アニメ&ゲーム カテゴリ

少女漫画があるから「頑張れる!」 久間田琳加がときめく“オススメ”3選

キュンとくるランキング1位は「深見宏斗」! 実写化で挑戦したいのは「澤田はるか」

――おすすめしていただいた作品以外でも、これまで読んだ中で一番キュンとした男性キャラをあげるなら?
久間田琳加ダントツ、(『コーヒー&バニラ』の)深見さんですね。大人の余裕や振る舞い方、スーツでいつもキメている感じとか、全部好きです。グッときます(笑)。

『コーヒー&バニラ』深見宏斗

――こんな完璧な男性、なかなかいませんよね(笑)。久間田さんは女優としても活躍されていますが、実写化されたら演じてみたいと思うキャラクターはいますか?
久間田琳加自分が好きな漫画のキャラクターを演じるなんて、考えただけで本当にドキドキします……。今回挙げた作品の中だと、唯一実写化されていない『取り急ぎ、同棲しませんか?』のはるかさんかな。いろいろ経験して結婚を急ぐ女性なので、かなり頑張らないといけないですけど(笑)。ドラマの中で体験できたらすごく面白そうです。

『取り急ぎ、同棲しませんか?』澤田はるか

――ちなみに、好きな漫画の実写化作品はご覧になりますか?
久間田琳加うふふ、観られないんです(笑)。観ることもあるんですけど、ちょっと勇気がいるんですよね。「この顔でこの性格」ってイラストで描かれているものが好きなので、実写化はまったく別物だという意識をもって観ないとワタワタしちゃうんです。

やっぱり漫画で楽しむのが一番好き。だからもし自分が演じるとしたら、すごく緊張すると思います。自分の中でのイメージもあるので、「そこに近づけるのか?」って考えてプレッシャーも感じるでしょうし。でももし演じられるなら、これほどうれしいことはないですね。
――では、久間田さんにとって少女漫画とは?
久間田琳加オンのときのわたしを、より後押ししてくれるもの。「家に帰ったら残りの3冊を読もう!」っていうのが励みになるし、漫画があるから頑張れるんです。

おうち時間は料理に海外ドラマ、コスメのネットショッピングも

――久間田さんのおうち時間についても教えてください。どう過ごすことが多いですか?
久間田琳加もともと料理はしていたんですけど、最近はお菓子作りにハマっていて、アップルパイやバナナケーキを作っています。「どんだけケーキを作るんだよ!」って感じですけど(笑)。材料をちゃんと計るのが好きなんですよね。「絶対5グラム!」みたいな。材料を移し替えるときも一粒たりとも残したくないんですよ。すごい集中力で作っています。
――それは、すごく時間がかかりそうです(笑)。
久間田琳加かかりますね(笑)。でも「レシピ通りに作れば絶対に美味しくなる!」って思いながら集中して。いつも頭フル回転なので全然休めていないんです(笑)。あとは漫画と動画ですね。最近はNetflixばっかり観ています。
――最近面白かった作品はなんですか?
久間田琳加昨日、(海外ドラマの)『リバーデイル』を観終わったんです。今まで恋愛モノばっかりだったのに、この作品で初めてサスペンスにハマって。シーズン4まであるんですけど、最新まで観ちゃったのでつらいですね……。シリーズものを観終わっちゃったときの絶望感ってヤバくないですか?(笑) わたし、これを体験したのは2度目なんですけど、しばらくこの作品を励みに生きていたからなかなか立ち直れなくて……。「もう頑張れない!」って感じです(笑)。

Netflixで配信中の『リバーデイル』

――次のシーズンが待ち遠しいですね(笑)。少女漫画の連載が終わったときも同じように落ち込むんですか?
久間田琳加そうなんです。登場人物にすごく感情移入しちゃうので、「この子たちのこと、ここでしか読めないのに終わっちゃうの?」って悲しくなっちゃって。結婚してハッピーエンドで終わるのはすごくうれしいんですけど、「終わるの嫌だ!」って気持ちになっちゃう(笑)。読み進めているときが一番幸せです。
――SNSを見ていると、コスメなどのネットショッピングも楽しまれていますよね。
久間田琳加お店で見られないからテスターも試せないので、なんとなく色を予想して買っています(笑)。賭けになっちゃうんですけど、これも初めての経験ってことで楽しみながら。そうやって毎日欲を満たしています(笑)。
書籍情報
ファーストスタイルブック『りんくまがじん』(集英社)6月5日発売
雑誌Seventeenでも“美容番長”として知られる久間田琳加の美容に関する知識を詰め込んでいます。本人も打ち合わせに参加し、メイクのテイストや衣装の細部にまでこだわりました。メイク・スキンケア・ボディメイク・モーニング&ナイトルーティーンなど、10代最後の久間田琳加の魅力が詰まった1冊です。
ファースト写真集『りんくまちっく』(集英社)6月5日発売
ファッション誌でモデルとして魅せる表情とは違い、すっぴんやリラックスムードの素の表情が満載。19歳のありのままを撮影し、他では見られない無邪気な笑顔やおどけた表情など、ここでしか見れない久間田琳加があふれた1冊です。
プロフィール
久間田琳加(くまだ・りんか)
2001年2月23日生まれ、東京都出身。『Seventeen』専属モデル。モデルとして、TOKYO GIRLS COLLECTION、Girls Award、関西コレクション、シンデレラフェス、超十代など数々のファッションショーに出演。2017年10月からスタートした自身初の冠ラジオ番組『りんくま*めがへるつ』では「レコメン!」最年少パーソナリティとして抜擢された。また2018年11月公開の映画『ヌヌ子の聖★戦〜HARAJUKU STORY〜』では初主演を務めた。2019年4月からはNHK Eテレ『ガールズクラフト』の新MCに選ばれるなど、テレビやラジオ、映画にも活躍の場を広げている。
fanthology!関連記事

江野沢愛美が全力で推したい“韓国ファッション&カルチャー”

女性ファッション雑誌『non-no』の専属モデルを務めている江野沢愛美さん。雑誌以外にもCMやファッションイベントに多数出演しつつ、近年は映画『羊とオオカミの恋と殺人』や『シライサン』に出演するなど、女優としても活躍しています。そんな彼女の“韓国好き”はファンの間では有名。韓国を訪れる際には、エリアごとにフ…

モー娘。加賀楓がRPG『テイルズ オブ』シリーズから学んだ命の重さ

モーニング娘。’20の加賀楓さんは、「ゲームをしない日はない」と言うほど根っからのゲーム好き。空き時間が10分でもあればプレイしたり、いくつもの作品も同時並行で遊んだりと、ゲーム愛が止まらないそうです。最も愛しているのはRPG(ロールプレイングゲーム)『テイルズ オブ』シリーズで、1995年に第1作『テイルズ オ…

千葉雄大が30歳までに出会えてよかった3冊

デビュー以来、幅広い役柄を演じ続け“カメレオン俳優”として高い評価を得ている千葉雄大さん。一方で熱心な“読書家”としての顔も持ち合わせており、ブログなどで見せる味わい深い文章も、そんな本の世界への愛ゆえ培われたのかも知れません。昨年30歳の節目を迎えた千葉さんに、子どもから大人へと成長するなかで“出会えて…
この記事について
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
⇒この記事をオリジナルページで読む(5月22日掲載)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索