• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 新宿2丁目・女装サロン、コロナ禍逆手にしたオンライン営業に反響 「家出る勇気なくても…」店長語る商機

新宿2丁目・女装サロン、コロナ禍逆手にしたオンライン営業に反響 「家出る勇気なくても…」店長語る商機

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、「夜の飲食店」が営業自粛や一時休業、閉店などの窮地に立たされている。そんななか店に行かずともマスターやママと飲んで話せる「オンライン」バーやスナックが、新たな商機を見出しているようだ。新宿2丁目にある女装サロンバー「女の子クラブ」は、店舗営業は一時休業中。一方、「zoom」を使って自宅に居ながらスタッフと会話ができるオンラインサービスを3月31日よりスタートさせ、新規や遠方の客を取り込んでいる。店長のくりこさんに話を聞いた。

“映える”女装はオンラインとの相性抜群 「スタッフの会話をまとめるテクニックが磨かれる」

――オンライン参加者は、やはり女装される方が多いのですか?
【くりこさん】店舗での女装のお客様比率は7割くらいですが、オンラインでも同じくらいの割合です。自分の女装姿を見てもらいたいという方も多いので、同時にいろいろなお客様同士もつながれるオンラインは、「メイクきれいですね。どうやっているんですか?」といった女装トークに花が咲くことも多いです。もちろん店舗に来て交流することで友人の輪が広がるのですが、オンライン上ではSNSのアカウント交換がより活発に行われています。

――オンラインならではですね。
【くりこさん】そうですね。あと、女装して家を出る勇気がなくて、「いままで自分の女装姿を人に見せたことがなかった」という方もいらっしゃいました。家を出ることにハードルを感じる人は多いんです。

――スタッフの反応はいかがですか?
【くりこさん】オンラインは会話をまとめるのが難しいので、対面とは異なるテクニックが必要です。いろいろなお客様が来て、みんなと話をしたい。でも、グループ全体が盛り上がる会話じゃないと成立しません。対面と違って、1対1の会話をするとほかの方が取り残されてしまうので、個人的な会話ができない。グループ全体的に会話してもらうための話の流れを作って、会話を取りまとめないといけないんです。オンラインサービスは簡単なものではない。こんな難しいところでサービスを続けていけば、キャストは鍛えられますよ。

――オンラインを始めて想定外だったことはありますか?
【くりこさん】店舗とは異なり、お互いの距離が離れているからこそ“恥ずかしい話”ができるようですね。それぞれ自宅からなので、好きなものやお気に入りグッズなどの情報共有がしやすいといったこともあります。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索