• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 写真集も絶好調の生田絵梨花、 アイドルとミュージカル女優を兼業することの“相乗効果”

写真集も絶好調の生田絵梨花、 アイドルとミュージカル女優を兼業することの“相乗効果”

  • 生田絵梨花

    生田絵梨花

 2nd写真集『インターミッション』(講談社)が絶好調の乃木坂46・生田絵梨花。初版20万部という異例の販売数でスタートした写真集は、発売前に2万部、発売翌日さらに5万部の重版が決定し、累計発行部数は27万部に到達。神々しさと妖艶さを兼ね備えた「純白ランジェリー姿」まで惜しみなく披露している。そしてアイドル活動と並行してミュージカル女優としても活躍する彼女は、アイドルの枠を超えた歌唱力を持ち味に数々の作品に出演している。実際、その実力は折り紙つきで、俳優・井上芳雄をして「今、ミュージカルの良い役はすべて彼女に来ている」と言わしめるほど。アイドルとミュージカル女優を“兼業”する生田絵梨花的“相乗効果”とは?

これまでミュージカルは退路を断って「新たなステージ」として挑むものだった

 生田のアイドル&ミュージカル女優の“兼業スタイル”だが、芸能界を振り返ってみても異例と言えるだろう。故・本田美奈子.さんやソニン、知念里奈などは、元アイドル・元歌手からミュージカルの世界に入り成功しているが、いずれもグループ解散やアイドルからの脱却を機としてミュージカル世界に転身=ステップアップしたという形。しかし生田は、乃木坂46という今一番人気のアイドルグループに所属しながら、ミュージカル女優としても『ロミオ&ジュリエット』や『レ・ミゼラブル』などの有名作品に出演。

 この1月公演の『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』(1月5日〜27日)で共演している俳優・井上芳雄からは、「今、ミュージカルの良い役はすべて彼女に来ている」とまで言われており、城田優にも「彼女は5年後、10年後には確実に、日本を代表するミュージカル女優になっているはず」と絶賛されているのである。

“フィンランド民謡”に“スイスのヨーデル”…異色のアイドルだった生田絵梨花

 今やすっかりミュージカル女優としての評価を定着させた生田だが、そもそもは美少女ぞろいの乃木坂46の中核をなす“一アイドル”だった。にわかに注目を浴びたのは2016年、インターネット配信番組『乃木坂46 4thAnniversary 乃木坂46時間TV』内のコーナーにおいて、生田はフィンランド民謡「イエヴァン・ポルッカ」を紹介、巻き舌を交えた息をつく間もない歌唱とシュールな舞(ダンス?)を披露し、視聴者に衝撃を与えたのだ。

 なぜフィンランド民謡かと言えば、「(いろんな歌を歌ってきて)やっぱり新ジャンルに挑戦したいなと思った。(民謡をやりたいと思って)いろいろ調べたんだけど、フィンランド民謡が一番耳に残ったの…」とメンバーに語っているが、アイドルらしからぬ選曲と滑舌の良い歌唱力がファンたちの心に刺さったようだ。さらにはその後、フィンランド大使館から連絡が届いたり、本国でも話題になるなど、勢いづいた生田はスイス民謡のヨーデルをもドヤ顔で披露したりするのである。

 加えて、美少女であるばかりでなく、知的で上品、人並み外れた努力家で実力派でもある生田は、気取りもせずに逆にどこかすっとぼけた独特の“味”をバラエティ番組でも発揮。バナナマンやバカリズムにも高く評価されるなど、乃木坂46の中では突出した存在となっている。

 今では写真集でランジェリー姿を披露するまでになっているが、デビュー当初から生田の様子を知るファンからは「水着姿を披露することすら考えられなかったから意外すぎる」という声も。まさに清廉潔白、“アイドルたりうる存在=生田絵梨花”だったのだ。

アイドルであるからこそ表現できる“無垢さ”をミュージカルの役として昇華

 そんな“次元の高い”アイドル兼ミュージカル女優・生田が注目される中、『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)や『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)などでは、ミュージカル俳優たちの出演枠が増加しており、ミュージカル自体にも追い風が吹いている。生田もその枠内で新妻聖子や山崎育三郎、城田優、井上芳雄などそうそうたるメンツと並んで歌を披露する機会も多いので、ミュージカル界が生田を入り口としてアイドルのファン層を取り込めば、さまざまな“相乗効果”を生み出すことも期待できそうである。

 また、今では“ブラック”な部分とのギャップを魅力にするアイドルや元アイドルも少なくないが、生田はこれまでの“無垢な少女”や“透明感のある可憐な女性”といったイメージをミュージカル女優としても増幅させることで、さらに清廉潔白な正統派アイドル性を不動のものにしているという側面もあるのではないか。

 先述のミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド〜』では、生田は若く美しく、自由奔放な伯爵令嬢・ナターシャを演じた。可憐でありながら悩んだり憔悴するなど、心が大きく揺れる演技を披露し、ラストシーンで毎回涙を流す姿も話題になったが、これまでとはまた一段違った魅力を開花させているように見える。今後、“怒り”や“憎しみ”など、人間のさらなる“生々しさ”を表現する役を手にしたとき、生田は大飛躍を遂げるかもしれない。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!