• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

「俺、これでいいのか?」カンニング竹山、巡ってきた“ご意見番”役に50歳の葛藤

「ヘイ・ユウ・ブルース〜許せ、友よ〜」を歌うカンニング竹山

「ヘイ・ユウ・ブルース〜許せ、友よ〜」を歌うカンニング竹山

 近年はコメンテーターとしても活躍するカンニング竹山が、エンタメジャズバンド・Calmeraとスペシャルユニットを結成。左とん平の名曲を「ヘイ・ユウ・ブルース〜許せ、友よ〜」としてカバーした動画が話題を呼んでいる。サブタイトルから否応なく想起するのは、15年前に早逝した相方・中島忠幸さんのこと。かつてコンビ時代にもカバーした同曲を、今再び発信する理由とは。芸能界における自らの立ち位置への葛藤、自身への怒り、アジテーション、そして漫才師を“廃業”して以降のお笑い観も込められたかのような本作について語ってもらった。

「年をとっても言いたいことを言え」17年ぶりカバー曲に込めた想い

──この曲は2004年にも、お笑いコンビ・カンニングでカバーしていますよね。

カンニング竹山ようやくテレビに呼んでもらえるようになった頃でしたね。あのときは僕がアドリブでギャーギャーとキレて、中島が歌パートをやる構成だったんですけど、この年になってもう1回ちゃんとやるのもいいんじゃないかと。なおかつ、左とん平さんのこの曲には当時の一流のジャズマンたちが結集しているんですが、そのクオリティに近づくためにもCalmeraに演奏してもらいたいなと。2年くらい前かな、番組で話したことが実現した形です。

──「この年になって」の真意は?

カンニング竹山単純に、50のオッさんが真剣にシャウトしてる感じを面白がってほしいなと。基本的に自問自答してる歌詞だけど、特に後半は同世代に向けてるところもありますね。年を取ると酸いも甘いも知っちゃってモノ言うのも怖くなりがちだけど、「もっと言っちゃっていいんじゃねえか?」みたいなことをなんとなく受け取ってもらいたいし、ありきたりだけど「もうちょっと頑張ってみるか」と思ってもらえたらいいなと。まあ、若い子には響かないかもしれないですけどね(苦笑)。

──でも純粋に、昭和レアグルーヴ感がかっこいい曲ですよね。

カンニング竹山そうなんです。演奏は最高だし、音楽好きな子には引っかかるんじゃないかなと。あとは僕が若いときにジェームス・ブラウンの汗ドロのパフォーマンスを見て、「なんだ、このオヤジは!?」と度肝を抜かれたような感覚になってくれたらうれしいなと思うんですけどね。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索