• ホーム
  • 映画
  • 吉岡里帆「何回折れても立ち上がる」! 癒し系ブレイク女優の骨太な心意気

吉岡里帆「何回折れても立ち上がる」! 癒し系ブレイク女優の骨太な心意気

 いまやテレビやCMなどのメディアへの露出が増え、目にしない日がないほどのブレイクを果たした女優・吉岡里帆。ドラマなどでは高い演技力が評価され、飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女が、映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』で自身初となるナレーションに挑戦した。未知の領域に挑むことに、「怖さはありますが、人の思い込む力を信じている」と強い視線で語った吉岡が、自身の女優人生について語った。

吉岡里帆が本音を語る動画インタビュー

猫はどこか一匹狼的な可愛さといとおしさがある

――吉岡さんは無類の猫好きとお聞きしましたが、今回のお仕事はいかがでしたか?
吉岡里帆 大好きな猫ちゃんがテーマの作品なので、とてもうれしかったです。私は昔から岩合さんの作品が大好きで、写真集を買ったりしていたんです。だからお話をいただいたときは夢のようで、とても幸せな時間でした。

――語りのお仕事はいかがでしたか?
吉岡里帆 語りのお仕事って、メインで出演されている方にどこまで気持ちを近づけられるかが大事だと思いました。今回は主人公が猫ちゃんたちだったのですが、第三者の目線で邪魔にならないように「誰よりもやさしく、誰よりも愛情を持って見ていたんだよ」という岩合さんの気持ちになりながら声を入れさせていただきました。映像を観ていて、自然とこみ上げてくることが多く、言葉も無理な負荷をかけることなく自然と出てきました。

――猫のどういったところが好きなのでしょうか?
吉岡里帆 人に飼われていても、自分の足で地を踏みしめて生活しているという気高さがありますよね。どこか一匹狼的な可愛さといとおしさがあります。

――吉岡さんもそういう生き方を意識されていますか?
吉岡里帆 私もこの仕事をする以上は、地に足をつけて一生懸命作品に向き合っていきたいと思っています。

自分に合格点を出した瞬間、どこか後退してしまうような気がする

――「地に足をつけて」という意味では、いまや各作品に引っ張りだこですが、吉岡さんはご自身の評価についてかなり辛口な印象があります。
吉岡里帆 世間のお客さまに評価される立場としては、絶対自分で自分に満足してはいけないと思っていますし、自分を評価することもあまりしたくない。自分に合格点を出してしまった瞬間、どこか後退してしまうような気がするんです。だから自分に対しては、誰よりも厳しくいたいです。

――それでもドラマ等に出演し、高い評価を受けている印象があります。
吉岡里帆 ぬか喜びはします(笑)。「ドラマを観て感動しました」とか「心が動きました」と言われると、本当にやっていて良かったと思うし、感謝しかありません。同時に、悪い意見も同じぐらい価値があると思っています。何よりも映画館に足を運んでくれたり、テレビのチャンネルを合わせてくれたりすることがうれしいんです。

――女優を続けていく限り、ご自分に合格点を出すことはないのですか?
吉岡里帆 評価していただくことは素直に感謝しますが、自分に合格点は出さないと思います。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!