アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • ライフ
  • 可愛すぎる「アレルギー表示ワッペン」 看護師からの相談を形に 

可愛すぎる「アレルギー表示ワッペン」 看護師からの相談を形に 

 2月23日に投稿された、とある作品がTwitterで8万以上もの「いいね」を集めた。それがネネロック★しのぶ(@Ricamo_nenerock)さんによる、エビアレルギーであることを表示したワッペンだ。コンセプトが明快な上、手作りの温かみある可愛らしい作りに、コメントでは「とてもいいアイディア」「子供が嫌がらず着けてくれそう」など、称賛する声が相次いだ。今回、作者のネネロックさんに、作品が生まれた経緯などを聞いた。

Twitterの反響に「震えました」

――今回の「アレルギー表示ワッペン」が誕生した経緯をお聞かせください。

【ネネロック】 以前イベントに出展した際に、看護師のお客様から相談されたことがきっかけです。アレルギーで苦しみ困っている子供が沢山いて、『可愛いもの』を身につけることで少しでも気持ちが明るくなったらと、お話してくれました。その後、入園準備のお母さんたちからも、アレルギーのお話を聞くことが増え、試行錯誤が続いていましたが、エビアレルギーのお子さんをもつお母さんからの切実な相談を機に形にしました。

――そのエピアレルギー表示ワッペンの投稿がTwitterで8万以上もの「いいね」がついていましたが、率直なご感想を教えてください。

【ネネロック】 まるで予想外のことで、『なぜこのエビが?』と震えました。でもたくさん寄せられるコメントを拝見しているうちに、アレルギーで困っている方の切実な思いがこの数に詰まっていることがわかったんです。微々たる力ですが、少しでもお役に立てたようで嬉しく思いますし、いただいた声を元にどんどんと種類を増やしていこうと思っています。

ママ友の何気ない一言がワッペンを制作するきっかけに

――もともと、ネネロックさんがワッペンを作り始めたのはいつ頃からなのでしょうか?

【ネネロック】 15年くらい前になりますが、刺繍ミシンが趣味だった私に、ママ友だちが『男の子用の可愛いワッペンは全然ないから作ってよ』といった一言です。ワッペンなど作って楽しいのかとしぶしぶ作った1枚から、いまでは夢中になっています。

――普段作成するワッペンのアイディアはどこから生まれているのでしょうか。

【ネネロック】 何を見てもワッペンにしたいと思うので、美術館や動物園でも、スーパーで買い物中でも、テレビを見ていても、普段見ている景色からアイディアが生まれています。

――今後作ってみたいもの、また個展などといった目標はありますか?

【ネネロック】 今回、アレルギーで困った人の声が切実でしたので、アレルゲンの刺繍をどんどん作っていきたいです。私はジャンルなく、幅広い好みで作っていますので、深海魚とか古代生物などもまだまだ作る予定です。今後は日本各地で開催されるハンドメイドイベントに住んでいる北海道から飛び出して、たくさん参加したいなと思っています。

 現在、ネネロックさんは作品をminneやcreemaにて販売中。アレルギー表示グッズの件・ワッペンの発送は2週間程度かかるとのこと。またアレルギーを表示した作品以外にも、「名前入りワッペン」など、汎用性の高いものも販売している。
【ネネロックさんリンク集】

・ホームページ
ネネロック本店

・オンラインショップ
minne
creema

・Twitter
@Ricamo_nenerock

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!