのスタッフさんだったんです。しかも、会話をしながら、自分の話もたくさんしながら撮る方だったので、心を開きやすくて。こちらも促されて言葉が出てくることがすごく多かったんです。私、いつもは「言葉を選ばなきゃ」とか、「こういう場面ではこういう雰囲気のことを言わなきゃ」と考えてしまうんですが、監督の前だと、そういうことを考えずに自然と言葉が出てきました。この人になら任せて大丈夫、という安心感があったので、私もありのままの姿をさらけ出すことができたんだと思います。

――劇中では齋藤さんのメンバーに対する素直な心の内も吐露していました。何か心境の変化があったんでしょうか?

齋藤飛鳥 みんなが私のことをすごく受け入れてくれているということと、私もみんなに歩み寄ろうとしていること、どちらもあるんだと思います。昔は、みんながワイワイしているところを見ても、「私はいいや。私がいたところで盛り上がりが増すわけじゃないし」と思って、ひとりを選んでいた部分があったんです。でも今は、私もみんなと一緒にワイワイしたいと思ったら、自分からためらいなく寄っていきますね。

――それはすごい変化ですね。

齋藤飛鳥 たまにですけどね。気ままに過ごしています(笑)。ひとりの時間も好きだし、みんなが楽しそうにしている姿を眺めているのも好きだから。無理することなく、自分の気持ちを優先させてあげるようにしています。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!