• ホーム
  • スポーツ
  • 平昌五輪「良かったキャスター」ランキング、松岡修造と織田信成のテレ朝組が1、2位独占

平昌五輪「良かったキャスター」ランキング、松岡修造と織田信成のテレ朝組が1、2位独占

  • (左から)松岡修造、織田信成、荒川静香(C)ORICON NewS inc./(C)ORICON ME inc.

    (左から)松岡修造、織田信成、荒川静香(C)ORICON NewS inc./(C)ORICON ME inc.

 先日、無事に閉幕した2018平昌冬季五輪。今回もアナウンサー、タレント、元五輪メダリストなど、バラエティ豊かなキャスター、レポーターたちが17日間の熱戦を伝え、大会を大いに盛り上げた。ORICON NEWSでは「平昌五輪で良かったキャスター、レポーター、MC」について、10代から50代のユーザー男女1,000人に意識調査。元アスリートの3人が上位を独占する結果となった。

松岡修造&織田信成コンビに荒川静香と、元アスリート組がTOP3

  • 1位を獲得した松岡修造

    1位の松岡修造、熱さと気遣いが人気(C)ORICON NewS inc.

 1位に輝いたのは、テレビ朝日でメインキャスターを務めた松岡修造。年代別で見ると、特に30代からの支持が高かった。ユーザーからは、「女子フィギュアの宮原知子選手への声のかけ方が他のリポーターとは違い、良かった」(宮城県/10代/女性)、「常に選手目線でしっかりと勉強もしてるので、真摯なインタビューに好感が持てる」(大阪府/30代/男性)、「熱いだけではなく、選手への気遣いや思いも伝わるレポート」(北海道/40代/女性)などの声が寄せられた。もともと“熱血”のイメージが強かった松岡だが、ただ“熱い”だけではなく、「選手への気遣い」「解説のわかりやすさ」などが人気のポイントになったようだ。
  • 2位にランクインした織田信成

    2位の織田信成、涙に共感した視聴者多数(C)ORICON ME inc.

 2位は、その松岡とコンビを組んだ織田信成。特に20代からの支持が高かった。よく泣くキャラクターとして知られているが、「男子フィギュアスケートで金・銀メダルを獲得した際の号泣に好感が持てた」(愛知県/40代/男性)、「羽生結弦選手と宇野昌磨選手が金・銀をとったときの涙に、こっちまで泣けてきた」(北海道/10代/女性)など、彼の涙を好意的にとらえる意見が多かった。また「選手のことを思いやった、優しい目線の発言が多いから」(石川県/20代/女性)との声も多数。さらに「松岡修造とセットで大好き。この2人のテンションで元気が出る」(熊本県/20代/女性)など、松岡&織田のテレ朝コンビは非常に人気が高かった。
  • 3位の荒川静香は冷静な解説が高評価(C)ORICON NewS inc.

    3位の荒川静香は冷静な解説が高評価(C)ORICON NewS inc.

 3位は、冬季五輪で3大会連続のキャスターを務めた荒川静香。ユーザーからは「冷静で落ち着いていて、専門的な解説が聞けるのも良かった」(熊本県/30代/女性)、「ハキハキしていて心地いい。彼女のフィギュアの経験もプラスに働き、良かった」(神奈川県/40代/男性)、「特にフィギュアにおける的確な解説がとてもわかりやすかった」(埼玉県/50代/男性)との声が。“情熱的”な上位2人とは違い、“冷静”な語り口で“的確”な解説をする点が彼女の人気の秘密。年代別では、40〜50代と比較的高めの年齢層に受け入れられているのも特徴的だ。

櫻井翔と中居正広は、羽生選手・宇野選手へのインタビューが高評価

 4位は、6大会連続で五輪キャスターを務めた櫻井翔。世代別では、特に10代に人気が高かった。「あくまで主役は選手だという一歩引いた感じがとても良かった」(兵庫県/20代/男性)、「選手をリスペクトし、これまでの“キャスター”や“嵐”としての自身の経験を踏まえながらのインタビューやレポートが素晴らしかった。羽生選手、宇野選手へのインタビューが特に良く、桝太一アナ、荒川さんとのコンビも爽やか」(東京都/30代/男性)、「羽生選手に質問する姿が真摯で素敵だった」(東京都/10代/女性)など、特に羽生選手、宇野選手に対するインタビューを評価する声は多かった。

 5位は、五輪キャスターとしては8大会連続となった中居正広。その豊富な経験値に裏付けされた安定感は抜群で、「スポーツだとどうしても専門的な話も多いけど、見ている私たちにもわかりやすく説明してくれるし、選手の良さをすごく引き出してる」(愛知県/10代/女性)、「選手の緊張を和らげるようなインタビュー」(愛知県/30代/男性)、「羽生選手と宇野選手とのインタビューでは、内容も良く、2人ともすごく自然で話しやすそうだった。またメダルを取った選手だけでなく、思うような結果が出なかった選手のこともちゃんと触れていて、素晴らしいと思った」(徳島県/30代/女性)と高評価を得た。

 6位以下は、上村愛子、安住紳一郎、上田晋也、杉浦友紀、高橋大輔と続いている。ユーザーのコメントを見てみると、選手に対する気配り、思いやり、的確な解説、人間味あふれるコメント、そして本人のキャラクターなどがキャスターの人気を決定づける要因となっているようだ。

 次なる舞台は、2020年の東京五輪。果たして、どんなキャスターが登場してくるのか? 出場する選手以外に、こちらも楽しみのひとつと言えるだろう。
(文:水野幸則)

「平昌五輪で良かったキャスター、レポーター、MC」ランキング総合TOP10

松岡修造

  • 選手のことをよく知り、選手からも信頼を得ているから、良いインタビューができている (千葉県/10代/女性)
  • 独自の観点で選手の違う面を聞き、盛り上げた(広島県/40代/男性)
  • 織田信成さんとのコンビが面白かった (東京都/50代/男性)

松岡修造

1

織田信成

  • 心から選手を応援しているのが伝わってきた(静岡県/10代/女性)
  • 視聴者と同じ気持ちで観ている感じが好印象(大阪府/20代/女性)
  • 解説がわかりやすい。松岡さんと良いコンビ(東京都/30代/女性)

織田信成

2

荒川静香

  • 元・金メダリストらしいわかりやすい解説 (神奈川県/20代/男性)
  • 冷静な分析力。選手の調子をよく見ていた (東京都/50代/男性)
  • 他国の選手の良い面も表現する姿勢に好感 (埼玉県/50代/女性)

荒川静香

3

櫻井翔

  • わかりやすく誠実な印象(兵庫県/10代/女性)
  • 宇野選手の伝えたいことを丁寧に聞いていた (広島県/20代/女性)
  • 羽生選手との対談が好印象(奈良県/50代/男性)

4

中居正広

  • 中居さんの前だと、選手ではなく一個人として答えているように見えた(山形県/20代/女性)
  • インタビューが他と違い面白い(北海道/20代/男性)
  • 選手の素を引き出すのが上手(神奈川県/40代/女性)

5

上村愛子

  • 聞いていて心地が良かった(愛知県/20代/女性)
  • 専門外の競技にも的確なコメント(愛知県/30代/男性)
  • あと一歩でメダルを逃したからこそ発言に重みや真実味がある(静岡県/40代/男性)

6

安住紳一郎

  • ユーモアも交えつつ、テキパキしたインタビューが良かった(石川県/20代/女性)
  • 羽生選手への配慮ある言葉が好印象(東京都/30代/女性)
  • 選手のフォローも完璧(愛知県/40代/女性)

7

上田晋也

  • 選手を褒めつつイジッて面白かった(愛知県/10代/女性)
  • 芸人ならではの話術で選手の笑顔を引き出すインタビューが良かった(岡山県/20代/女性)
  • 他のキャスターにはない切り口だった(島根県/50代/女性)

8

杉浦友紀

  • 落ち着いたアナウンスで安心(北海道/30代/男性)
  • しゃべりがしっかりしていた(千葉県/40代/女性)
  • 五輪の顔。安心、安定感は抜群(東京都/50代/男性)

9

高橋大輔

  • 点数の解説が理解しやすかった(熊本県/30代/女性)
  • 元五輪選手であり、解説が的確(岡山県/40代/男性)
  • 優しい人柄の良さが出ていた(東京都/50代/女性)

10

10代から50代 世代別ランキングはこちら
【調査概要】
調査時期:2018年2月20日(火)〜2月26日(月)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

【オリコンランキングご利用上のご注意】
オリコンランキング(売上枚数のデータ等、オリコンのあらゆるデータ、ランキング)の著作権その他の権利はオリコンに帰属しております。WEBサイト(PC、ブログ、携帯電話等)や電子メール、雑誌等の紙媒体等、いかなるメディアにおきましても、オリコンランキングを無断で掲載するといった行為は固く禁じております。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!