• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • ビューティ
  • 【整形シンデレラ】整形を決意した“いじめ”、ウーパールーパーと言われ「せめて人間になりたかった」

【整形シンデレラ】整形を決意した“いじめ”、ウーパールーパーと言われ「せめて人間になりたかった」

 『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)で放送されて大きな反響を呼んだ公開美容整形オーディション『整形シンデレラ』。第3回目となる2017年のファイナリストで、その後、恋愛バラエティー『恋んトス〜season8~』(Paravi/TBS系)にウララとして出演して話題となったのが小豆畑うららさんだ。整形をきっかけに人生が変わった彼女に、子どものころ経験した“いじめ”や、整形前後の心境の変化、番組出演の反響、今後の夢など“過去と未来”について話を聞いた。

顔に点数をつけ、ひねくれていた性格「私が一番整形すべきところは心だった」

――整形をしたいと思うようになったのはいつ頃、どのようなきっかけですか?
小豆畑うらら 小学生の5、6年の頃から、いじめがきっかけで整形に興味を持ちました。当時、親友だと思っていた子が盗撮した写真に、ブス、キモい、死ねと書かれたり、「ウーパールーパー」などと言われるようになったことから、せめて人間になりたくて整形したいと思うようになりました。

――整形するまで悩みを解決しようと意識したことや実践したことはありますか?
小豆畑うらら 一番は化粧です。私の中で化粧はもはや第2の顔、又は仮面でした。自分のノッペリした顔立ちをできるだけ隠すために付けまつげを2枚重ねにしたりして隠していました。

――当時、自分のコンプレックスとはどのように向き合っていたのでしょうか。
小豆畑うらら 半ば諦めていたので、向き合う事すらしませんでした。自分の顔に点数をつけたり、他人様のお顔にも点数をつけていたりと、すごくひねくれていたんです。

――そして、『整形シンデレラオーディション』への挑戦。『整形シンデレラ』に選ばれることで、どのように変わりたいと思っていましたか?
小豆畑うらら ひねくれた部分だったり、物事が上手くいかないことを顔のせいにしたりするところを変えたいなと思っていました。私が一番整形すべきところは心だったんです。

――審査が進めば、本名や整形前の写真、整形の過程を公開することになりますが抵抗はなかったですか?
小豆畑うらら 自分を変えたい一心で応募しました。今、顔の事で悩んでる人が、私を見て勇気が出たりしてくれれば良いなと思っていましたし、私の顔が良くなるなら…と、抵抗は全くありませんでした。

友人からは丸くなったねと言われるほど、人に対して優しくなれました

――整形することになって、ご家族や友人など誰かに相談されましたか?
小豆畑うらら 育ててくれた叔母さんに相談しましたが、やはり最初は整形に反対派でした。多分、整形した後はやって良かったねって思ってくれてると思います。友人は、整形前に「今のうららの顔も好きだよ」とも言ってくれましたし、昔の顔の話になると、「今でも昔もどちらもうららはうららだよ」と言ってくれます。

――では実際に整形してみて、どのような変化がありましたか。
小豆畑うらら 外見は目鼻立ちがすっきりした印象になり、自分に合うアイシャドウや薄化粧にも挑戦してみたり、髪型をガラッと変えたりとたくさん挑戦できましたね。ふと見る鏡も怖くなくなりました。人の視線も前は気になっていたのですが、今は気にならないです。自信がついて、友人からは丸くなったねと言われるほど、人に対して優しくなれました。

――整形したことで内面にも変化があったんですね。
小豆畑うらら そうですね。整形前よりもひねくれた考えがなくなりました。人を外見で判断しなくなったので人付き合いもとても楽しくなりましたし。また、私が整形シンデレラに選ばれたということは、誰かが選ばれなかったということなので、その人たちの分まで頑張ろうと思えました。

――あれから整形手術を考えることはありますか?
小豆畑うらら やはりもっとこうした方がよかったかな、と考える事は少しあります。ですが、私の場合はあと少し痩せれば劇的に変わると思っているので、今は整形をやりたいとあまり思っていません。

専門学校を中退して臨んだ恋愛番組「人生であれまでに純粋な恋愛は初めて」

――昨年は『恋んトス〜season8〜』にも出演されました。出演しようと思ったのはなぜでしょうか?
小豆畑うらら 綺麗になって生まれ変わった自分で、キラキラした純粋な恋愛をしたいと思ったからです。整形前は顔のせいにして、恋愛に関してこじらせてきた部分があったので…

――整形をはじめ、今までの人生についての赤裸々なカミングアウトが印象的でしたが…。
小豆畑うらら 魅力を発揮するには、自分の全てをさらけ出してからかな、と思ったんです。

――公開後は様々な反響があったかと思います。番組出演の経験はどのように受け止めていますか?
小豆畑うらら 批判もありましたが、出演してとても良かったと思います。最初は、周りがモデルさんやキラキラしている方ばかりに囲まれて劣等感を感じてしまったんでしょうね。でも、後半からは何も思わなくなりました(笑)。メンバーはみんな優しかったです。

――番組とはいえ、出演者の皆さん本気の恋愛だったようですね。
小豆畑うらら 人生であれまでに純粋な恋愛は初めてでした。番組のロケが長期間だったため、留年してしまうと決まってしまって…当時通っていた専門学校を中退しました。そこまでして、本気で恋愛しに行っていました。今はまた、恋がしたいと思っています。

――最後に、これからやりたいことや将来考えていることを教えてください。
小豆畑うらら 子どもの支援をしたいと思いっています。NPO法人を設立し、虐待やいじめで困っている子ども達のために、施設のような所とは別の、第2のあたたかい家を作りたいです。子どもは親が育てるのが当たり前と思われていますが、私はそうは思いません。今の時代こそ地域密着型で、大人たちが子どもを育てていくのが当たり前になるといいなと思います。
【INFORMATION】
◆整形シンデレラオーディション
「綺麗になりたい」「悩みを解消したい」「人生を変えたい」そんな夢の実現を、湘南美容クリニックが応援する『整形シンデレラオーディション』。外見を変えることだけでなく、1年間かけて行われるオーディションのなかで合宿やレッスン、他者とのコミュニケーションを通して内面も美しく成長できようにサポートする。
→第5回「整形シンデレラオーディション」応募受付中(外部サイト) 

『整形シンデレラオーディション』第3回ファイナリスト 小豆畑うららさんフォトギャラリー

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!