• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 浮気された妻、鬼の形相に「抱えているのは怒りだけじゃない」 悩む妻にみる“夫婦のあり方”とは

浮気された妻、鬼の形相に「抱えているのは怒りだけじゃない」 悩む妻にみる“夫婦のあり方”とは

 夫の浮気を疑う妻、浮気を疑われる夫。それぞれの視点を持たせることで、登場人物のリアルな心情を浮かび上がらせるマンガ『にぶんのいち夫婦』(『マンガボックス』にて連載中)。このたびドラマ化されることが発表され、ますます注目を集めている。そんな本作の作者は、夏川ゆきのさん(原作)と黒沢明世さん(漫画)。2人の視線から描く“考えさせられる不倫の物語”と、パートナーの不倫に悩む人へのアドバイスを聞いた。

伝えたいのは、心の中に渦巻くグチャグチャの感情

――「浮気」を題材に書こうと思った理由は何ですか?

【夏川ゆきのさん】パートナーの浮気を知って、ヒステリックに相手を責めてしまうことで、お互いの溝がさらに深くなることはよくあります。でも、浮気されたほうはそこに至るまでに、相手に伝えきれていないたくさんの感情が、心のなかで渦巻いているんじゃないかと思うんです。その感情をなるべく丁寧に表現したいと思い本作を書きました。

――夫の浮気を疑う妻の心境が、かなりリアルに描かれています。

【夏川さん】信頼していた人への失望からくる苦しさ、焦り、不安、痛み、原因を作ったかもしれない自分への後悔…。そのすべてがグチャグチャに混ざり合い、怒りや悲しみをぶつけてしまう。鬼のような形相で怒っているパートナーが抱えているのは怒りだけじゃない。そのことを、浮気した側にも知ってほしいと思っています。

――連載の反響はいかがでしょうか。

【黒沢明世さん】女性読者が多いので、男性の登場人物に関しては全般的に風当たりが強かったですね。逆に、主役の妻・文をはじめとした女性陣の考え方やふるまいは、共感を得ているようです。意外だったのは、言動だけをみると“ひどいヤツ”としか思えない高梨という人物を、おもしろがってくれる方が多かった点です。やはり振る舞いだけでなく、キャラクターも人の印象に大きく影響するのだと思いました。

――登場人物たちの気持ちの“揺れ”に引き込まれます。表情の変化やしぐさなどでとくに留意した点は?

【黒沢さん】サスペンス要素が強いので、夫・和真の表情で先の展開が予想されないように心がけました。一方、主人公の文は、浮気された女性読者の悲しみを一身に背負う存在として、強い感情の表情は少し大げさなくらいに表現しています。会話劇が多いので、読者が飽きないように、さりげない手のしぐさでも心理状態が見て取れるよう工夫しました。

夫婦のいさかいは永遠のテーマ、「自分がどうしたいか」主体的に考えて判断を

――スリリングで意表を突かれる展開も見どころです。参考にしたエピソードや資料などはありますか?

【夏川さん】参考にしたというわけではないのですが、本作を書き出したきっかけは同じ『マンガボックス』で連載していた『ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜』を読んだことです。その後、ミステリードラマにはまり、ミステリー要素を付け足してしまいました。実は本作は“恋愛ミステリー”なんですよ。

――主人公の妻・文と夫・和真、それぞれの視点で物語が展開されます。夫婦間の「ずれ」が絶妙に描かれますが、一方でコミュニケーションが重要なんだと思い知らされます。

【黒沢さん】夫婦といえども、お互いに個人的な付き合いや仕事などそれぞれの世界があるので、そのすべてを共有し理解するのは難しいですよね。なるべく共有するに越したことはありませんが、それが自然にできるコミュニケーションのテーマが必要だと感じます。

【夏川さん】「大事なのは相手の気持ちになること」と言いたいところですが、自分以外の人間の気持ちを完全に理解することは不可能なので、やっぱり会話が必要。うちも思っているだけではまったく伝わらないです(笑)。

――実際にパートナーの不倫に悩む方も多くいるようです。なにかアドバイスをするとしたら?

【夏川さん】不倫の“原因”を考える方も多いと思うのですが、不倫は神話の時代から続く、夫婦間の社会問題です。どんなに素敵なパートナーがいても、浮気するヤツはする! できる限り、自分で自分を傷つけないようにしてください。

【黒沢さん】浮気を容認するとしても、断罪するとしても、自分で主体的に考えて判断し、ふるまうことではないでしょうか。悲劇的なドラマの主人公のような心境に陥るかもしれませんが、自分を被害者としてとらえ、相手に対して他罰的にふるまったとしても、問題解決にはならないように感じます。自分がこれからどうしたいかという一点にフォーカスして、対処の仕方を考えるべきなのでしょうね。なかなか難しいですけど…。

――最後に、読者へ伝えたい想いやメッセージがあればお聞かせください。

【夏川さん】『にぶんのいち夫婦』は、妻視点と夫視点に続き、この先は夫婦視点となっていきます。どこに主観を置くかで捉え方は変わってくるものだと思いますが、それぞれがどんな答えを出すのか。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

【黒沢さん】男女もしくは夫婦間のいさかいは永遠のテーマだと感じました。そういう意味では、非常に普遍的な作品なのかなと感じています。ちなみに、「浮気男はいなくなってほしい」というご意見をたくさんいただいていますが、個人的にはその意見にとても共感します(笑)。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索