• ホーム
  • 芸能
  • 「副業芸人」という生き方 お笑い芸人“交差点” 兼業するのは悪なのか?

「副業芸人」という生き方 お笑い芸人“交差点” 兼業するのは悪なのか?

 バラエティ番組ではお笑い芸人たちがひな壇を賑わせ、毎年誰かしらがブレイクするのが通例。一方で、“一発屋”にもなれずに人知れず消えていく芸人たちも多いのも現実…厳しくもあり、また飽和状態のお笑い業界。そんな激しい競争の中、チャラ男芸人の慶や、カラテカの入江のようにプチブレイクで獲得した“知名度”を武器に副業で稼ぐ芸人たちが話題となっている。彼らのような、お笑い界での“上がり”を目指さず他業へシフトする芸人たちの、人生“交差点”を探る。

作家や映画監督…趣味を仕事にできるのは天下をとった者の“特権”だった

 お笑い業界はいま“大渋滞”を起こしていると言われて久しい。ビッグ3と言われるビートたけし、明石家さんま、タモリはいまだ健在であり、その下にはとんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンが控え、爆笑問題、さまぁ〜ず、くりぃむしちゅーなどの中堅どころが第一線で活躍。さらに、その下層には吉本、松竹、人力舎といった大手芸能養成所から排出される膨大な数の新人芸人たち…。この構造は、言わば上が“詰まった状態”であると言える。そんな中、「芸人だけで食っていく時代は終わった!?」と判断したのか、副業をウリにする芸人が増加傾向にある。

 かつては芸人がお笑い以外の“副業”をするのは、功成り名を遂げた芸人たちのいわば“特権”だった。ビッグ3のビートたけしは1984年、北野武名義で自らの少年時代を描いた自伝的エッセイ集『たけしくん、ハイ!』を発表し大ヒット。NHKで実写ドラマ化もされ、それまで“毒ガス”だったたけしの才能が社会的にも認知される契機ともなり、後の北野映画へとつながっていく。

 また、ダウンタウン・松本人志も、94年に『遺書』を発表すると250万部の大ベストセラーとなり、翌年発表された『松本』(200万部)とも併せ、95年度のベストセラー1位・2位を独占。そしてこのあたりから、お笑い芸人たちが“お笑い以外”のことを手掛けても、正当に評価される時代がはじまったのである。

 とは言え、芸人がお笑い以外のこと、例えば自分がオーナーとなって飲食店経営や芸術家っぽい活動に手を出すと、「とうとう芸だけでは食えなくなったか?」、「気取ったことをして、もう本業は上がりか?」などと言われ、長らくマイナスイメージがあったのも事実。

芸人だけど“安定”も欲しい!? 才能の「見切り力」も成功要因の1つに

 しかし、前述のように上は詰まりっぱなし、下からは若手が輩出され続けるという閉塞感の中、もはや“一発当てる”ことさえ難しい状況。自身の芸のプラスアルファにもなる“副業”に励む芸人、あるいは自身の実力に一定の「見切り」をつけ、副業に専念することで生活の安定を求めるのは、自然の成り行きとも言える。

 かつて『エンタの神様』(日本テレビ系)などでプチブレイクした“チャラ男系芸人”の慶は、『エンタ』終了後は仕事が激減。しかし、趣味でもあったパチスロ関係の仕事の依頼が入りはじめ、今ではパチスロライターとして月収60〜70万円を得ているという。さらに「安定感がほしい」ということで、プチブレイク時代の貯蓄をキャバクラやボーイズバーなどの開業を目指す事業主に出資。「失敗したら出資金は返ってこない」というリスクの中で出資金をすべて2年以内に回収。今では月に50万円ほどの“不労所得”もあるという。

 また、芸人の副業と言えばカラテカの入江慎也も有名。かねてより合コンやナンパ活動の回数がハンパじゃなく、酒席などで拡大した友人関係のネットワークの異常な広さが知られており、『使える!人脈力「友だち5000人芸人」が実践する50の習慣』を出版するほど。最近ではその“人脈力”を買われ、企業の講演会に呼ばれたり、顧問になったりもしている。さらに「イリエコネクション」という自身の会社も設立し、今では月収280万円ほどを得ているようだ(芸人としての月収は18万円)。

成功前に副業に走る“逆転現象”も 「漫才だけじゃ子どもを養えない…」芸人の厳しい現実

 こうした例が特別かと言えばそうでもない。過去においても品川庄司・品川祐が“映画監督”をしたり、文学系で言えば麒麟・田村裕の『ホームレス中学生』、劇団ひとりの『陰日向に咲く』の大ヒット、アンジャッシュ・渡部建も“食レポ”本で名を上げるなど、枚挙に暇がない。彼らはある程度の知名度を獲得してからの副業活動ではあるが、中堅どころでも“芸人+α”の能力が成功へのひとつの道となっている。

 DJ業でも活躍するお笑いコンビ・ダイノジの大谷ノブ彦も、かつて自身が担当するネット配信番組『よしログ』で「芸人だけの仕事、いわゆる地方の営業、劇場の漫才だけじゃ多分俺たち、ぶっちゃけ子どもを養えない…ギリギリアウトかな?」と赤裸々に告白。その解決策として「サッカーに詳しい芸人とか、スポーツコンテンツで、そこが一番仕事ある人がどんどん増えてきてる。俺はそれで全然いいと思う。漫才続けることを目的にしたら、(副業を)選んでいくのはアリだと思う」と、“芸人+α”を推奨している。

 芸人一筋の生き方にこだわるのも“美学”だが、芸人渋滞が起きている昨今、トップに昇り詰めることに「見切り」をつけ、安定した副業・副収入を得ることで好きなお笑いを続ける…そんな安定志向もひとつの生き方なのだ。

 実際、副業が話題になってTV番組に呼ばれるという逆転現象=相乗効果も起きている。今やそれくらいの柔軟性とフットワークを持ち合わせていなければ、お笑い界では生き残れない時代。“働き方改革”が叫ばれている昨今、現代社会に生きる我々にとっても、決して無関係な話ではないのかもしれない。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!