「グレイヘア賛美に違和感も…」葛藤する40代、50代女性の本音を”美魔女”雑誌に聞く

1ページ目/全2ページ

次のページ

10年前に“美魔女”という言葉を生んだ美容雑誌『美ST』

10年前に“美魔女”という言葉を生んだ美容雑誌『美ST』

 近藤サトが白髪姿でテレビ出演したのをきっかけに、巷で話題となった“グレイヘア”。その見た目に当初はざわついたものの、今では”年齢に抗わない生き方”として多くのメディアや女性誌でもグレイヘアを称賛する声が上がるようになった。世間の関心度は、今年の流行語大賞にもノミネートされたことからもよくわかる。しかし、一般女性の間からは「いざ自分がやるかというと、なかなか難しい」という声も。誰もが実践できるかというと、疑問を感じざるを得ないグレイヘア。年齢に抗わない生き方とは対極にある“美魔女”という言葉の生みの親、美容雑誌『美ST』(光文社)編集長・桐野安子氏に見解を聞いた。

“グレイヘアブーム”に悩む女性たち、「自分が納得してトライするのはいいこと」

2018年の「第9回国民的美魔女コンテスト」、グランプリは47歳の梅本理恵さん

2018年の「第9回国民的美魔女コンテスト」、グランプリは47歳の梅本理恵さん

“年齢に抗わない”生き方が話題の近藤サト 写真/田中達晃

“年齢に抗わない”生き方が話題の近藤サト 写真/田中達晃

 グレイヘア賛美の風潮がある昨今ながら、一般女性の中には「カッコいいとは思うけど自分では難しい」「普通の生活を送る女性には無理」「ラクそうだなとは思うけど…」と、二の足を踏む人が多いのも事実。“グレイヘアブーム”と話題になることで、逆に両極の選択肢に悩んでしまう女性も少なくないだろう。

 これまで、世の女性たちにとっての最重要事項である”若さ”と”美貌”に焦点をあて、雑誌を作ってきた女性向け美容誌『美ST』。10年前、その両方を叶えた”美魔女”という言葉を生み出した。読者層は、グレイヘアが流行しているとされる年代と同じ、40代から50代の女性が中心だ。編集長の桐野さんは、流行を知ってすぐに編集部スタッフとグレイヘアをどう扱うかを話し合ったそうだ。

 「『美ST』では、3ヶ月に一度くらいの頻度で白髪染めの特集を組むのですが、読者アンケートでも必ず上位に入るほど人気なんです。それだけ白髪を隠したいというニーズは大きいし、読者の中では『グレイヘアは80歳くらいからでいいかな』という声が大半。まだまだ男性に女性として見てもらえるのが嬉しい年齢である読者にとっては、やはりグレイヘアは抵抗があります」

 読者の考えを考慮し、出した答えとは?

 「結論を言ってしまうと、『美ST』としてはグレイヘアは“NO”です。もちろん、染め続けることを負担に感じている方や、頭皮が弱くて染めることができない方もいらっしゃるので、自分が納得して似合うグレイヘアにトライするのはいいことだと思うんですけれど」

ファッションというより“生き方”、一般女性には「逆にオシャレのハードルが上がる」

グレイヘアへの見解を語った『美ST』編集長・桐野安子氏

グレイヘアへの見解を語った『美ST』編集長・桐野安子氏

 確かに、年齢を重ねるごとに増える白髪との追いかけっこに疲れてしまった人にも、染料が負担になる人にも、グレイヘアは解決法のひとつではあるだろう。しかし、ここでいうグレイヘアの本質は、“黒髪を諦める”のではなく“白髪を選ぶ”ところにあるのだ。そして、そこへ一歩踏み出すには、自分を取り巻く環境やライフスタイルも変えていく覚悟がいると桐野さんは言う。

 「もはや生き方としての話ですが、いわゆる“自立した女性”としての見え方を重視する方には適しているかもしれません。草笛光子さんや島田順子さんのように、自分を表現するファッションとしてグレイヘアを取り入れる姿に、憧れる方も多いようです。ただ、市井に生きる一般女性がグレイヘアにするには、逆にオシャレのハードルが上がってしまうかもしれません。今持っている服が似合わなくなり、決めたファッションでお化粧もバッチリしないと、ただ老けただけで終わってしまう可能性が高い。頻繁に美容院に通い、整える必要も出てくるでしょう」

 さらに、グレイヘアを選択することは、自分のみならず周囲への影響も考える必要がある。

 「家庭のある方なら、ご主人やお子さんたちの気持ちや、その周りの人たちからの見られ方にも配慮が必要になってくる。たとえば、会社の会合や参観日なんかもあるでしょう。家庭の中心である女性だけに、自分以外の人への影響も大きいのではないかと思います」

白髪の生え方には4パターン、期待通りのグレイヘアになるとは限らない

 女性のグレイヘアが話題になったのは近藤サトの登場が大きいだろうが、実はその数年前に、吉川晃司ら男性著名人が“染めない宣言”をしたことが、グレイヘア認識の第一歩といえる。男性の場合は、白髪であっても“ロマンスグレー”という紳士的扱いになることが多いが、女性の場合はどうだろうか。

 白髪染めなどのヘアカラーを扱う会社にリサーチしたという桐野さんによると、「女性の場合は10歳ほど老けて見えてしまう」というのが現状のようだ。

 「なんでも、白髪には人によって4パターンほどの生え方があるそうです。自分がどんなパターンなのかは、生えて、伸ばしてみないとわからない。加えて、頭のてっぺんから徐々に色が変わってくることもあって、整えるまでにはかなり時間がかかります」

 一気に、近藤サトらのような美しいグレイヘアになるのなら良いが、それまでには時間が必要になる。さらに、自分が期待通りの生え方をするとは限らないとなると、白髪を伸ばしてキレイに、ファッショナブルに見せるには、かなりの根気と勇気が必要になりそうだ。

次へ

1/2

あわせて読みたい

公式