• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 「お父さんは“毒”を作っているの?」葉たばこ農家の苦悩、禁煙社会の逆風の中でも“枯れぬ誇り”

「お父さんは“毒”を作っているの?」葉たばこ農家の苦悩、禁煙社会の逆風の中でも“枯れぬ誇り”

 5月31日は世界禁煙デー。日本でも、喫煙に関する規制は年々強化され、増税による価格の上昇もあり、たばこの消費量は年々減少。今後も先細りしていくであろうことは確かだ。非喫煙者にしてみれば喜ばしい社会とも言えるが、一方でそんな嫌われ者のたばこにも、国内にはほかの作物と同様に生産者はいる。たばこに対する風当たりが強まり、時にバッシングにさらされることもある葉たばこ栽培に従事する農家は、いま何を感じているのか? 葉たばこが“日本の田舎”を支えてきた背景など、沖縄の葉たばこ農家に4月に取材を行い、生の声を聞いた。

ここ10年で生産量も4分の1に…減少する葉たばこ農家

  • 沖縄の葉たばこ農家、(左から)伊禮(いれい)安則さんと山城晴紀さん

    沖縄の葉たばこ農家、(左から)伊禮(いれい)安則さんと山城晴紀さん

 日本で、喫煙者人口(20〜64歳)がピークに達したのは、1996年から1998年ころ。そこまで増加していたたばこの販売数量も、1998年末の「たばこ特別税」創設以降、減少の一途をたどっている。厚生労働省による『成人喫煙率』(厚生労働省国民健康・栄養調査/2019年)によると、習慣的に喫煙している人の割合は16.7%(男性27.1%、女性7.6%)。ここ10年ほどでも大きく減少しており、喫煙者はもはやマイノリティと言える存在となった。

 2019年以降も、度重なる増税、2020年4月に全面施行された改正健康増進法などにより、喫煙者はさらに減少していると見られる。この動きに連動して、たばこの原料である「葉たばこ」の生産量は、2005年が4万6800トン、2020年が1万3700トンと、15年で4分の1ほどに減少。栽培する耕作面積は、1万9200ヘクタールから6200ヘクタールに、農家数は1万5000人から4400人にと、大きく目減りしている。

 喫煙者人口に比例して縮小し続ける葉たばこ農業だが、意外にもその分布は北海道以南の全国にかなりの数が分散しており、沖縄やその離島にも多い。

「そこまで嫌うのか…」、排除されるたばこを作り続けるジレンマ

 伊禮(いれい)安則さん(57歳)と山城晴紀さん(32歳)は、沖縄県糸満市で葉たばこ栽培に従事する農家。ベテランの伊禮さんは、葉たばこ農家となって24年目。若手の山城さんは7年前から栽培に従事しており、それぞれ当初は別の会社勤めをしていたものの、親の跡を継ぐ形で葉たばこ農家となった。現在のたばこを取り巻く状況については、伊禮さん、山城さんともに、やはり「不安はある」と語る。

 「たばこだけが病気の元凶と言われたり、吸った後30分はエレベーターに乗ってはいけないと貼り紙をされていたり。ちょっとやり過ぎではないかなと思うし、そこまで嫌うのか…という気持ちはあります。以前、学校で『たばこは毒だ』と教わってきた自分の子どもから、『お父さんは毒を作っているの?』と言われ、なんとも言えない気持ちになりました」(伊禮さん)

 「こんな状況で、たばこ農家を続けていて大丈夫か?という思いはあります。自分の子どもが大人になる10年後には、一体どうなっているのか。やる気があるなら継いでほしいですが、たばこを取り巻く状況がどうなっているかわかりませんよね」(山城さん)

台風に後継者不足も…、容易ではない葉たばこ栽培

 葉たばこの栽培には、畑づくりに始まり、ビニールハウス内での育苗、畑への植え替え、機械や手作業での栽培管理、収穫などの行程がある。さらに沖縄県南部では、農家自身で乾燥作業も行っている。短期集中型で、管理作業をしながら収穫も行うなど手間のかかる作業も多く、ちょっと目を離したすきに葉が熟しすぎてしまうと使い物にならなくなる。専用の機械が必要なこともあり、代々で受け継がれている場合が多いそうだ。

 また、沖縄という場所がら、「台風で葉や茎が折れることもあり、気象によっては生育にかかわる。以前、5月に台風が発生したときは、育てていた葉たばこが全滅してしまったこともありました」(伊禮さん)と、栽培の苦労を明かす。

 現在、195人の葉たばこ農家がいる沖縄県。他の地方に比べ、大規模農家が多く、働き手も若いと言われている。とはいえ、県南部(糸満市と八重瀬町)でも、もともと22人いた農家は7名に減少。「後継者不足もあり、年々減っていっている」(伊禮さん)という。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索