• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 有名人も公表したパニック障害、「かわいそう」より病への理解を…12年闘病した漫画家の願い

有名人も公表したパニック障害、「かわいそう」より病への理解を…12年闘病した漫画家の願い

 コロナ禍で以前のような生活が送れない現在、心の病に悩む人が増えているようだ。そんななか、パニック障害を発症した漫画家による闘病漫画が注目を集めている。「まさか自分が?」と、発症したときには驚いたという作者のクロバさん。誰もがかかり得る病だからこそ知ってほしいこと、有名人が公表することで変わる世間の意識について、クロバさんに聞いた。

パニック障害との闘いを漫画化、同じ悩みを持つ多くの人から反響

 インスタグラムで公開した漫画『パニック障害12年生』が、読みやすく面白いと注目を集めているクロバさん(@kuroba_hiroba)。プロの漫画家として活動する中、連載スタートと同時にパニック障害を発症したのが、およそ12年前。闘病の日々を描いた漫画は、同じ病に悩む人の支えになるのはもちろん、パニック障害をよく知らない人にとっても、知識を学べるチャンスとなっている。現在は病と共存しながら、明るい生活を送れるようになったという。

──闘病の日々を描いた漫画『パニック障害12年生』を公開して、反響はいかがでしたか?

 「僕はSNSを使うタイプでもなかったし、最初は悩みました。でも、公開してみたら、同じ悩みを抱えている人からの反響がとても多くて。それなら、漫画家である僕の素性を明らかにしたほうがもっと安心してくれるのかなと思い、この記事が出た後には、本名を公表しようかなと思うくらいになりました」

――絵のタッチが明るいせいか、とても読みやすい作品ですね。

 「病気そのものを擬人化したり、事実を重くなりすぎないように描くことを心がけました。病気になったばかりの頃は、心の中で自分と対話することがとても多かったんです。『今日は大丈夫だよ』『焦るな焦るな!』と自分に言い聞かせるけれど、病気は言うことを聞いてくれない。ならば、いっそのこと病気をキャラクター化して対話させたほうが面白いかなって。僕は本職が漫画家なので、やっぱり読者には楽しんでもらいたい。『面白いと言っていいのかわかりませんが、いい漫画ですね』というコメントをよくいただきましたが、面白い=共感だと思うので、その反応はとても嬉しかったです」

電車の中で突然涙が…、「適当で軽い性格なのに、精神的な病にかかるなんて」

──クロバさんがパニック障害を発症したのは、電車の中だったそうですね。感情のない涙が流れてきたということですが、その前にストレスや疲れが蓄積している自覚はあったんですか?

 「仕事の打ち合わせに行くときに、なにか気持ち悪い、動悸が激しくなる…という変な感じはしていたんです。ごはんが喉を通らないときもあって、最終的には電車の中で、これから取材が始まるというプレッシャーが爆発してしまった。僕はもともと、とても適当で軽い性格だと思っていたのに、自分が精神的な病にかかるなんて本当に驚きました」

──そんな発作があってから、すぐに精神科を受診したんですよね。

 「身内に同じ症状で病院に通う人がいたので、僕もそうかなと思い、最初から精神科を受診しました。後に、身体的にも弱い部分があったことがわかるんですが、精神的な病気はメンタルとフィジカル、どちらがきっかけなのかはわからないそうです。大事なのは、両方を調べて、同時に治療していくこと。ただ、薬については人によって処方も効果も違うので、無責任に言及しないようにはしています」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索