• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 田舎の無人駅に突如「現代アート」が出現の理由、コロナ禍でも諦めない想い

田舎の無人駅に突如「現代アート」が出現の理由、コロナ禍でも諦めない想い

 青森県田舎館村にポツンとたたずむ無人駅の構内に、ある日突然、異次元アートが出現した。そのギャップに、ネットでは「アートすぎる駅」と話題だ。世界的にも活躍する同県在住のアーティスト・GOMAさんの作品で、無人駅をアートにしたいという要望に、「田んぼアート」で知られる弘南鉄道が応えた。担当した弘南鉄道の中田正志さんは、「不安な毎日が続く今こそ、アートの底力を感じてほしい」と思いを語る。

外観とのギャップが衝撃の「現代アート」、無人駅になぜ

 青森県の西部に位置する弘南鉄道の一駅、田舎館駅。2両編成の列車が、1時間に1本、多い時間帯でも2本のみ停車する、いわゆる田舎の無人駅だ。

「薄暗くて怖い駅」というイメージも感じさせるこの駅の待合室が、突然、現代アート風のイラストに埋め尽くされたのは5月15日。ネットで写真や映像が公開されるや否や、築70年の古びた外観と内観のギャップに話題騒然。瞬く間にSNSで拡散され、「素晴らしい」「外観からは想像できない別世界」「生で見たい」という声が寄せられ大反響となった。

 アートステーション誕生のきっかけは、今から約2年前。青森県平川市を拠点に活動するアーティスト・GOMA氏が、アート活動を通じて関わりがあった弘南鉄道の営業課の担当者と「無人駅を舞台にしたアート作品をつくりたい」と語り合ったことだった。

「素晴らしいアイデアだと思って、とても嬉しかったです。社内を説得するにはどうしたらいいか、正直、悩みましたが、強行突破するつもりでいました(笑)。最終的には、GOMAさん同席のもと上層部に提案し、スムーズに受け入れられました」(弘南鉄道/中田正志さん)

 地元民からも大好評で、駅舎に置かれた感想ノートには、「いつまで居ても飽きない」「感動をありがとうございます!」など、コメントがびっしり。

 中田さんも「みなさん感動してくださいました。観覧のために、ご老人から園児まで、家族総出でたくさんのお客様が田舎館駅に来てくださっています」と喜ぶ一方、「ただ、現在お越しいただいているお客様は、ほとんど自家用車ですので、電車利用につながることを期待しています」と笑う。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索