ドラマ&映画 カテゴリ

鈴木亮平、俳優デビューから15年…ブレイクの裏で“理想への諦め”明かす「20代はクールで男っぽい役者に憧れてた」

 2006年に俳優デビューして以来、あらゆる作品で人々を魅了してきた鈴木亮平。大河ドラマ『西郷どん』(2018年)では、西郷隆盛の壮絶な人生を演じきり、役者としての地位をさらに高めた。4月からは、デビュー15年目にして新境地となる“王道ラブコメ”主演に挑む鈴木。下積み時代も長かったと語るこれまでの俳優人生を通して感じたこと、現在の心境などを聞いた。

初挑戦の王道恋愛モノに戸惑い、ヒロイン演じる吉岡里帆に“キュンキュン”シーン相談

 今年で俳優デビュー15年目となる鈴木亮平が、『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)で民放連続ドラマ単独初主演を果たす。本作は、漫画一筋で生きてきた恋愛下手の天才漫画家と、“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子の不器用な恋を描いた王道ラブコメ。鈴木が演じる主人公の漫画家・刈部清一郎は、人付き合いが苦手な変わり者というアクの強いキャラクターだ。そんな役柄に対して「家の中では王様のように振る舞うのですが、一歩外に出ると、社会に慣れていないせいで凄くキョドってしまうんです。なので、僕は清一郎のことを“やさぐれ可愛い奴”と呼んでいます(笑)」と、鈴木は茶目っ気たっぷりに語る。

 これまでシリアスからコメディーまで幅広い作品で様々な役を演じ、実力派俳優としてのキャリアを着実に築き上げてきた鈴木だが、意外にもキラキラした王道恋愛ドラマは経験してこなかった。だからこそ本作の撮影は彼にとって大きな刺激となっている。

「夜景の綺麗な場所でお芝居できるのは嬉しいのですが、最初は『こんなロマンティックなところでどんな芝居をすればいいのか?』『こういう芝居でいいのかな?』と正直戸惑うこともありました(笑)。同年代の俳優はキラキラした恋愛ものを若い頃に沢山経験してきていると思いますが、僕は恋愛作品をあまり経験してこなかったので、ドギマギする感じが凄く新鮮で。ヒロインの久遠あいこを演じる吉岡里帆さんと『どうすればもっとキュンキュンしたシーンになるだろうか』と確認し合ったりして、少し気恥ずかしく思いながらも楽しんで演じています」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索