• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

ゴジラ×ハム太郎の超絶異色コラボ「ゴジハムくん」 復活の裏にあった“20年の法則”とは?

 “ゴジハムくん”をご存知だろうか。01年〜03年の間、3作品にわたって劇場版で同時上映された『ゴジラ』と『ハム太郎』の入場者プレゼントとして誕生したキャラクターだ。それが「生誕20周年」として復活することが報じられるや、SNSに「ゴジハムくん」がトレンド入り。なぜゴジラ×ハム太郎という異色コラボが企画されたのか。当時のハム太郎担当プロデューサーの沢辺伸政氏に伺うと、20年前の裏側と共に、子どもの頃のブームを再燃させる“20年の法則”が浮かび上がってきた。

「怖がるんじゃないか」ゴジラとの同時上映に懸念も、当時の興行形態がコラボを後押し

「1997年に学年誌で始まった、河井リツ子さん原作の『とっとこハム太郎』は、小学生低学年を中心に大人気でしたが、テレビ東京系で、2000年にアニメの放送が始まると、その人気は未就学児にまで一気に拡がりました。そんな中、東宝さんと劇場版の話が出たんです。当時は、現・東宝社長の島谷能成さんが映画調整部長でいらっしゃったと思いますが、『ハムちゃんの映画どうや?』と言われて(笑)。それが始まりでした。」(沢辺氏 以下同)

 そこから、どの時期に上映する?という話になったとき、春休み、ゴールデンウィーク、夏休みには、東宝と小学館との映画がすでに入っていて、空きは冬休みしかなかった。

 その時、「島谷さんが『ゴジラとハム太郎、一緒ってどうや?』とおっしゃったんです。たぶん当時は今のようにシネコンが全国にあったわけではないので、同時期に何本も映画を公開できない。そこで冬に予定されている「ゴジラ」との2本立てというアイディアではなかったかと思います」
 この意外な組み合わせには強烈なインパクトがあるため、話題性は抜群だった。さらに、沢辺氏は「最大ヒーロー、ゴジラと最小のヒーロー、ハム太郎というサイズ差が面白い」と直感的に思ったという。

「ただし、そこからはかなり賛否両論ありました。『面白い』と同時に、ハム太郎は未就学児にもかなり人気があったので、『大丈夫か』『怖がるんじゃないか』と。『怖いなら、片方(ハム太郎)だけ観て帰っても良いんじゃないか』という声もありました」

 今となってはSNSで、子どもだった当時を振り返り、「怖かった」「泣いて帰った」というつぶやきも見られるが、当時直接届いた反響は、「ハム太郎映画が面白かった」というのが多数だったそう。また、「怖かった」記憶を際立たせているのは、ハム太郎との初コラボ作となった2001年公開の『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』が、よりによって、歴代ゴジラの中でも1番怖いと言われている作品だったこともある。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索