ドラマ&映画 カテゴリ

【ディズニープラス】2021年10月配信ラインナップ

(C)2021 Disney and its related entities

10月27日より新ブランド「スター」が登場

 10 月27 日より新ブランド「スター」が加わることにより、これまでのディズニープラスにはなかった作品群――ディズニー・テレビジョン・スタジオ(ABCSignature と20 thテレビジョン)、FXプロダクションズ、20世紀スタジオ、サーチライト・ピクチャーズなどの制作スタジオが手掛ける数多くの映画やドラマシリーズがラインアップに加わることになる。

 アカデミー賞作品賞受賞『ノマドランド』をはじめとする最新映画、『デッドプール』、『プリティ・ウーマン』、『タイタニック』、『プラダを着た悪魔』などの名作や大ヒット映画の数々、『ウォーキング・デッド』最終シーズンを含めた全シーズン、『glee/グリー』、『24 -TWENTY FOUR-』、『9-1-1: LONE STAR』などの大人気海外ドラマも見られるようになる。

 さらにここだけでしか観られないスター オリジナル作品には、セレーナ・ゴメス主演の話題作『マーダーズ・イン・ビルディング』、人気映画のスピンオフ『Love, ヴィクター』。そして、サイエンス・フィクション クラシックの金字塔で初のシリーズ作品『エイリアン(原題)』、ジェームズ・クラベルの人気小説をテレビドラマ化し1980年にアメリカで大ヒットした『ショーグン(原題)』など、期待作を新たに制作中。また、日本のトップクリエイターと協力した国内向けタイトルの制作も予定している。

 ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズの作品が見放題で見られるのはディズニープラスだけだったのに加えて、それ以外の話題作も楽しめるようになるのだから、ある意味最強だ。

注目のオリジナル作品が次々登場

『ホークアイ』『ミス・マーベル(原題)』(C) 2021 Marvel 『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)』『オビ=ワン・ケノービ(原題)』(C) 2021 Lucasfilm Ltd. 『ピーター・パン&ウェンディ(原題)』『ズートピア+(原題)』(C) 2021 Disney

『ホークアイ』『ミス・マーベル(原題)』(C) 2021 Marvel 『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)』『オビ=ワン・ケノービ(原題)』(C) 2021 Lucasfilm Ltd. 『ピーター・パン&ウェンディ(原題)』『ズートピア+(原題)』(C) 2021 Disney

 ディズニープラスの最強とも言えるウリは、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの映画やシリーズが見放題で楽しめること。この秋以降、この5つのブランドもさらに新タイトルが追加される。

 まずは、『ロキ』の最終話の記憶がまだ新しいマーベル・スタジオから最新ドラマが登場。アベンジャーズのメンバー、ホークアイの活躍を描いた『ホークアイ』がついに11 月24 日日米同時配信。さらに、11月には、クリスマス映画の定番『ホーム・アローン』を新たにディズニープラスオリジナルとして制作した最新作『ホーム・スイート・ホーム・アローン(原題)』が登場。

 12 月にはスター・ウォーズから最新シリーズ『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)』が配信開始となる。さらに、ユアン・マクレガーが伝説的かつ象徴的なジェダイ・マスターを演じるルーカスフィルム最新ドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ(原題)』、ディズニーから、ジュード・ロウがフック船長を演じる最新作『ピーター・パン&ウェンディ(原題)』、人気アニメーション映画『ズートピア』の短編シリーズ『ズートピア+(原題)』などがすでに発表され、今後も続々と期待作が登場する。
  • 『ホークアイ』(C) 2021 Marvel

    『ホークアイ』(C) 2021 Marvel

  • 『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)』(C) 2021 Lucasfilm Ltd.

    『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)』(C) 2021 Lucasfilm Ltd.

「スター」 日本のドラマが初登場 『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』

(C)2021 Disney and its related entities. (C)TBS

(C)2021 Disney and its related entities. (C)TBS

 2021年7月期にTBS系列で放送された日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』が、「スター」で配信されることが決定。日本のドラマとして初めてディズニーが世界へ配信することとなる。

 鈴木亮平主演の同ドラマは、最新の医療機器とオペ室を搭載した走る手術室“ERカー”で事故・災害・事件現場に駆けつけ、重症患者を救い出す最強の<救命救急チーム>の姿を描く医療ヒューマンドラマ。

 「TOKYO MER」の使命は、“一人も死者を出さないこと”。鈴木演じる主人公の喜多見幸太は、「待っているだけじゃ、救えない命がある」という強い信念で、どんなに危険な現場でも瀕死の患者の元に飛び込み、自らの命の危険を顧みず勇猛果敢に突き進む。罠を仕掛けてMERの解体を目論む厚生労働省、その密命を背負った厚労省官僚で医師でもある音羽尚(賀来賢人)、MERの活躍で支持を伸ばし、女性初の総理の座を狙う都知事の赤塚梓(石田ゆり子)。さまざまな人間の思いが交錯する中で、今日も「TOKYO MER」は目の前の命を救うため、危険な現場へと真っ先に駆けつける。

 ほかに、循環器外科で研修中ながらMERチームを兼務するよう命じられた研修医・弦巻比奈役の中条あやみ、さらに菜々緒や仲里依紗などが出演。今もなお、患者のため新型コロナウイルス感染症との闘いを続ける献身的で勇気ある医療従事者の方々、そしてさまざまな困難に立ち向かうすべての人々に元気とエールを送る。

■鈴木亮平のコメント
 『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』がディズニープラスのスターで配信されると聞き、大好きな「アベンジャーズ」や「トイ・ストーリー」などの作品と並べることをとてもうれしく思っています。この作品が、今後、世界に配信されより多くの方にご覧いただけることに期待が膨らみ、ワクワクしています。

PlayStation 5/4 をはじめとするゲーム機器に対応

 「スター」の提供開始にあわせて、対応デバイスが拡大され新たにるゲーム機器でも視聴できるようになる。これまでのスマートフォン、タブレット、PC、テレビ、スマートテレビ、ストリーミングデバイスに加え、新たにPlayStation 5/PlayStation4(※)、Xbox などのゲーム機が追加され、対応デバイスが拡大される(ダウンロードは最大10台まで登録可能/同時視聴は4台まで可能)。さらに、機能面では、動画品質を高める4K UHDの映像提供と、5.1チャンネル、およびドルビーアトモス対応のオーディオ機器で、コンテンツをより大迫力で楽しむことができる(対応機器、対象作品のみ提供)。

 入会方法や決済方法も拡大。これまでのドコモショップやMy docomoなどによる入会に加え、クレジットカードもしくはPayPalでのWEB入会、Apple App Store、Google Play ストア、Amazon アプリストアからも入会可能となる。ディズニープラスは、月額990円(税込)の定額制で、Apple App Store 経由で入会の場合は月額1000 円(税込)となる。なお、ドコモショップやMy docomo などによる入会の場合は、11月1日より月額990円(税込)の新価格が適用される。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索