• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • “日本一稼ぐキャバ嬢”エンリケの仕事論、引退まで導いたのは「18歳で買ったカルティエ150万のネックレス」

“日本一稼ぐキャバ嬢”エンリケの仕事論、引退まで導いたのは「18歳で買ったカルティエ150万のネックレス」

女性同士のトラブル、エンリケ流の解決方法は「納得するまで話す」

――キャバクラで働く女性とのコミュニケーショについて聞きたいんですが、エンリケさんのInstagramのストーリーを見ていると、色々なキャバ嬢さんが引退のお祝いに来ていらっしゃる。女性同士バチバチしているのかなというイメージも勝手にあったんですが、エンリケさんの周りはぶっちゃけどうだったんですか?
【エンリケ】いや、キャバ嬢の友達は、持ちつ持たれつな存在。常に協力し合ってきましたね。インフルエンザ以外は律儀にお見舞いも行ってましたし。お祝いごとがあるときも、どんなに遠くても駆けつけてから、出勤してたので。場所が福岡だろうが大阪だろうが、忙しくても、時間は作るものだと思っていたので。行動力は高かったと思いますね。その子のバースデーも、何カ月も前からスケジュールに入れて、予定を明けていた。その関係性は重視していましたね。

――同じお店で働く、同僚の女性たちに対してはどうですか?
【エンリケ】店の女の子には、頑張ってくれたらお小遣いのチップをあげたりとか、お祝いごとがあったら個人的にプレゼントをあげたりとか、ご飯いって話を聞いたりとか。そうやってコミュニケーションをとっていましたね。自分中心ではなく、周りのことも自分事として心配したり考えたりはしていたかな。後輩から、相談しやすいと言われたことはあります。“先輩”とか“ナンバーワン”っていう感覚では見られていなくて。尊敬というよりは、懐いてくれていた感じかな。

――慕われる、優しい先輩だったんですね。
【エンリケ】逆に、お店に来てくださった女性のお客様に、後輩の女の子が指摘されていましたよ。「え、そんな態度とっていいの? エンリケ様だよ? わかってんの?」って。それを聞いて、思わず笑ってしまいました。良い意味でも悪い意味でも、壁はそんなに無かったかなと思いますね。

――逆にキャスト同士でトラブルが起きたら、エンリケさんはどう介入するんですか?
【エンリケ】私、けっこうおせっかいなので、間に入って無理矢理解決させてしまいます(笑)。まず最初にするのは、お互いの言い分をよく聞くこと。最初に一人を呼び出して「何がイヤだったの?」「それはあかん、ムカつくよね〜」って話を聞くんです。実は別の場所に揉めてるもう一方の子も待機させておいて、タイミングを見て呼び出す(笑)。その場で納得できるまで話して、納得できたところで「明日からまたよろしく」って戻ります。

――どうしてそういう対処をするようになったんですか?
【エンリケ】昔からなんですよ、もともと。男の子同士でケンカしているところにも、飛び込んでいくような子どもだったので。「なんでケンカしてんの? やめなよ」って、私が殴られそうになったわ(笑)。何も考えずに、いっちゃうんですよね。

――今のエピソードを聞いて、今一緒に働いているスタッフさんとも素敵な関係を築かれているんだろうなと思いました。最後に、経営者として今後目指していきたいことをお聞かせください。
【エンリケ】今は、エステやシャンパンバーの事業もスタートしたばかりで、スタッフみんなで力を合わせて頑張ってこうねって言ってます。将来は、上場できる会社を目指したいんですよ。今一緒に働いている人は、私のインスタで募集したんですけど、みんな根性がすわっていてめげない人ばかり。こじんまりと始まって、サービスも高級ではないし、内装もそんなに豪華ではないかもしれないけど、着実に成功を積み重ねて、徐々に店舗も増やしていきたいですね。
YouTube「エンリケ空間チャンネル」(外部サイト)に先日投稿された、キャバ嬢引退後の仕事や会社経営について赤裸々に語られた動画。そのほかにもYouTubeにはファッション、メイク、旅行、ルームツアー、買い物密着など、エンリケさんのライフスタイルが分かる幅広い動画が投稿されています。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索