• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

「いつまでも若い」を捨てる時? 俳優の評価を左右する“年相応の老け役”

 現在放送中のドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)で、白髪の母親役を演じる鈴木保奈美が話題になっている。白髪といえば、SPドラマ『教場』(フジテレビ系)の木村拓哉の教官役なども、大きな注目を集めている。これらは単に“老け役”と言われることもあるが、実際は俳優たちの実年齢とそう遠くない“年相応の”役柄である。若さを求められてきた俳優たちにとって、これらにはリスクもある。だが昨今では、世間から大きな称賛を集めることも多い。その理由とは?

鈴木保奈美や木村拓哉ら、これまでにない白髪の役に好意的な声

 ドラマ『35歳の少女』で、白髪頭の怪演ぶりがSNS等でも話題を呼んでいる鈴木保奈美。かつて『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)の「カ〜ンチ!」で一時代を築き、とんねるず・石橋貴明との結婚を経て、2011年に大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』(NHK総合)にて本格的に女優復帰。最近では『SUITS』(フジテレビ系)などで見せる“格好良くて綺麗な大人の女性”のイメージが定着しつつある中、まさかの白髪の老け役であり、「驚いたけど迫力がすごい」「若い時との演技の振り幅が大きすぎ」といった声がSNSにあふれた。

 白髪の役といえば、今年初頭に放送されたSPドラマ『教場』(同)で、木村拓哉が演じた冷酷な教官役も衝撃的だった。これにも、「若いころのロン毛もカッコ良かったけど、白髪の木村さんもカッコイイ!」「渋さと色っぽさがある」という声、「これからの木村拓哉を感じさせる」といった好意的な反響が目立った。年を重ねるとともに父親役などは演じたことのある木村だが、全編白髪頭の役柄は初。実年齢は40代後半であるとはいえ、ジャニーズのアイドルでもあるだけに、この役にはなにがしかの覚悟が感じれられたものだ。

 ほかにも、現在放送中の深夜ドラマ『バベル九朔』(日本テレビ系)では、上地雄輔が白髪交じりの父親役を好演している。彼も40代とはいえ、これまでは若々しいパブリックイメージだっただけに、この役はある意味、挑戦となったのではなかろうか。

実年齢と近いからこそ、視聴者に現実を突きつけるリスクも

 いわゆる“老け役”という言葉がある。一般的には、俳優の実年齢よりも大きく年かさの役を演じることだ。多少の年齢差であればとくに注目はされないが、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合)で、戸田恵梨香が40代後半になった主人公を好演して称賛されたように、実年齢と開きがあればあるほど、演技力が問われる。不自然になることなく、強い印象を残すことができれば、視聴者から好意的に受け止められることも多い。

 だが、先述の鈴木保奈美や木村拓哉らは、世に言う“老け役”とは少し状況を異にするように見える。彼らが白髪で演じたのは、一見いわゆる“老け役”のように見えるが、よく考えてみれば実年齢に近い“年相応”の役だ。54歳の鈴木が57歳、48歳の木村が50代を演じているのだから、それほど無理がある年齢設定とはいえない。相反する言葉のようだが、“年相応の老け役”というのが、わかりやすい表現だろう。

 だが、この“年相応の老け役”には、単なる老け役とは異なるリスクがある。若い俳優が実年齢とかけ離れた役を演じれば、「そういう役柄なんだ」で話は済む。だが、年齢が近い“老け役”では、見られ方も変わってくる。

 鈴木や木村も、それぞれが一世を風靡した人気俳優であるだけに、世間は変わらぬイメージを持ち続けている。「いつまでも若い」と言われ、求められ、憧れの対象としてそれに応えてきた部分もあるだろう。そんなスターが、急に実年齢とさほど遠くない白髪の役で現れれば、「この人、本当はこのくらいの年齢なんだ…」と、視聴者に現実を突きつけ、幻滅を招く危険性すらはらんでいる。“年相応の老け役”は、俳優にとってもそれだけ覚悟を要するもの。前述の俳優たちがそんな難しい役どころで称賛を受けているのは、これらリスクを乗り越え、確固たる演技力や存在感を発揮したからにほかならない。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索