ドラマ&映画 カテゴリ

韓国ドラマファンが本気でオススメしたい名作 『梨泰院クラス』の次はコレ!【俳優編】

3.【チ・チャンウク】

1987年生まれの33歳。2008年に映画『スリーピングビューティー』で本格デビュー。これまでにドラマ17本、映画5本に出演しています(※)。またミュージカルもこれまでに7本出演し、美しい歌声も人気です。※公式サイトより(外部サイト)

『あやしいパートナー 〜Destiny Lovers〜』(2017年)

全てが完璧ながら冷血なエリート検事ノ・ジウク(チ・チャンウクさん)が、冤罪事件に巻き込まれた司法修習生のウン・ボンヒ(ナム・ジヒョンさん)を助けたことから始まる法廷ラブコメディ。2人が弁護士事務所のパートナーとなって恋に仕事に名コンビっぷりを発揮します。
「ラブコメだけではなくサスペンス要素も強くて、ストーリー展開が気持ちいいです」と、法廷が舞台ならではのコメントに加え、「チ・チャンウクがかっこいいし、ナム・ジヒョンは本当にかわいくて釘付けでした」と美男美女の共演も見どころです。

『都会の男女の恋愛法』(2020年)

チ・チャンウクさん演じる建築家・パク・ジェウォンとキム・ジウォンさん演じるイ・ウノら、都会の男女6人のリアルな恋愛を描くドラマ。インタビュー形式でそれぞれの恋愛観を語るドキュメンタリーのように始まる同作は、各々の視点から感じる恋愛模様を斬新に描いています。「1話が約30分くらいなので見やすい」と韓国ドラマとしては短めなので気軽に見始めることができます。
「チャンウクが安定にかっこいい&キムジウォン可愛すぎます!」と出演者へのコメントに加えて、「リアルな感じがあってドキッとします」、「私生活をのぞいているような身近さを感じられる内容です」、「リアリティーショーが好きな人はハマりそう」と、斬新な演出が話題となっています。

4.【イ・ミンホ】

イ・ミンホさんは1987年生まれの33歳。これまでドラマ11本、映画4本に出演しています(※)。2009年のドラマ『花より男子〜Boys Over Flowers』で道明寺司(韓国名:ク・ジュンピョ)を演じ、トップスターの仲間入りを果たしました。※公式サイトより(外部サイト)

『相続者たち』(2013年)

美男美女の豪華共演の学園青春ラブロマンス。御曹司で何不自由ない生活を送っているように見えるが、愛人の子と疎まれ、逃げるようにアメリカへ留学、空虚な日々を送っていたキム・タンをイ・ミンホさんが、幼い頃から苦労続きだったチャ・ウンサンをパク・シネさんが演じています
“韓国版花男”といわれる本作は、「恋愛、兄弟愛、家族愛、男の友情などが描かれています」、「若者たちの葛藤が描かれてて見ごたえがあった」と学園モノの中でさまざまな要素が織りなすストーリーになっており、身分違いの二人の恋の行方に胸キュン必至のラブストーリーです。

『青い海の伝説』(2016年)

絶滅寸前の人魚シムチョン(チョン・ジヒョンさん)が天才詐欺師ホ・ジュンジェ(イ・ミンホさん)に出会い、人間の世界を少しずつ理解していきます。純粋で無防備なシムチョンに出会ったことで、心を固く閉ざしていたジュンジェが少しずつ変わっていくというファンタジー恋愛ドラマ。過去と現在を行き来しながら切ない関係を続けていく、2人の恋の物語です。
「キャスティングはもちろん、ストーリーが面白い」と推しコメントがあった本作はCROSS GENEのシン・ウォンホさん、『オフィスの女王』のイ・ヒジュンさん、『応答せよ』シリーズのソン・ドンイルさんや『最高です!スンシンちゃん』のイ・ジフンさんなど、多彩なキャストが脇をかためています。また、脚本を『愛の不時着』のパク・ジウンさんが担当しているところも注目です。

『ザ・キング:永遠の君主』(2020年)

並行する2つの世界をつなぐ門をくぐり、別世界から現代の韓国へとやってきた若き皇帝イ・ゴン(イ・ミンホさん)と、正義感の強い刑事チョン・テウル(キム・ゴウンさん)の2人が繰り広げる、時に甘く、時に切ない異次元のロマンス・ファンタジードラマ。
「イ・ミンホの白馬に乗った姿が似合いすぎ」「イ・ミンホの皇帝役が美しくハマりすぎてる」との声や、キム・ゴウンさんには「演技に脱帽しました、一人二役全く異なる役を見事に演じ分けてた」との声など、主演2人の演技に対して絶賛の声が挙がりました。

併せて観たい!

韓国ドラマといえばコレ! キム・ゴウン出演作
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(2016年)
神の力によって“不滅の命”を生きる存在“トッケビ”(朝鮮半島の伝承で、人間に福をもたらす精霊のような存在)となってしまったキム・シンをコン・ユさん、彼を永遠の命から解き放つことができる“トッケビの花嫁”だと主張する女子高生・ウンタクをキム・ゴウンさんが演じています。

“不滅の命”の終わりを望んでいたはずのシンは、ウンタクとの出会いで心が揺らいでいきます。そんな物語に「2人の掛け合いも楽しいし、最初から最後まできゅんきゅん間違いなし」、「美しすぎて終盤はずっと泣いてました」と感動の声が集まりました。また「カナダのケベックなど、撮影場所もとてもステキで背景も見どころです」、「映像がとても綺麗でした」など映画のようなスケール感も人気で「韓国ドラマといえばトッケビ」、「韓国ドラマ好きな人なら絶対ハマります!!!」とイチオシの声が多数集まりました。

5.【チャ・ウヌ】

1997年生まれの23歳で、2014年、映画『世界で一番いとしい君へ(英語版)』にカメオ出演し、俳優デビューしました。2016年からは6人組ボーイズグループASTROのメンバーとしても活躍しています。

『私のIDはカンナム美人』(2018年)

美容整形で美しさを手に入れた主人公カン・ミレ(イム・スヒャンさん)の人生大改造ストーリーを描いた成長ラブコメディ。ドラマ初主演を飾ったチャ・ウヌさんは、男女の視線をくぎ付けにしてしまう容姿端麗なツンデレ青年ト・ギョンソクを演じ、まさにハマり役と話題になりました。
「とにかくチャ・ウヌがカッコよすぎる!」、「チャ・ウヌくんがただただ美しい」と眼福間違いなし。また、ミレへの思いを隠すことなく表現する男らしさに「最初から最後までキュンキュンされられっぱなし」、「メロメロになりました」と“チャ・ウヌ沼”にハマる人が続出しています。

『新米史官ク・ヘリョン』(2019年)

激動の朝鮮王朝時代を舞台に新米の女性史官ク・ヘリョン(シン・セギョンさん)と、一度も恋愛をしたことのない王子イ・リム(チャ・ウヌさん)の奮闘やロマンスを描く時代劇です。「『カンナム美人』とは全く違うチャ・ウヌが楽しめます」と表情豊かな演技と、色鮮やかな韓服に身を包むチャ・ウヌさんのイケメンぶりに心を奪われること間違いなしです。

併せて観たい!

シン・セギョン出演作
『それでも僕らは走り続ける』(2020年)
世界が違う主人公たちが出会い、互いを通じて成長し、影響を与え合いながら互いを愛していくロマンスドラマ。キャストも豪華で、陸上短距離の韓国代表選手キ・ソンギョムをイム・シワンさん(ZE:A)、映画翻訳家のオ・ミジュをシン・セギョンさん、スポーツエージェンシー代表でソミョングループ常務のソ・ダナをチェ・スヨンさん(少女時代)、美大生イ・ヨンファをカン・テオさん(5urprise)が演じています。
「困難を乗り越えながら進んでいく恋愛に心が洗われました」とゆったりとしたストーリーに加え、「2組のカップルが本当にほほえましかったし泣けた」、「イム・シワンとシン・セギョンのカップルがただ可愛い」、「イム・シワンのかわいさと優しいセリフが癒し」と心を落ち着けて見られるドラマです。
この他にも、コン・ユさん、ヒョンビンさん、キム・スヒョンさん、ナム・ジュヒョクさん、チャン・グンソクさんらの出演作は【作品編】で取り上げていますので、併せてご覧ください!
Fanthology!関連記事

韓国ドラマファンが本気でオススメしたい名作5選『愛の不時着』の次はコレ!【作品編】

昨年、『愛の不時着』や『梨泰院クラス』がヒットし、再注目されている韓国ドラマ。数ある作品の中で韓国ドラマファンの皆さんが本気でおすすめする作品をアンケートで募り(※)、【作品編】【俳優編】に分けて紹介します。まず今回は、作品人気が高かった5選と、併せて観たい関連作、計25作品をお届け。何から見ればいい…

江野沢愛美が全力で推したい“韓国ファッション&カルチャー” 「着るとテンションが上がる」魔法

女性ファッション雑誌『non-no』の専属モデルを務めている江野沢愛美さん。雑誌以外にもCMやファッションイベントに多数出演しつつ、近年は映画『羊とオオカミの恋と殺人』や『シライサン』に出演するなど、女優としても活躍しています。そんな彼女の“韓国好き”はファンの間では有名。韓国を訪れる際には、エリアごとにフ…

【#ファンに聞いてみた】JO1(ジェイオーワン)推しメンの『ここが推せる!』

サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から誕生し、彗星のごとくシーンに登場した11人組グローバルボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)。満を持して3月4日に発売されたデビューシングル『PROTOSTAR』は、初週32.7万枚を売り上げ、3月10日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」(3/16付:集計期…
この記事について
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
⇒この記事をオリジナルページで読む(2月17日掲載)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索