• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 写真よりも写実的…制作46時間の“リアルすぎるネコ”に見る色鉛筆の魅力

写真よりも写実的…制作46時間の“リアルすぎるネコ”に見る色鉛筆の魅力

モチーフ/猫 制作・写真提供/音海はる氏

モチーフ/猫 制作・写真提供/音海はる氏

 色鉛筆を駆使し、写真以上にリアルに描いたネコが、15.8万いいねを獲得するほど話題になっている。同作を描き上げたのは、色鉛筆画家ユニット「イロドリアル」のメンバーで、個人としても色鉛筆画家として活躍中の音海はるさん。「これは本物の猫や」などと絶賛される写実的な作品を生み出した同氏に、その苦労やこだわり、さらに色鉛筆の魅力について話を聞いた。

「色鉛筆でこんな絵が描けるのか」という衝撃が制作の原点

――いつごろから、どのようなきっかけで絵を描き始めたのでしょうか?
音海はる高校2年の時に友人の描いていた写実絵を見て、自分も描いてみたくなって始めたのがきっかけです。

――画材に色鉛筆を選んだ理由をお教えください。
音海はるその友人が描いていた写実画が、色鉛筆で描かれていたもので「色鉛筆でこんな絵が描けるのか。こんなん描けるようになりたいな」と思いました。そこから、自分も色鉛筆による写実画に挑戦したいと思い、本格的に描き始めました。描いていくうちにどんどん写実画が楽しくなっています。
――SNSなどで発表されているものを拝見すると、写真はもとより実物とさえ見紛う圧倒的なクオリティーです。どのようにして描かれているのでしょうか?
音海はる基本的には、よく写真を見るというのが、描くうえで一番のポイントです。細部をよく凝視しながら、特徴を捉えたり、描く場面によって塗り方を変えたりしています。設計図を描いてそれに沿うというより、どこをどんな塗り方で塗っていくかイメージしていることが多いです。
 最近は写真を見るだけでなく骨格を意識したり、見たものをそのまんま描こうとするのではなく、自分の中で「ここは元にしている写真よりもう少し影を濃くしよう」「目のハイライトを増やそう」とか考えながら描いてます。

――ご自身の圧倒的な画力はどのように鍛えられたのでしょうか?
音海はる毎日、目標持って楽しく続けてきているのが大きいと思います。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索