• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • ももクロ、『怪盗少女』から10年 デビュー曲頼りへの葛藤も「『怪盗』超えが良いモチベーションに」

ももクロ、『怪盗少女』から10年 デビュー曲頼りへの葛藤も「『怪盗』超えが良いモチベーションに」

目標はずっと「『怪盗少女』に勝る楽曲」 ともに10年歩んできたデビュー曲への想い

――今年5月にメジャーデビュー10周年を迎えましたが、自分たちでこれまでを振り返るような時間はあったのでしょうか?

【玉井詩織】正直に言うと、メジャーデビュー10周年より結成10周年の方が思い入れが強かったんです。当時はメジャーデビューとインディーズデビューの違いもよくわかっていなかったし、私たちは「ももいろパンチ」という楽曲でメジャーデビューしたと思っていました。

【全員】思ってたぁ〜。

【玉井詩織】なので「怪盗少女」をリリースした時は「3rdシングルです!」(インディーズ2ndシングルは「未来へススメ!」)くらいの気持ちでだったんです。
――なるほど(笑)。「行くぜっ!怪盗少女」リリースから10年が経過したわけですが、楽曲も一緒に成長していってると思います。今の「怪盗少女」は4人にとってどんな存在ですか?

【玉井詩織】当時はメンバーみんなが10代で、「制服脱ぎ捨て」など学生を連想させる歌詞が多かったんです。今は学生を卒業してしばらく経つ私たちが歌っているわけですけど、歌っている時は正直違和感を感じていないというか、いつでも当時の気持ちのまま歌えています。
――百田さんの「えび反りジャンプ」も10周年を迎えることになります。

【百田夏菜子】そうですね〜。でもえび反りジャンプも、まさかこんなにたくさんの方に知ってもらえるようになると思っていなかったので。言ってみれば偶然出来たものというか。

――そうなんですか?

【百田夏菜子】はい。「ドーンって効果音が入るから、その瞬間にジャンプして」って言われてその場で決まった感じでした。でも結果、たくさんの人にえび反りジャンプを楽しんでもらえたのはうれしいし、いつまで跳べるかは正直わからないですけど、これからも一緒に歩んでいきたい楽曲ですね。

【佐々木彩夏】いろんな方に知ってもらっているからこそ、この10年間で「いつまでこの曲に頼っているんだろう」という心境の時期も正直ありました。でも今ではこの曲に助けられていると素直に思います。例えばフェスなどのアウェイの場所に行っても、この曲なら間違いなく盛り上がる。その上で、未だに「怪盗少女」に勝る楽曲を出したいというのは、自分たちにとってもいいモチベーションになっていると思います。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索