• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • ライフ
  • ロバート馬場、お米へのこだわりはお笑い以上? 注目「炊飯器」のご飯を食べ比べ

ロバート馬場、お米へのこだわりはお笑い以上? 注目「炊飯器」のご飯を食べ比べ

お笑いトリオ・ロバートのメンバーとしてお笑いだけでなく、近年では“料理芸人”として食の分野でも活躍する馬場裕之

お笑いトリオ・ロバートの馬場裕之

芸人なのに料理の腕前は“プロ級”

 お笑いトリオ・ロバートのメンバーとしてお笑いだけでなく、近年では“料理芸人”として食の分野でも活躍する馬場裕之(以下、馬場)さん。料理への情熱は「お笑い以上?」とも言われ、『ロバート馬場ちゃんの毎日毎日おいしい本』(KADOKAWA)といった書籍の出版や、農作物の栽培を通じて食への造詣を深めている。実際、日本人の主食であるお米への関心は非常に高く、白米を美味しく炊き上げる炊飯器への“強いこだわり”をTV番組でアピールし話題にも。そこで今回、一方ならぬ“炊飯器愛”を持つ馬場さんに、「いま気になっている炊飯器」を聞き、その食べ比べをしてもらった。

農業体験を通じてお米と炊飯器へのこだわりが倍増

農業活性化支援員として仙台市太白区坪沼地区に農地を借り受けお米を生産。写真:本人提供

農業活性化支援員として仙台市太白区坪沼地区に農地を借り受けお米を生産。写真:本人提供

 そもそも馬場さんがお米に強く関心を持ったのは、TV番組の仕事がきっかけだったという。「仕事で地方に行った時にお米を作る過程を知る・観る機会がありまして、それを機にお米への関心が強くなりました」と振り返る。
  • 馬場さんが自宅のベランダで育てた『バケツ稲』の様子。写真:本人提供

    馬場さんが自宅のベランダで育てた『バケツ稲』の様子。写真:本人提供

 それ以来、自宅で稲の生育を体験できる『バケツ稲』に挑戦したこともあるのだそう。「バケツ稲はスズメに食べられちゃいましたが(笑)。たった一束を作るだけでも苦労はひとしおで、 農家の方々の苦労を少しだけ体験できました」

 あと、鋳物ホーロー鍋のバーミキュラがブームの際、TV番組の企画で製造会社におじゃますることになって、その製造過程を知って“炊飯器の性能”に対して興味が出たんです。機能を知っていると知らないとでは、ご飯の味も全然違いますから」と、お米と炊飯器の話題に対して前のめりになって語る馬場さん。「もともと、昔の炊飯器みたいにアツアツに炊けちゃうようなご飯が好きなんですが、お米や炊飯器のことを詳しく知ると、どんどん興味が沸いてきちゃって(笑)」と笑った。

「銘柄炊き」から「カロリー計算」まで多彩な機能

  • 炊飯器の多彩な機能に驚く馬場さん

    炊飯器の多彩な機能に驚く馬場さん

 そんな馬場さんに、「いま気になっている炊飯器」で炊いたお米の食べ比べをしてもらった。まずは、アイリスオーヤマの炊飯器で一杯。これは7月に出た新商品で、「カロリー計算、銘柄炊きなど機能が豊富。業界でも初の水量を自動計測する機能も付いているみたいで、ちょっと気になっていました」と馬場さん。「見た感じでわかりますよね。お米がつやつやしている。お米を入れたら自動的に水量が決まるんですね。確かに水加減が絶妙だなと思いました。固すぎず柔らかすぎず、本当に粒が立っている感じなので、お米の粒感というか“もっちり感”を強く感じられます。粘り気もちゃんとあるし。炊いた僕が上手いのではなく、炊飯器が絶妙にやってくれていますね(笑)」

お米の種類に応じて炊き分ける「銘柄炊き」に興味津々

お米の種類に応じて炊き分ける「銘柄炊き」に興味津々

 続けて「カロリー計算をしてくれるのはイマドキの機能かな。あと、おむすびやカレーなど、メニューに合わせて炊き方を選択できる『こだわり炊き分け』機能も気になります。料理をする側からすると、おにぎり用、カレー用などで使いたいご飯って違ったりするので、炊飯器におまかせできるのは助かります」
  • アイリスオーヤマ 銘柄量り炊き圧力IHジャー炊飯器

    アイリスオーヤマ 銘柄量り炊き圧力IHジャー炊飯器

<ロバート馬場の推しポイント>
★カロリー計算や炊飯モードが豊富なので、用途別にお任せしたい人にオススメ!
★お米の“粒感”や“もっちり感”にこだわりがある人にとってはたまらないはず!
アイリスオーヤマ 銘柄量り炊き圧力IHジャー炊飯器
https://www.irisohyama.co.jp/okome-kaden/rc-ia30/

「かまど炊き」で美味しさと時短を両立

「このアツアツ感がたまらない」とご満悦な馬場さん

「このアツアツ感がたまらない」とご満悦な馬場さん

 続いては、東芝ライフスタイルの炊飯器で炊いたご飯。「真空保温で40時間保温が可能なので、僕みたいな一人暮らしには頼もしい炊飯器。何度も炊く手間が省ける点も嬉しい」と力説する馬場さん。「真空炊きによって甘みが増す効果もあるようなんですが、そもそも真空炊きって何だ?って気になっていたので、試食できて嬉しい」と満足気。
  • 一人暮らしの馬場さんは「時短」の魅力をアピール

    一人暮らしの馬場さんは「時短」の魅力をアピール

 「美味しいですね。ふっくらで柔らかい感じがある。これは、“真空”の吸水力がごはんをふっくら甘くするようです。だから、お米の中まで水分が入っている感じがします。それに、粒も残っていて粘り気もちゃんとある。というか、噛まなくても甘みが口の中で広がるというか。真空炊きによって短い時間でここまで吸水しているので、ご飯に潤いがあるのかなって感じます。しかも、実際に炊いてみてビックリしたのが、かまど炊きによる強い火力で一気に炊き上げるため、早炊きモードじゃないのに炊けるのが早い!これなら家事の時短にもなって大助かりですね」
  • 東芝 RC-10ZWM-W 真空圧力IH炊飯器

    東芝 RC-10ZWM-W 真空圧力IH炊飯器

<ロバート馬場の推しポイント>
★早炊きモードじゃなくても炊けるのが早い!“時短家事”にもピッタリです。
★真空炊きで“かまど炊き”の技法を再現していて、お米本来の旨味と潤いを感じられます。
東芝 RC-10ZWM-W 真空圧力IH炊飯器
https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/living/rice_cookers/10zwm/

「土鍋パワー」でお米のポテンシャルを最大限発揮

お米のポテンシャルを引き出す土鍋パワーを解説

お米のポテンシャルを引き出す土鍋パワーを解説

 3つめはタイガー魔法瓶製炊飯器のご飯を食べ比べ。こちらは、金属鍋ではなかなか難しい最高温度280度の高温で炊き上げる炊飯器である点に注目した様子。「炊き立てのアツアツのご飯で育っているので、高温で炊き上げる機能がめっちゃ気になってました(笑)」と馬場さんも嬉しそう。
  • 「このふっくら感、伝わりますか?」と笑顔の馬場さん

    「このふっくら感、伝わりますか?」と笑顔の馬場さん

 「これは、お米の粒が際立ってますね。甘味も感じるし、お米自体の保温性も高い気がします。あと、ふっくら炊きあがっているのも、土鍋の遠赤外線効果」と解説。また、「土鍋は一粒ひと粒に熱を加えられるから、粒感はもちろん、粘りもあって香りも強い」とコメント。さらに、炊く際に説明書を読み込んだ馬場さんは、土鍋の保温効果にも着目。「これは一人暮らしにはポイント高いです。毎食きっちり食べきるのは難しいから、保温状態で美味しさを保ってくれるのは助かります」と、一切ボケなしで3台の炊飯器と真剣に対峙した馬場さん。
  • タイガー魔法瓶 炊きたて 土鍋ご泡火炊き 土鍋圧力IH炊飯ジャー

    タイガー魔法瓶 炊きたて 土鍋ご泡火炊き 土鍋圧力IH炊飯ジャー

<ロバート馬場の推しポイント>
★土鍋タイプだから長時間保温していてもずっと美味しい!僕みたいな一人暮らしの強い味方です。
★土鍋の遠赤効果がお米の濃厚な甘みと香りを引き出してくれます。
タイガー魔法瓶 炊きたて 土鍋ご泡火炊き 土鍋圧力IH炊飯ジャー
https://www.tiger.jp/product/ricecooker/JPG-S.html

ロバート馬場流、美味しい炊き方ポイント

 炊飯器に一家言ある馬場さんによると、「美味しい炊き方」のポイントというものは実は少なくて、「古米ならはちみつを入れるといいとか言われていますが、それよりも、基本的なことをキッチリやることです」とアドバイスも。
  • 普段、ご飯を炊く際に氷を入れることもあるそう

    普段、ご飯を炊く際に氷を入れることもあるそう

 「お米を炊く水をアルカリイオン水に変えるとか、氷を入れて炊くとか…もちろん、そういうテクニックも大事ですが、それ以前に、お米はシンプルに炊いても美味しいということを知ることです。ちゃんと浸水させて、早炊きをしないということを面倒くさがらずにちゃんとやる。これさえやっておけば、あとは炊飯器が美味しく炊いてくれますから(笑)」。
取材・文:鴇田崇 撮影:田中達晃
馬場裕之
福岡県北九州市出身。お笑いトリオ・ロバートのメンバー。近年は個人として料理の腕が注目され料理本の出版も。イベント、メディアにも多数出演中。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索