ドラマ&映画 カテゴリ

『モンスターズ・ワーク』を楽しむための3つのポイント

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」に、ディズニープラス オリジナル アニメーションシリーズ『モンスターズ・ワーク』(全10話)が登場。7月9日(金)に第1話と第2話を一挙配信。第3話以降は毎週金曜日に順次配信開始となる。

『モンスターズ・ワーク』とは?

 世界中で大ヒットを記録した映画『モンスターズ・インク』。その翌日から始まる物語。マイクとサリーは、なんと“モンスターズ・インク”の経営者に! 新生モンスターズ・インクで、一流の「笑わせ屋」を目指す若きモンスターたちの“仕事ぶり”を描く。
ポイント(1)縁の下の力持ち! 社員を守る“MIFT”とは?

 モンスターズ・インクで働くのは、“笑わせ屋”だけじゃない。社内の施設チーム「モンスターズ・インク・ファシリティ・チーム」、通称「MIFT」。実はモンスターズ・インク創設時からある、歴史のある部署。大切な機械が壊れた時に緊急出動してチームのみんなを守るなど、決して会社の花形部署ではないけれど、あらゆる社員をサポートする縁の下の力持ちだ。まるで日本のドラマ『ショムニ』のように、会社では目立たない彼らがさまざまなドラマを巻き起こす。

ポイント(2)どん底から起死回生を狙う主人公と彼を支えるユニークな仲間たち

 不遇な境遇にもめげず前向きに頑張る姿に応援したくなる、本作の主人公タイラーと、会社では目立たないけれど、クセの強さならピカイチなMIFTのメンバーを紹介

ポイント(3)サリーとマイクも登場

 『モンスターズ・ワーク』には、シリーズおなじみのキャラクター、サリーとマイクも登場。前作では“怖がらせ屋”のエースだったサリーと、彼のサポート役だったマイクがモンスターズ・インクの社長に!?

タイラー・タスクモン : 優秀な“怖がらせ屋”志望から一転、“笑わせ屋”を目指す新人

 最恐の“怖がらせ屋”を目指してモンスターズ・ユニバーシティを主席で卒業。ずっと夢だったモンスターズ・インクから“怖がらせ屋”としての採用通知が来て、タイラーの人生は順風満帆に思えたが、入社1日目にして彼の人生計画は崩れ去ってしまう。なんと、入社する前日に「悲鳴」より「笑い」のエネルギーの方が何倍も価値があると発覚。タイラーは無事笑いの才能を開花させ、会社の花形として“笑わせ屋”になることが出来るのか!?

ヴァル・リトル : MIFTの盛り上げ役! フレンドリーで気さくなムードメーカー

 タイラーと出会った際にも満面の笑みで迎えてくれ、常に上機嫌。MIFTのみんなからは愛される性格だが、タイラーからは少々疎まれてしまう…。実はモンスターズ・ユニバーシティを中退し、路上で販売員をしたり、ヨガのインストラクターをしてみたり、紆余曲折な過去を持っている。

フリッツ:自称“チームのNO.1ボス” おっちょこちょいな部長

 まんまるフィルムが特徴的なモンスター。ボスだからと言って偉そうなところは全くなく、新入社員のタイラーに「パパと呼んでくれ!」と言ったり、入社祝いのプレゼントとして名前入りのレンチをくれるなど親しみやすくて優しい人柄。一方でタイラーの母親を口説こうとするなど、おちゃめすぎる一面も。

カッター: ルールは絶対! MIFTの姉御! おせっかいな合理主義者

 カッターはサバサバ系でつっこみ役のクモ型モンスター。フリッツやヴァルがふざけすぎた時は鋭いつっこみで彼らを諫める。冷静沈着な姉御肌で頼りになる一方、ちょいちょい挟まれるブラックジョークにタイラーはタジタジに…。

ダンカン:ずる賢くマウントとりがちな“次期部長?

 人は彼を部長代理と呼ぶ…。ダンカンは、そんな呼び名に嫌気がさして、虎視眈々と次期部長の座を狙っているクセのあるモンスター。その熱量はすさまじく、入社初日のタイラーを部長の座を狙うライバルだと勝手に認識し、別室に呼び出して「お前を監視しているからな…」と脅すほど。だがボスであるフリッツのことを嫌っているわけではなく、仕事中は素直に彼の言うことを聞く、意外と真面目な社員。

サリー:“怖がらせ屋”からモンスターズインクの社長に!?

 前作では“怖がらせ屋”として社内のエースだったサリー。けれど今作では「笑い」のエネルギー発見の功績が認められたおかげで、冒頭でロズに呼び出され、いきなり社長に就任! モンスターズ・インクの経営を任されることになる。さらに、実はタイラーを“怖がらせ屋”として推薦したのはサリーだと分かり…。サリーとタイラーの関係がどう変化していくのかも、今後注目したいところ。

マイク:サポート役から一転、“笑わせ屋”のエースに!?

 前作では“怖がらせ屋”エースのサリーをずっとサポートして、女房役に徹していたマイク。しかし「悲鳴」より「笑い」のエネルギーが大事にされることとなった今、マイクもモンスターズ・インクの共同経営者に! 前作から続くエネルギー不足を解決するため、不眠不休で子どもたちを笑わせ、さらには社内のコメディ講座の講師まで。しかし無茶な働き方がたたってしまい…。

新アニメーションシリーズ 『モンスターズ・ワーク』

 笑いは未来だ―― 新生モンスターズ・インク、いざ始動!

 ロズの命令でサリーとマイクが新社長になった新生モンスターズ・インクの日々を描く。サリーやマイクらおなじみのメンバーに加え、モンスターズ・ユニバーシティを首席で卒業し、怖がらせ屋に憧れて入社したのに負け犬部署に配属された新入社員タイラーを筆頭に、新キャラクターが続々登場する。今度の物語はチームプレイが魅力。恐怖から笑いに転化した社内でどんな騒動が巻き起こるのか?

 新アニメーションシリーズ『モンスターズ・ワーク』はディズニープラスにて7月9日(金)より独占配信。

(C)2021 Disney

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索