『Nizi Project』発 NiziU誕生までの“評価”“努力の跡”を振り返る【Part 2後編】

ファイナルステージ勝敗発表

審査員3人が勝利チームを決める会議を始めました。「どっちがWIN? 僕は本当にわからない」(J.Y. Park)、「選べない……」(モモ)、「僕はこのチームがよかったと思います」(ウヨン)と切り出し、慎重に話し合いを重ねた結果、J.Y. Park氏がマイクを握りました。

「ウヨンさんの選択はマヤチーム。モモさんの選択はマコチーム。最後に僕の選択は、わずかな差で……マコチームです」と発表。お互いに1回ずつ勝利し、引き分けとなりました。

ファイナルステージ勝敗発表は0:30〜2:14

そして12人が整列し、いよいよ最終デビューメンバーの発表へと移ります。

グループ名&デビューメンバー発表

J.Y. Park氏はまず、グループ名を発表しました。「皆さんのグループの名前は……『NiziU(ニジュー)』です」と告げると、「人は絶対に1人では成功できません。皆さんはお互いが必要で、ファンの方々が必要です。必ず覚えていてください」とグループ名に込めた想いを伝えました。

そしていよいよデビューメンバーの発表です。「NiziU」メンバーは「9人」と告げられた12人の緊張がピークに達するなか、J.Y. Park氏は1位から順に発表していきました。名前を呼ばれたメンバーそれぞれの思いがあふれるコメントとともに紹介します。

グループ名・メンバー発表は0:30〜34:14

1位:マコ(19)
「私は3年前に韓国に渡ってきて(※注『Nizi Project』前にJYP練習生歴あり)、やっと私の目標であったデビューをつかみとることができて、もっと夢を大きく広げて、世界に羽ばたきたいなと改めて心から思いました。デビューの機会をくださって本当にありがとうございます」

2位:リク(17)
「今まで応援してくれていたお母さんや家族のみんなにも本当に恩返しできたらいいなと思います。自分のできていないところをもう1回見つめ直して、もっと実力的にも内面的にもレベルアップしていけたらいいなと思います。ありがとうございます」

3位:リマ(16)
「1年半前、自分の好きなことに絶対チャレンジしようと思って韓国に来たんですけど(※注『Nizi Project』前にJYP練習生歴あり)、こうやってデビューメンバーに選ばれて、これからがスタートだと思うので、もっともっと頑張ってグローバルなアーティストになってみんなにハッピーを与えたいなと思います」

4位:リオ(18)
「明日からさらにもっともっと前進して、いつか親に自分が今までしてきてもらった以上の恩返しができるように頑張りたいと思います。本当にありがとうございます」

5位:マヤ(18)
「夢をかなえるために去年の12月に韓国に来たけど、大変なこともいっぱいあって……メンバーや教えてくれた先生方、トレーナーさんたち、スタッフさんなどがたくさん支えてくれたおかげで、今自分はここに立っているんだなって感じますし、その気持ちをずっと忘れずに今後も頑張っていきたいなと思っています。ありがとうございます」

6位:ミイヒ(15)
「これがゴールじゃなくてスタートだと思って、これからももっと頑張って、もっといいパフォーマンスを見せて、このメンバーでずっとずっと頑張っていきたいなと思います。本当にありがとうございました」

7位:マユカ(16)
「まず地域予選での保留からギリギリ東京合宿に行くことができて、東京合宿でも本当に最後の最後でギリギリ韓国に来ることができて、そしてデビューすることができて本当にうれしいですし、今まで応援してくれた親、家族、友達にもこれから恩返しできたらいいなと思っています。ありがとうございます」

8位:アヤカ(17)
「7位までデビューメンバーが呼ばれて、私は呼ばれないだろうなとずっと思っていたので、まだ実感がないんですけど、これからもっと成長して、みんなに負けないようにもっともっと実力を伸ばしていきたいなと思っています。ありがとうございます」

最後のメンバーを発表する前に、J.Y. Park氏はまだ名前を呼ばれていない練習生たちに向けて語りかけます。「皆さん全員、1万人の中から12人に選ばれるくらい特別で、頑張ったということを知っていてほしいです。残念ながら落ちた練習生はこの経験をもとに、もっと頑張って、必ずすばらしい形でまた会いたいです」と。

そして、「最後のデビューするメンバーは……」と続け、「おめでとうございます。ニナさんです」と発表。ニナさんはその場で号泣し、ひざから崩れ落ちそうになりました。

9位:ニナ(15)
「韓国に来てから約半年が経ったんですけど、いろいろ学べて本当にありがたいし、こんなすてきな12人とすごく長い時間を過ごせてとてもありがたいです。家族と見てくださっている視聴者の方々に、温かい目で見守ってくれてありがとうございます。これから頑張ります」

9人を祝福する金色の紙吹雪が舞う中、J.Y. Park氏はまず、メンバーに選ばれなかったユナさん、アカリさん、リリアさんの元へと歩み寄り、「お疲れさまでした」と一人ひとりをねぎらいました。デビューが決まった9人の歓喜の涙は、12人全員でデビューできなかった涙に変わります。

J.Y. Park氏は12人と並び立ち、最後に『Nizi Project』視聴者に向けて「(新型コロナウイルスの影響による)厳しい状況の中で、『Nizi Project』を応援してくださった視聴者の皆様とファンの方々に、本当に心から感謝します。そして、すべての参加者に頑張ってくれてありがとうと伝えたいです。デビューするメンバーは、このプロジェクトの間に持っていた気持ちをずっとそのまま持っていてください」と伝え、1年に及ぶ大規模なオーディションが幕を下ろしました。

こうして、9人組グローバル・ガールズグループ「NiziU」は、今秋の正式デビューを前に、ファイナルステージで披露した4曲を収録したデジタル・ミニアルバム『Make you happy』で、6月30日に“プレデビュー”。番組を通じて、デビューへの夢を追う少女たちの奮闘する姿をずっと見守ってきた老若男女のファンも歓喜しました。そして、『Make you happy』のミュージックビデオはYouTube公開後1日で1000万再生を突破するなど話題騒然です。

世界で勝負できる日本発のガールズグループを目指した「NiziU」の挑戦は始まったばかり。これからも「NiziU」の虹色に輝く未来を応援しましょう!
Fanthology!関連記事

【Part 2前編】“激アツ”韓国合宿名場面集&J.Y. Parkの胸に沁みる金言

昨年2月に始動した「世界で活躍できる新しいガールズグループ」を発掘・育成するグローバル・オーディション『Nizi Project』(通称:虹プロ、ニジプロ)から、ついに9人組ガールズグループ「NiziU」が6月26日に誕生しました! 同30日にはデジタル・ミニアルバム『Make you happy』でプレデビューを果たし、話題沸騰中です…

【独占】NiziU 9人が“他己紹介”でメンバーの素顔を明かす! マコは天然? マユカはツンデレ?

\オリコン・Fanthology!独占!/ 世界的プロデューサー・J.Y. Park氏が指揮を執り、「世界で活躍できるガールズグループ」を発掘・育成するグローバル・オーディション『Nizi Project』(通称ニジプロ)。1万人を超す応募者の中からついに、平均年齢16.8歳の9人組ガールズグループ「NiziU」(ニジュー)が6月26日に誕生し…

『Nizi Project』デビューまでの道のり【Part 1前編】

乃木坂46ら坂道シリーズを手がけるソニーミュージックと、2PMやTWICE、過去にはWonder Girlsを輩出した韓国の大手芸能プロダクション・JYP Entertainmentの共同事業として、「世界で活躍できる新しいガールズグループ」を発掘・育成する『Nizi Project』(通称ニジプロ)。1万人以上が参加した地域予選、26人に絞られた東…

『Nizi Project』デビューまでの道のり【Part 1後編】

乃木坂46ら坂道シリーズを手がけるソニーミュージックと、2PMやTWICE、過去にはWonder Girlsを輩出した韓国の大手芸能プロダクション・JYP Entertainmentの共同事業として、「世界で活躍できる新しいガールズグループ」を発掘・育成する『Nizi Project』(通称ニジプロ)。地域予選〜東京合宿ダンスレベルレッスンまで振り…
この記事について
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
⇒この記事をオリジナルページで読む(7月21日掲載)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索