ドラマ&映画 カテゴリ

鈴木亮平、俳優デビューから15年…ブレイクの裏で“理想への諦め”明かす「20代はクールで男っぽい役者に憧れてた」

大学から始めた芝居20年 演じることは1番の趣味「びっくりするほど飽きない」

 鈴木と言えば、ストイックな役作りを徹底して行ってきた。今回は漫画監修のプロのもとで特訓を積み、プロ顔負けのペン運びや所作を習得したという。また、監督からは「1話から可愛さを覗かせて欲しい」と要望があったそうで、鈴木は“やさぐれ可愛い”キャラクターの清一郎をより魅力的に見せるために、かなり調整しながら演じたことも明かした。

「可愛さを前面に出しすぎるとあざとくなってしまうので、『本当は恋がしたい』という彼の本音が垣間見えるように意識して演じています。普通はそういう部分を上手に隠すことができるのですが、清一郎は不器用なのでつい表にでてしまうんです(笑)。あとはギャップですよね。漫画に向き合って苦しんだり、仕事に真剣に向き合っている姿は同性から見ても色っぽいのですが、人と向き合った途端に急にオドオドしたり、素直になれないところはピュアで可愛いので、その落差が激しいところが清一郎の面白さだと思っていて。彼の色んな面を表現することができれば、より魅力的に見えるのではないかなと。そこを大事にしながら演じています」
 どんな作品ともしっかり向き合い、圧倒的な表現力の高さで結果を残してきたからこそ、演じるキャラクターの魅力を最大限に引き出すことができるのだろう。そんな鈴木は役者を目指した頃を振り返りながら懐かしそうにこう語る。

「大学1年の頃にお芝居を始めたので、そこから数えるともう20年になります。だけど自分でもビックリするぐらい、相変わらず“演じること”は飽きないですし、相変わらず難しいですね。ひとつのことができるようになったと思うと、またその先に難しいことが広がっていて、どんなに経験を積んでも新しい世界が見えてくるんです。だから役者の先輩方の凄さがどんどんわかるようになってきましたし、まだまだ先は果てしないので、一生かけてできる“1番の趣味”とも言えるんじゃないかと、そんな風に感じています」

 いまではNHK大河ドラマ『西郷どん』や『テセウスの船』(TBS系)など、話題作の主演や重要な役が相次ぐ鈴木だが、昔も今も変わらず、同年代の役者の活躍を見て悔しい思いをすることがあるという。

「僕がこの仕事を始めたときは、すでに同年代の役者はみんな活躍していて、天井が詰まっているような状況だったんです。ですから、『この先どうすりゃいいんだ?』と思っていましたし、悔しい思いも沢山してきました。もちろん今もそうです。とはいえ、昔は他の役者たちが遥か上のほうにいたので、追いつかなければと焦っても仕方がない状況だったというか。それなら『自分らしくいよう』と気持ちを切り替えるようになって、そこからかなり楽になりましたね。誰かと比べるのではなく、ただひたすらに自分のやれることをやっていました」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索