「自信を持って見てくださいと言えます!」櫻坂46田村保乃が北海道と沖縄で見せた“リアルな横顔”

8月17日に1stソロ写真集『一歩目』(小学館)を発売する、人気アイドルグループ・櫻坂46の田村保乃(22)。「キレイでかわいい」の両面を兼ね備え、グループの中で「彼女にしたいメンバー」第1位に選ばれるなど、女性らしさや気遣いがメンバー間でも人気の美女が、北海道と沖縄を舞台に「そこに住んでいる、そこに訪れている」少女を表現した。

昨年10月に欅坂46から改名し、櫻坂46として新たなスタートを切ったグループで初めてのソロ写真集となり、ファンからの注目も高いが、初挑戦となった水着カットなど先行公開されるたびに大きな話題となっている。「自信を持ってみなさんにぜひ見てくださいと言えます」という本作について、込められた思いや撮影のエピソードを聞いた。

お気に入りカットは“誰かに見られている田村保乃” 初挑戦の水着姿は「反応が楽しみ」

――いよいよ発売が迫ってきましたが、写真集はずっと出したいと思っていた?

田村実はそういう考えは全然なかったんです(笑)。写真集って、本当にすごいものだと思っていて。雑誌だったら一冊にたくさんの人が登場して、いろんな写真を見られるのが面白いのですが、写真集は被写体がたった一人で、その人の写真しかないのに、需要があるということですよね。だから、今まで写真集を出してきた先輩メンバーを本当にすごいと思っていましたが、そんな写真集を自分が出すとなると、誰が観てくれるんだろうかという不安はありました。

――その不安は消えましたか?

田村出来上がった写真集を見て、すごく満足できる仕上がりになっていました。だから、自信を持ってみなさんに見てくださいと言えますし、ファンの方にも喜んでいただけるんじゃないかなって思っています!

――初挑戦の水着カットも大きな反響でした。
田村撮影しているときよりも、発表されるというときのほうがドキドキしてました。メンバーからも「見たよ」とか「キャー」って言われて(笑)、みんな喜んでくれました。誌面には公開してない水着カットもいっぱいあるので、写真集を見てくださる方がどんな反応をしてくださるのか、楽しみです。

――撮影前に参考にしたものはあった?

田村坂道の先輩はもちろん、いろんな方の写真集を見て、いいと思ったところをメモしていきました。ポーズや表情は自分らしさを出したいと思ったので、そういう表現方法というよりは、参考にしたのはシチュエーションや衣装などです。

――お気に入りカットは?

田村いっぱいあるのですが、あえてファンの方が選ばないような一枚として、沖縄でサーターアンダギーを食べているカットです。いつ撮られたかわからない、カメラを向けられたことに気づいていない本当に自然体の瞬間で、写真集のなかでも一番ナチュラルな私だと思います。正面じゃなくて横からのカットなので、すごくリアルな“誰かに見られている田村保乃”という感じがして、ストーリー性もあるので自分でも大好きな一枚です。

テーマは「幼なじみの男の子と2人旅行」気持ちも開放されて笑顔もリアルに

――北海道と沖縄で撮影されましたが、つながりがある?

田村自分の中では「北海道に住んでいるの女の子が、幼なじみの男の子と一緒に沖縄に行く」というストーリーを作りました。まだ恋人じゃないけど、きっとお互いに好き同士な関係性の2人で、この写真集はその男の子からの視線が詰まっています。それが特に現れているのが、サーターアンダギーのカットかなって思いました。あと、真夏に発売される写真集なので、北海道の高く積もった雪で涼しい気分を味わっていただけたらうれしいです。北海道や東北出身の方は雪が高く積もっているのが冬の日常かもしれませんが、ほかの地域の方には驚きの風景だと思います。私も大阪出身なので最初は雪の高さに圧倒されましたが、すぐになじんじゃいました(笑)。
――撮影中の思い出深いエピソードは?

田村またサーターアンダギーの話ですが(笑)、沖縄もサーターアンダギーも大好きで、いっぱい食べました! 写真集で食べているのは、フェリー乗り場の売店で自分用に食べようと思って買ったもので、撮影の最終日に揚げたてが食べられるお店にちょうど揚げたてができる時間を調べて行きました。撮影中にずっと私が「サーターアンダギーを食べたい」って言ってたので、スタッフみなさんがついてきてくれて(笑)。いっぱい買って、帰りのバスでも食べました。
――水着やランジェリーカットもありましたが、カラダづくりにも取り組んだ?

田村体のラインが出るカットの撮影があるので、ロケに行く少し前から健康に気を使いながらちょっと断食をしたり、運動をしました。でも撮影中は、せっかくだからということで北海道で初めてのウニや海鮮など本場のものを食べました(笑)。撮影前にしっかり準備をしてきたから、撮影中はちょこちょこ食べて、そういう風に旅を楽しんでいる感じがあったから、気持ちも開放されて笑顔もリアルになっていると思います。

――写真集公式ツイッターでは、動画やオフショットが公開されファンの方も盛り上がっています。

田村何をしたら楽しんでいただけるかをずっと考えているのですが、自分一人で考えるのも難しいので、アプリ「櫻坂46メッセージ」でファンの方に相談しています。ツイッターは初めてなので、いろんなコミュニケーションを取れたらいいなと思っていましたが、個人的にはすごく楽しんでいます。
――最後に、今後やってみたいことを教えてください。

田村なんでもやってみたいです! 夢の一つは、『ヒルナンデス!』や西野七瀬さんが出られている『ライオンのグータッチ』のようなお昼のバラエティー番組のレギュラーで、“お昼”というのが重要です(笑)。あと、今年の目標が「再現ドラマに出たい」だったのですが、先日の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日)で実現しました! あざと女子がテーマの番組ですが、私が演じた女の子はそんなにあざとくない元気な子で、けっこう自分に近いキャラでした。私自身はあざとくないですよ(笑)。もっと演技のお仕事にも挑戦したいし、撮影されることが好きなのでモデルさんのお仕事にも興味があります。本当にいろんなことをやってみたいので、今回の写真集がそういう新しい挑戦への“一歩目”になるような、私の名刺代わりになればいいなと思っています。

【インタビュー後編はこちら】

●田村保乃(たむら・ほの)
1998年10月21日生まれ。大阪府出身。A 。身長163センチ。
2018年、「坂道合同オーディション」に合格し欅坂46の2期生としてデビュー。
2020年、櫻坂46誕生後「櫻エイト」に選出。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索