• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 「パンツ何色…?」昭和の迷惑電話描いた漫画が話題 シュールな作品描く作者が語る“ギャグ4コマ”の魅力

「パンツ何色…?」昭和の迷惑電話描いた漫画が話題 シュールな作品描く作者が語る“ギャグ4コマ”の魅力

 「へへへ…いま何色のパンツ履いてるの…?」昭和のにおいのするワードからはじまるギャグ4コマがたくさんのいいねを集めている。黒電話の時代に、実際にこんな迷惑電話が存在したんだとか。この漫画の作者のマヌケナナマケモノさん(@ManukeNamake1)は、ほかにも『勇者』などのシュールなギャグ4コマを代表作に持つ。「普段は学生」と話す彼に、SNSで笑いを生み出すための“創造”の源泉や、ギャグ漫画を描き続けることの難しさについて聞いた。

強みはキャラや舞台を固定していないこと「オチに合わせた舞台や登場人物を勝手に作れるので楽なんです」

  • わんぱくクン!

    わんぱくクン!

――SNSで作品を公開するようになったきっかけを教えてください。

【マヌケナナマケモノさん】1年前、自堕落な生活を送る自分をふと自虐したくなって、『わんぱくクン!』という4コマ漫画を描いて載せたのが始まりです。

――マヌケナナマケモノさんがアップする漫画はシチュエーションもバラバラで主人公もいませんが、作品のテーマはあるのでしょうか?

【マヌケナナマケモノさん】テーマ…難しいですね。「作品を通してこれを表現したい!」というようなものはあまりなくて、ただ自分がなんとなくおもしろいと思ったものを漫画にしているだけです。シュール系ギャグ漫画ではあると思います。

――創造表現をする上で気を付けていることはありますか?

【マヌケナナマケモノさん】それもあんまりないですね。強いて挙げるなら、読みやすいと思ってもらえるように心がけているくらい。セリフをできるだけ少なくして、見た目もシンプルにまとめています。

ギャグの仕入れ先は自分の部屋 「孤独や退屈が閃きの種になる」

――ちなみに漫画のギャグのネタの着想はどこから…?

【マヌケナナマケモノさん】自分の部屋の中をずっとウロウロしていると、たまにおもしろいことを思いつくので、それを元にネタ作りをしています。孤独であればあるほど、退屈であればあるほど良いネタが作れる気がします。

――4コマ漫画を描く上で影響を受けた作品や作家さんはいますか?

【マヌケナナマケモノさん】過去にネットで見たシュールな4コマ漫画から強い影響を受けています。最近読んだ漫画だと『ピューと吹く!ジャガー』(うすた京介著)、『ギャグマンガ日和』(増田こうすけ著)が好きで、作家さんだと藤岡拓太郎さんやサレンダー橋本さんからも影響を受けていると思います。

――やはり小さい頃からギャグ系の漫画がお好きだったのでしょうか?

【マヌケナナマケモノさん】そうですね。今思い返すと小さい頃からギャグ漫画を描いていました。むしろギャグ系以外の漫画は描いたことがなくて。「たまには真面目な漫画も描いてみようかな?」と思うこともあるのですが、それは照れくさいというか、自分の柄ではないので結局描かないまま今の状態に至ります。
――漫画をSNSで発信するペースはどれくらいの頻度で?

【マヌケナナマケモノさん】基本的に2〜3日に1本のペースでアップしています。でもあくまで趣味なので、明確に決めているわけじゃないです。気まぐれで1日に3本漫画を描くときもあれば、1週間何にも描かないときもあります。1本の漫画を描くのにかかる時間はだいたい1時間くらいかな?

――漫画を2〜3日に1本アップするとなると、ある意味“大量生産”にも通ずると感じます。クリエイティブな“大量生産”における難しさとはどう向き合っていますか?

【マヌケナナマケモノさん】大量に漫画を描くとなるとやはりネタを考えるのが大変ですね。ネタが浮かばない時は無理に描こうとせず、浮かぶまで待ちます。僕の場合は趣味でやっているだけなので楽ですが、もしこれが仕事なら締め切りがあるので精神的にしんどそうだなと思います。

クオリティを安定させるのが1つの目標 Twitterだからこそのデメリットも

――今はTwitterメインで活動されていますが、SNSで作品を公開する上で感じたメリット・デメリットは?

【マヌケナナマケモノさん】漫画を手軽にアップロードできるのがメリットですね。また、読むのも手軽なのでバズればいろんな人に漫画を読んでもらえます。しかしその「バズる」というのが大変で、コツコツフォロワーを増やさないとなかなかバズれないのがデメリットかなぁと思います。

――フォロワーからのコメントや評価は気にしていますか?

【マヌケナナマケモノさん】気にします。最初はおもしろいと思って手を付けても、描いているうちに何がおもしろいのか分らなくなってくることがあるんです。だから作品を実際にアップしてから頂くコメントを見て「あっ、これは自分以外には刺さらないんだ」「こういうのがウケるんだ」というのを分析しています。コメントを参考にしながら、次の作品に生かさせてもらっています。

  • 何色

    何色

――SNS上でのやりとりで特に思い出深いコメントがあれば教えてください。

【マヌケナナマケモノさん】あるフォロワーの方から「ナマケモノさんの漫画のおかげで日々バイトを頑張れます」と言ってもらえたことが嬉しかったです。最初のうちは自己満足で漫画を描いていたのですが、このコメントを貰ってからは少しだけ読者を意識するようになりました。

――今まで公開した作品で1番反応の良かった漫画は?

【マヌケナナマケモノさん】冒頭でも取り上げていただいた『何色』という4コマ漫画が1番いいねをいただいたと思います。3コマ目で変態の機微を上手に表現できたことが、ウケた要因なのかなと考えています。あとリプライ欄にぶら下げた過去の作品も伸びたので、それとの相乗効果もあるのかなと。

――最後にマヌケナナマケモノさんのこれからの目標についてお聞かせください!

【マヌケナナマケモノさん】こうしてギャグ漫画を描いていますが、僕自身は漫画に詳しくないので、もっと勉強しようかなと思います。
マヌケナナマケモノさんTwitter:@ManukeNamake1

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索