ドラマ&映画 カテゴリ

「アベンジャーズを辞めたい男」――“ヒーロー”か“父親”か…人間味あふれる『ホークアイ』が愛される理由

最新作『ホークアイ』場面カット (C)2021 Marvel

最新作『ホークアイ』場面カット (C)2021 Marvel

 これまでさまざまなヒーローを生み出してきたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)。なかでも、スーパーパワーを持たず、数々の作品で存在感を発揮するアベンジャーズ創設メンバーのホークアイ(クリント・バートン)は、長年ファンから愛されてきたヒーローだ。彼の最大の魅力は、皆を守るヒーローとして戦いながらも、家族を大切にしたい…という使命感と家族への愛情の狭間で葛藤する“人間らしさ”。そんな彼にフィーチャーした最新作『ホークアイ』がディズニープラスで独占配信中。ここでは、そんな異色のアベンジャーズメンバーであるホークアイの魅力に迫る。

多彩な弓技にくぎ付け、「スーパーパワー」を持たないヒーローの活躍

弓の名手・ホークアイ 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より(C)2021 Marvel

多彩な弓技を繰り広げるホークアイ『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 ディズニープラスで配信中 (C)2021 Marvel

 ホークアイの初登場は、『マイティ・ソー』(2011年)。ニック・フューリー率いる国際平和維持組織S.H.I.E.L.Dのトップエージェントとして登場する。雨の中、鋭い視線で弓を構えるその佇まいは、その一瞬で“ただものではない感”を印象付けた。

 彼の武器は、追随を許さない“神級”の弓技。超人的なスーパーパワーを持たずともアベンジャーズの主力メンバーとして活躍する。『アベンジャーズ』(2012年)では、地球制服を目論むロキによって洗脳され、一時は意のままに操られてしまうなか、アイアンマンやキャプテン・アメリカらを相手に、弓を使った多彩な攻撃を仕掛け、とことん彼らを追い詰めた。

 超人だらけのアベンジャーズを翻弄したホークアイだが、洗脳が解けると一転、ヒーローとしての熱い思いを胸に戦いに加わる。アクロバティックな戦闘を繰り広げ、遠距離・近距離問わず次々と敵を射止める頼もしい姿は、ファンに「ホークアイここにあり」を強く印象づけた。

家族を思うあまり“闇落ち”? “父親”か“ヒーロー”か、苦悩する姿に共感

3人の子どもとニューヨーク旅行を楽しむ (C)2021 Marvel

3人の子どもとニューヨーク旅行を楽しむ 『ホークアイ』より(C)2021 Marvel

  • ホークアイが家族と『アベンジャーズ』 ト:(C)2021 Marvel(2012)を題材としたミュージカルを観劇するシーンも

    子どもたちと”アベンジャーズ”のミュージカルを観劇するシーンも登場 『ホークアイ』より(C)2021 Marvel

 また、ホークアイを語る上で欠くことができないのが「家族思い」な一面だ。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)では、家庭を愛するごく普通の父親であることが判明する。

 強敵ヴィラン・ウルトロンの攻撃を交わすため、一時的に自身の自宅を提供したホークアイ。そこには愛する妻と子どもとの幸せな家庭を大切にする、父親としての優しい眼差しがあった。彼はヒーローとして世界を守ると同時に、「家族と平和に過ごしたい」という純粋な思いを持つ父親なのだ。“ヒーロー”と“父親”という二刀流のために葛藤する人間味溢れる姿は、多くのファンの心をつかんだ。決戦前、妻に「これで最後だ」と告げるシーンは、彼の苦悩が痛いほど伝わってくる名シーンだ。

 この言葉通り、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)では、ヒーロー業の一線から退いていたホークアイ。しかし、方向性の違いによってアベンジャーズが対立したことから、盟友であるキャプテン・アメリカの依頼を受け、戦いに復帰を果たす。ファンにとっては嬉しいホークアイの参戦だが、一方で「最後だと言っていたのに、家庭は大丈夫なの?」というファンの声が挙がるのも、彼ならではといえるだろう。

家族を失ったショック、”ローニン”となり悪党を懲らしめるホークアイ (C)2021 Marvel

家族を失ったショックで、闇落ちし”ローニン”となったことも 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ディズニープラスで配信中(C)2021 Marvel

 さらに彼の家族愛が強く表れるのが『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年、以下「エンドゲーム」)だ。最凶のヴィラン・サノスによって全宇宙の生命の半数が消し去られてしまうなか、ホークアイの家族も一瞬にして“消失”してしまう。あまりのショックに打ちひしがれた彼は、闇落ちし全身黒づくめの“ローニン”として悪党を抹殺する日々を送るのだ。

 その後、ブラック・ウィドウの説得によって、アベンジャーズに復帰。宿敵サノスを倒し、家族との再会を果たす。最新作『ホークアイ』では、ようやく家族との幸せな日々を手にし、楽しいクリスマスを迎えようとした矢先、“ローニン”時代の出来事にもかかわる大事件に巻き込まれてしまう。「アベンジャーズを辞めたい」のに、またもや戦いに挑むことになってしまった苦悩のホークアイの姿が描かれる。

危機が迫るときこそユーモアで仲間を鼓舞、“大人の魅力”にも注目

『ホークアイ』場面カット(C)2021 Marvel

『ホークアイ』場面カット(C)2021 Marvel

 さらにホークアイは、そのキャラクターでもファンを魅了する。普段はクールながら、他のメンバーが狼狽えている時こそユーモアを忘れずチャーミングな一面を見せるギャップは、大人の魅力に溢れている。『マイティ・ソー』での登場シーンでは、前述したように誇り高く弓を構える姿を見せる一方、ソーの暴れっぷりを見て「ヤツのことを気に入ってきた」とニヤリと笑う可愛らしさをうかがわせた。

 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でも、そんな彼の魅力を発揮。ウルトロンと戦う原因を作ったワンダ・マキシモフは戦いのなか、自分を責め続ける。そんな彼女にホークアイは戦うことが自分の使命であることを渋く伝える一方で、街が浮くという未曾有の事態に自分が弓一本で挑む状況を、ユーモアを交えながら話し勇気を与える。この2人の掛け合いは、MCUのなかでも名シーンに挙げる人が多いほど、ホークアイの魅力が堪能できる。

 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ではブラック・ウィドウとの戦いで、つい手を抜いてしまい、ワンダから「本気を出して!」と突っ込まれたり、ブラックパンサーとの戦闘では、自己紹介したものの雑に扱われてしまったりと、なんとも言えない可愛らしさも、彼が愛されキャラである所以だろう。

 最新作『ホークアイ』でも、“アベンジャーズを辞めたい”ホークアイが、“アベンジャーズになりたい”22歳の弓の達人ケイト・ビショップという新キャラクターと共闘していくなか、熱くそしてユーモアたっぷりのやり取りが大きな見どころの一つとなっている。
ホークアイ登場作品はココからチェック!(外部サイト)

初登場! アベンジャーズになりたい、新ヒーロー候補ケイト・ビショップも大活躍 『ホークアイ』第1&2話の見どころを紹介

新キャラ、ケイト・ビショップ 幼少期の出来事をきっかけにホークアイに憧れている

新キャラ、ケイト・ビショップ 幼少期の出来事をきっかけにホークアイに憧れている 『ホークアイ』より(C)2021 Marvel

  • キービジュアル (C)2021 Marvel

    キービジュアル (C)2021 Marvel

 物語の舞台はニューヨーク。戦いから離れ、平穏なクリスマスを家族と過ごしたいと願っているホークアイは、3人の子どもたちと“アベンジャーズ”を題材にしたミュージカルを観劇したり、ディナーを楽しんだりとホリデームードを満喫している。

 世界を救ったアベンジャーズのヒーローとして、人々から感謝と憧れの言葉を掛けられるホークアイ。一方で「エンドゲーム」で闇落ちしたホークアイの姿“ローニン”は、世間では正体不明ながら悪名高い存在として知れ渡っていた――。

 そしてクリスマスまであと6日となったとき、“ローニン”時代にかかわる事件が勃発。自らの過去の過ちへの責任感から、家族の元を一時離れて戦いに挑む中で、若き弓の名手ケイト・ビショップに出会い、共に解決へ挑んでいく…。

 ケイトは幼い頃、『アベンジャーズ』でのロキによるNY襲撃時に、ホークアイの矢に命を救われ、それ以降彼に憧れを抱き続けてきた。ちょっと自信家な一面もあるが、確かな弓の実力を持ち、聡明で正義感に溢れる、“アベンジャーズになりたい”若きヒーロー候補だ。憧れのホークアイに出会った際には、興奮と緊張を隠せないチャーミングな一面ものぞかせた。

(C)2021 Marvel

目が離せない、でこぼこ師弟コンビ 『ホークアイ』より(C)2021 Marvel

  • ケイト・ビショップが身にまとうのは”ローニン”の衣装!? (C)2021 Marvel

    ケイトが身にまとうのは”ローニン”の衣装!? 『ホークアイ』より(C)2021 Marvel

 そして、そんなケイトとホークアイの関係性からは目が離せなくなっている。ホークアイとの出会いに喜びを隠せず積極的に協力しようとするケイトに対し、ホークアイはケイトの前向きさにちょっと戸惑いつつも、危なっかしい彼女をつい心配し、まるで父親のような優しさや厳しさ、そして時にユーモアを交えて接していく。

 「アベンジャーズを辞めたい」ホークアイと、「アベンジャーズになりたい」ケイト。そんな正反対な凸凹コンビのやり取りはとてもテンポが良く、観ていてニンマリとしてしまうシーンも盛りだくさん。MCUの新たなコンビ誕生を期待させる2人の、息の合った弓技アクションにも注目だ。クリスマスまで残された日はあとわずか…果たして、襲い来る敵を切り抜け、クリスマスに家族と過ごすことはできるのか!?
最新作『ホークアイ』はココからチェック!(外部サイト)
※ディズニープラスにて独占配信中
Sponsored by ディズニープラス

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索