• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 美人大学職員が“筋肉女子”になったワケ、意外なデメリット「食後のアレ」も告白

美人大学職員が“筋肉女子”になったワケ、意外なデメリット「食後のアレ」も告白

  • 左・スイーツを食べる渡辺さん 右・大会で鍛えた美ボディを披露する渡辺さん

    左・スイーツを食べる渡辺さん 右・大会で鍛えた美ボディを披露する渡辺さん

 近年、トレーニングで引き締まった美ボディを目指す「美筋女子」が増加。その成果を競うボディコンテストも盛況だ。そこで今回、昨年開催されたボディコンテスト『サマースタイルアワード横浜大会』のクラス別部門で2位に輝いた美筋美女・渡辺美桜さんにインタビュー。大学職員として働く彼女がトレーニングに目覚めたきっかけ、ボディメイクの魅力を聞いた。

トレーニングを始める前は、「細い=良いこと」だと思ってた

  • ジムへは週3日ほど通うそう。

    ジムへは週3日ほど通うそう。

  • 2017「ベストボディジャパン京都大会」優勝後の打ち上げにて。

    2017「ベストボディジャパン京都大会」優勝後の打ち上げにて。

――昨年は『サマースタイルアワード横浜大会』をはじめ、数々の美ボディコンテストに出場、上位入賞を果たされましたが、周りの反響はいかがでしたか?

【渡辺さん】 日々トレーニングをする中で、何か目標になるものが欲しかったのと、もともと目立ちたがり屋というのがあって(笑)出場を決めました。家族や友人、職場へもコンテストに出ることは事前に伝えていたのですが、まさか入賞するとは思っていなかったようで驚いていましたね。大学職員として勤務していますが、ダイエットやトレーニングの相談を受けることが多くなりました(笑)。

――会場でステージを拝見しましたが、圧巻のパフォーマンスでした。

【渡辺さん】 嬉しいです、ありがとうございます。フィットネスの大会なので、女性らしさのなかにも健康的ではつらつとした印象のステージングを目指しました。肩とお尻のトレーニングをがんばってきたので、審査ではそこをしっかりとアピールしました。
  • 「SSA×SPORTEC GRAND PRIX2018」出場時の渡辺さん

    「SSA×SPORTEC GRAND PRIX2018」出場時の渡辺さん

  • 「SSA×SPORTEC GRAND PRIX2018」出場時の渡辺さん

    「SSA×SPORTEC GRAND PRIX2018」出場時の渡辺さん

――筋トレに目覚めたのはダイエットがきっかけとうかがいました。

【渡辺さん】 30歳を過ぎた頃から太りやすくなって。でも食事は我慢したくないから(笑)、それなら運動しよう!と思ってジムに入会しました。有酸素運動をたくさんして体重は減ったのですが、全然かっこいい身体にならなくてこれはおかしいぞ、と。そこでやっと筋トレが必要だと気付いたんです。実は今のほうが体重は重いです(笑)。ジムに通い始めた3年前は53〜55kg。今は58kg前後です。でも、ボディラインは今のほうが断然いい!以前は、体重は軽くても皮下脂肪が多いメリハリのない身体でした。

――痩せる予定がまさかの体重増加だったんですね。でも、今はそれがちょうどいい、と。その心境の変化はやはりトレーニングによるものですか?

【渡辺さん】 そうだと思います。トレーニングを始める前は、「細い=良いこと」と無意識に思っていましたし、常に体重を気にしていました。食事や栄養に関する知識も乏しかったので、無茶なダイエットをしたこともあります。でも今は、「体重」にはこだわってないですし、コンテストのコンディションとは程通い“ぽっちゃり”の時期も、アリだなーと思えるんです。自分の身体が好きになりましたね。それは、純粋に身体が良くなったからという理由だけでなく、毎日自分と向き合って、手をかけてトレーニングしているからこそ沸いた愛着だと思います。

筋肉女子の意外なデメリットは…食後が汗だく!

  • 引き締まったウエスト!

    引き締まったウエスト!

  • 神々しいバックショット!

    神々しいバックショット!

――理想のボディはどんなスタイルですか?

【渡辺さん】 モノキニがほんとうに大好き!なので、モノキニを美しく着こなせるボディが理想です。具体的には、肩とお尻はしっかりとボリュームがあって、ウエストがシェイプされている女性らしい身体です。

――そんなメリハリボディを目指して、週どのくらいトレーニングを?

【渡辺さん】 ウエイトトレーニング(筋トレ)をするのは週3回です。疲労が残っていたらコンディショニングに変えたり、有酸素だけにしたり、身体の調子を見ながらトレーニングしているのでルーティンはありません。
  • ローファットのランチ。

    ローファットのランチ。

  • マッサージボールで筋肉のケア。

    マッサージボールで筋肉のケア。

――働きながら週3日のトレーニングを…好きでなければ続きませんね。

【渡辺さん】 トレーニングは積み重ねることでしか成果が出ません。筋肉をつけるのはすごく大変なのに、サボるとすぐに痩せてしまうんです。だから、小さくてもいいから毎日自分と決めた約束を守る、少しだけ自分にチャレンジしてみる。そうするとだんだん出来ることが増えて自信がついてくる。考え方や発言が前向きになるし、ごはんもおいしくなるし、身体も元気だから毎日がとっても楽しくなる。トレーニングで一番変わるのは心だと思います。ボディラインが整うのはおまけみたいなもので、もっともっと素敵なことがたくさん起こります!

――「美筋女子」になって意外なデメリットは?

【渡辺さん】 代謝が良くなって常に暑いのがつらいです(笑)。特に食後は汗だく。6月からすでにノースリーブで生活しています。

――そうなんですね(笑)。最後に、今後の目標を教えてください。

【渡辺さん】 もっともっと強くなりたい(笑)!肉体面はもちろん、まだまだ精神的な弱さを感じることが多いので、トレーニングやボディメイクを通じて心も強く美しく鍛えていきたいです。コンテスト出場は未定です。去年がコンテストラッシュだった反動か、今年はぼんやりしてて出遅れちゃいました(笑)。でも今は日々の仕事とトレーニングがとても楽しく充実しているので、しばらくは自分のペースで身体作りを楽しんでいこうかな、と思っています。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!