「うっせぇわ」大ヒットのAdo、大反響に戸惑いも? 社会への怒りぶつける歌詞に共感「学校のルールに苦しみ悩んだ」

  • 大反響を巻き起こした「うっせぇわ」ジャケット写真

    大反響を巻き起こした「うっせぇわ」ジャケット写真

 YouTube動画を起点に、若者を中心に大きな広がりを見せた「うっせぇわ」。動画再生数はもちろん、デジタルシングルやストリーミングの記録も伸ばし、幅広い世代を巻き込んだ大ヒットとなっている。その刺激的な歌詞から、ときには大人たちの間で物議をかもすほどになったことを思うと、もはや社会現象とも言えるだろう。同曲を歌うのは、現役高校生のAdo。彼女は、ここまでの反響をどう受け止めているのか。率直な本音を聞いた。

大きすぎる反響にヘンな汗、メディア露出は「客観視できない」

  • Adoアーティスト写真

    Adoアーティスト写真

 2021年前半の音楽シーンの最大のニュースは、やはりAdoのブレイクだろう。メジャーデビュー曲「うっせぇわ」が「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」、「オリコン週間ストリーミングランキング」の2部門で1位を獲得(2/8付)。デジタルで3週連続1位、ストリーミングで再生数が4週連続1000万回を超えるなど、一気に知名度を高めた。YouTubeで公開された新曲「ギラギラ」も、12日で1,000万再生を突破。豊かなボーカル表現にも注目を集めている。小学生の頃からボーカロイド系、歌い手の音楽に夢中になり、中学生のときから自ら歌ってみた動画を公開していたというAdo。この春、高校を卒業する彼女の、シンガーとしてのキャリア、ブレイク後の心境、今後のビジョンとは?

――「うっせぇわ」が動画再生数はもちろん、ランキングを席巻するなど、大ヒットを記録しています。今の状況をどう捉えていますか?

Ado とんでもないことになったと思っています。YouTubeの再生回数もどんどん伸びて、完全に想定外と言いますか、「こんなに大きい存在になっていいのかな」と思ったり…ちょっとヘンな汗をかいています(笑)。いろんな方が「うっせぇわ」の歌ってみた動画を投稿してくれているのも嬉しいですね。私が知っている芸能人の方、クリエイターやインフルエンサーの方がカバーしてくれているのを見ると、「え、なんで?」ってスマホを投げちゃったり(笑)。

――テレビやラジオのインタビューを受けることも増えていますね。

Ado メディアに出ている自分を客観視できないですね。小学生の頃、「歌い手になって、取材とか来たらどうしよう」って妄想していたんですけど(笑)、夢が叶って、不思議な気持ちです。生活面では特に変化はないですね。たまに友人が「すごいことになってるね」とLINEしてくるくらいで、これまで通り接してくれています。

子どもも口ずさみやすい「うっせぇわ」、学校のルールで苦しんだAdo自身も共感

――「うっせぇわ」は幅広い年齢入れて層のリスナーに受け入れています。その理由はどこにあると思いますか?

Ado そうですね…。かなり強くて攻撃的で、“心の叫び”みたいな激しい曲だと思っていて。サビの“うっせぇうっせぇうっせぇわ”と繰り返すところが耳に残るし、小さい子も口ずさみやすいのかも。

――「うぇせぇわ」って言いたい!という気持ちは誰しもあるでしょうし…。

Ado そうかもしれないですね(笑)。もともと、作詞・作曲をしてくださったsyudouさんの曲が大好きだったので、書き下ろしてもらえたことがすごく嬉しくて。こういう激しくて強い曲を作れる方は、なかなかいらっしゃらないと思うんですよね。WOOMAさんが描いてくださったMVの女の子のイラストも、すごく好きです。

――曲の主人公は社会のルールに対する鬱憤をぶちまけていますが、Adoさん自身も共感できる部分がある?

Ado 怒りには共感できるところがありました。社会人のルールやマナーはまだ経験してないので、「きっとこういう感じなんだろうな」と想像しながら歌って。学校の中にもルールはあるし、私も苦しんだり悩んだりしていたので、そういった部分では共感できますね。

――感情を剥き出しにするようなボーカルも強烈。この歌い方は、どのように作り上げたんですか?

Ado 自分でもよくわからないんですよ。自由気ままというか、好きなように歌っていたらこうなっていたので。ただ、今は誰でもインターネットに(“歌ってみた”動画を)投稿できるので、埋もれないようにしたくて。だったら自分の個性を出したほうがいいし、「やるしかない!」という気持ちでしたね。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索