ドラマ&映画 カテゴリ

『青天を衝け』あらすじ【2021年大河ドラマ(第60作)】

『青天を衝け』ポスタービジュアル(C)NHK

『青天を衝け』ポスタービジュアル(C)NHK

第1回「栄一、目覚める」あらすじ

第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

  • 第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

    第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

  • 第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

    第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)。人一倍おしゃべりの剛情っぱりで、いつも大人を困らせていた。ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(子役・石澤柊斗)らと忍び込もうとたくらむが…。一方、江戸では、次期将軍候補とすべく、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(子役・笠松基生)を御三卿の一橋家に迎え入れる話が進んでいた。
  • 第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

    第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

  • 第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

    第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

  • 第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

    第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

  • 第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

    第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

  • 第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

    第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

第1回「栄一、目覚める」より(C)NHK

第2回「栄一、踊る」あらすじ

第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

父・市郎右衛門(小林薫)から藍の商いを、いとこ・新五郎(田辺誠一)から読書を習い始めた栄一(子役・小林優仁)。でも一番の楽しみは、村祭りで獅子舞を舞うことだ。しかし、大人の事情で祭りは中止に。がっかりした栄一だが、ある計画を思いつく。一方、一橋家の養子に入った七郎麻呂(子役・笠松基生)は、慶喜と名を改め、将軍・家慶(吉幾三)から実子のようにかわいがられていた。隠居の身の斉昭(竹中直人)は、息子を頼みの綱に政界に返り咲こうとする。そんな中、ペリー(モーリー・ロバートソン)が日本にやってくることになり…。
  • 第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

    第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

  • 第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

    第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

  • 第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

    第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

  • 第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

    第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

  • 第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

    第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

  • 第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

    第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

  • 第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

    第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

  • 第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

    第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

第2回「栄一、踊る」より(C)NHK

第3回「栄一、仕事はじめ」あらすじ

第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

市郎右衛門(小林薫)と初めて江戸へ行った栄一(吉沢亮)は、江戸の華やかさに驚くとともに、父の姿に商売の難しさを知る。その年の藍葉の不作により窮地に陥った父を助けるため、自ら藍葉の買い付けに行きたいと考える栄一だが…。一方、黒船が襲来した江戸は、大騒ぎ。家慶(吉幾三)が亡くなり、次期将軍候補に慶喜(草なぎ剛)の名が挙がるも、慶喜は反発する。そんな慶喜の腹心の部下にと、ある男に白羽の矢が立つ。
  • 第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

    第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

  • 第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

    第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

  • 第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

    第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

  • 第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

    第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

  • 第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

    第3回「栄一、仕事はじめ」より(C)NHK

第4回「栄一、怒る」あらすじ

第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

栄一(吉沢亮)は仕事にますます励み、もっとよい藍を作るにはどうしたらよいかと思い巡らせていたが、ある妙案を思いつく。一方、幕府はペリー(モーリー・ロバートソン)の再来航が迫り混乱していた。斉昭(竹中直人)は、次期将軍候補である息子・慶喜(草なぎ剛)に優秀な家臣を付けようと、変わり者の平岡円四郎(堤真一)を小姓に据える。そしてついに、日米和親条約が締結。開港のうわさは血洗島にも届き、惇忠(田辺誠一)たちはがく然とする。そんな中、父・市郎右衛門(小林薫)の名代として、多額の御用金を申し渡された栄一は、その理不尽さに、この世は何かがおかしいと感じ始める。
  • 第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

    第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

  • 第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

    第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

  • 第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

    第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

  • 第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

    第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

  • 第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

    第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

  • 第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

    第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

  • 第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

    第4回「栄一、怒る」より(C)NHK

第5回「栄一、揺れる」あらすじ

第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

惇忠(田辺誠一)に薦められた本で、清がアヘン戦争でいかに英国に敗れたかを知った栄一(吉沢亮)は、開国した日本の未来を危惧する。そんな中、栄一の姉・なか(村川絵梨)は、自身の縁談を、“相手の家に憑き物(つきもの)がいる”という迷信的な理由で伯父・宗助(平泉成)たちから反対され、ふさぎ込んでしまう。一方、幕府の方針をなおも受け入れられない斉昭(竹中直人)は暴走。老中・阿部正弘(大谷亮平)と斉昭の側近・藤田東湖(渡辺いっけい)は斉昭を必死にいさめる。そんなとき、大地震が江戸を襲う。
  • 第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

    第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

  • 第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

    第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

  • 第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

    第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

  • 第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

    第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

  • 第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

    第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

  • 第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

    第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

  • 第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

    第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

  • 第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

    第5回「栄一、揺れる」より(C)NHK

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索