ドラマ&映画 カテゴリ

『青天を衝け』あらすじ【2021年大河ドラマ(第60作)】

第11回「横濱焼き討ち計画」あらすじ

第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)に待望の第一子が生まれるが、すぐに亡くなってしまい、渋沢家は重い空気に包まれる。そんな中、惇忠(田辺誠一)は自らの手で攘夷(じょうい)の口火を切ろうと、横浜の外国人居留地の焼き討ちを発案。心を動かされた栄一は、武器や仲間を集め始める。一方、謹慎を解かれた慶喜(草なぎ剛)は将軍・家茂(磯村勇斗)の後見職となるも、島津久光(池田成志)らから「一刻も早く攘夷の決行を」と迫られる。
  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

  • 第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

    第11回「横濱焼き討ち計画」より(C)NHK

第12回「栄一の旅立ち」あらすじ

第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

役人に追われる栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)をボロ屋に引き込んだのは、円四郎(堤真一)だった。円四郎は一橋家に仕えないかと勧めるが、栄一たちは断る。血洗島村に戻った栄一は、惇忠(田辺誠一)らと高崎城乗っ取り計画の準備をしていた。そこに京都から長七郎(満島真之介)が戻り、涙ながらに中止を訴える。計画を断念した栄一と喜作は、再起をはかるため、村を離れ京都に向かうことを決意する。
  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

  • 第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

    第12回「栄一の旅立ち」より(C)NHK

第13回「栄一、京の都へ」あらすじ

第13回「栄一、京の都へ」あらすじ(C)NHK

第13回「栄一、京の都へ」あらすじ(C)NHK

栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)は江戸で円四郎(堤真一)の妻・やす(木村佳乃)から一橋家のご証文を受け取り、無事京都へたどりつく。京都では朝廷が参与会議を開催。薩摩藩などが国政に影響力を持ち始める中、“一度全てを捨て、新しい世を作ろう”と語る松平春嶽(要潤)に、慶喜(草なぎ剛)は静かに怒りを募らせる。一方、栄一からの文を喜んだ長七郎(満島真之介)は京都に行くことを決意。しかし道中で誤って飛脚を斬ってしまい捕らえられる。栄一の文も見つかり、幕府から目を付けられた栄一と喜作は追い詰められる。
  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

  • 第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

    第13回「栄一、京の都へ」より(C)NHK

第14回「栄一と運命の主君」あらすじ

第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)は、円四郎(堤真一)から一橋家に仕官せよと迫られるが、栄一は慶喜(草なぎ剛)に自らの意見を建白することを条件に出す。円四郎は遠乗り途中の慶喜に2人を対面させ、屋敷で謁見させることに成功。栄一と喜作は、一橋家に仕官することになった。一方慶喜は、薩摩藩が天皇に信頼の厚い中川宮(奥田洋平)を取り込んでいることに気づく。中川宮を問い詰め、その場にいた島津久光(池田成志)らに“天下の大愚物、天下の大悪党だ”と言い放つ。
  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

  • 第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

    第14回「栄一と運命の主君」より(C)NHK

第15回「篤太夫、薩摩潜入」あらすじ

第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)は、武士として初俸禄(ほうろく)をもらい、円四郎(堤真一)から「篤太夫(とくだゆう)」「成一郎(せいいちろう)」という新しい名も授かる。篤太夫の初仕事は、摂海防禦(せっかいぼうぎょ)の要職に就く薩摩藩士・折田要蔵(徳井優)の隠密調査だった。そこで出会った西郷吉之助(博多華丸)から、“先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げる”と聞かされた篤太夫は、円四郎の行く末を心配する。一方、水戸藩では、藤田東湖の息子・藤田小四郎(藤原季節)が攘夷(じょうい)実現のため天狗党(てんぐとう)を率いて挙兵していた。
  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

  • 第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

    第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索