ドラマ&映画 カテゴリ

鈴木亮平、俳優デビューから15年…ブレイクの裏で“理想への諦め”明かす「20代はクールで男っぽい役者に憧れてた」

20代はクールな男っぽい役者に憧れ「目指していた場所には2,3割くらい近づいた」

そんな鈴木に、15年のキャリアの中で一番の転機だった作品を尋ねると、「パッと浮かぶのは大河ドラマ『西郷どん』です」と返ってきた。

「1年半ぐらいかけて1人の人間の人生を演じたので、凄く大きな経験になりました。ドラマの撮影期間中は『演技ってなんだろう』と考えることも多く、何かを表現するだけじゃなくて、“ただその場にいる”とか“その人の人生をそのまま生きる”ということも大事なんだなと気付かされました。いまはまだその段階に辿り着いてはいませんが、その片鱗を少しだけ見ることができたので、僕にとって転機と言える作品です」
 更に、この15年間で大きな影響を受けた役者を聞くと、「色んな人から影響を受けていて、ひとりひとり挙げるとキリがないのですが、まず舞台でご一緒した先輩の役者さんからは“いくつになっても努力をし続けること、自分を高め続けることの大切さ”を学びましたし、『西郷どん』でご一緒した先輩の役者さんからは、作品を背負っていく主役としてのあり方や役者同士のコミュニケーションの仕方、役者としての居方を学びました」と語ってくれた。

 第一線で活躍し続けている鈴木は、デビュー当時に自身が思い描いていた理想にいまどのぐらい近づけているのか。

「目指していた場所には2、3割ぐらい近づいた感じですね。ただ、当時自分が思っていたのとはちょっと違うというか(笑)。20歳の頃はクールな男っぽい役者に憧れていたんです。だけど、人それぞれ向き不向きがあるということに30歳ぐらいで気付きまして(笑)、そう思うようになってからお仕事が少しずつ増えていったんです。自分にできないことを無理してやるとすぐにバレますから(笑)、嘘つくことなく自分らしさを追求していくしかないんですよね。そういう気づきを繰り返して、アップデートしながらこれからも役者を続けていけたらと思います」

(取材・文/奥村百恵)

『レンアイ漫画家』

(C)フジテレビ

(C)フジテレビ

≪放送日時≫
4月8日スタート 毎週(木)22時〜22時54分
(初回15分拡大 22時〜23時9分)

≪キャスト≫
鈴木亮平 吉岡里帆
眞栄田郷敦 岩田琉聖 小西桜子 白石隼也 松大航也
奥平大兼・竜星涼 木南晴夏・片岡愛之助

≪公式HP≫
https://www.fujitv.co.jp/renaimangaka/
≪公式Twitter≫
@renai_mangaka
≪公式Instagram≫
@renai_mangaka
前へ

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索