ドラマ&映画 カテゴリ

【受賞インタビュー】脚本家・大石静氏が語る『大恋愛』「見る人をこんなに幸せにするコンビはいない」

本来は多用できないラブシーンのサジ加減が難しかった

――今作の脚本は、悩んで苦しみながら書いたとうかがいました。
大石静脚本を書くのは、いつも苦しいです(笑)。

――脚本を書き進めるうえで、手応えを感じたポイントなどはありますか?
大石静セリフはしゃべり言葉なので、みなさんに“名セリフ”と言っていただけるようなものも、わりと意識せずに出てくるんです。なので、このセリフが書けたからというきっかけのようなものはありません。プロデューサーから打ち合わせで誉められたり、視聴者にウケたりした時はそうなんだなと思いますが、自分で「いいセリフを書いた」なんて自画自賛することはほぼないです。評価は後からついて来るものですから。ポイントを挙げるとすれば、戸田恵梨香さんとムロツヨシさんのコンビが決まったときです。これは斬新だなと思いました。

――演じる俳優によって役のセリフが変わってくるんですね。
大石静同じセリフを書いても、もしムロさんの役が別の役者さんだったら、見え方がまったく違います。だから、何度も言いますが、戸田さん、ムロさんという驚きのカップルがキャスティングできた時に、これはいけるかもしれないと手応えを感じました。助演男優賞はなぜムロさんじゃないんでしょうか(笑)。ホント無念!

――今作では、ムロさん、松岡昌宏さんなど俳優としての新しい一面が見えていたと思います。
大石静私が書いたドラマで、俳優さんの新しい面が見えたら、脚本家冥利に尽きます。ただ、この人をこう書いてやろうという傲慢な気持ちはないです。引き受けてくれたことに感謝しながら書いていますから。今作では、戸田&ムロコンビの撮影を見ていると、ラブラブなシーンが本当にかわいらしくて。ラブシーンはあまり多用すると視聴者がシラけてしまうので、サジ加減が難しいのですが、ラブラブなシーンが見る人をこんなに幸せにするコンビはいないと思ったので、今回は思いっ切り多用しました。老若男女みんな、恋をしたいと思えるようなドラマになったと思います。

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索