アニメ&ゲーム カテゴリ

「『鬼滅の刃』は日本経済の希望の光」無限城そっくりの温泉宿や、“石”まで聖地巡礼スポットに

 大人気アニメ『鬼滅の刃』に登場する“無限城”にそっくりだと話題になっている会津・芦ノ牧温泉にある「大川荘」。コロナ禍で観光業界は大打撃を受け、大川荘も例に漏れず一時期休館するなど自粛が余儀なくされていた。だが、SNSで『鬼滅の刃』の劇中に出てくる敵のアジト“無限城”に似ていると拡散されると、鬼滅ファンが訪れるなど、“聖地巡礼”効果が出ているという。複数回の映画上映による劇場存続、コラボ商品による小売店利益など、コロナ禍における『鬼滅の刃』旋風で改めて気づかされた“聖地巡礼”の可能性とは?

三味線演奏まで酷似も「正式モデルではない」 奇しくも若い世代や家族連れが増加

 今年3月、とあるツイートがSNSで話題となった。福島県会津・芦ノ牧温泉にある「大川荘」が『鬼滅の刃』の敵ボス・鬼舞辻無惨のアジトであり、最終決戦の場である“無限城”に似ているという投稿だ。その色合いや空間全体が似ているだけでなく、かねてから客を出迎える三味線を弾くサービスも、同作の琵琶演奏の場面とリンクしている。

 この投稿に、多くのユーザーが「鬼舞辻が出てきそう」「実写版の映画のセットみたい」などお祭り騒ぎに。その後もこの半年間、ネット上で度々話題になっており、「会津が話題になってうれしい」「ここの岩盤浴は最高なのでぜひ」といった地元民からの喜びの声や、「実際に行きました」という“聖地巡礼報告”も寄せられている。
 実際、この投稿の反響や聖地巡礼効果はあったのか。大川荘広報に問い合わせてみたところ、「話題になってきた頃には休館をしましたので、予約や問い合わせが(昨年と比べて)増えたわけではございません。ですが、休館明けの7月からは、コロナ禍でお客様が全くいらっしゃらないんじゃないかと思っていたんですが、昨年と比べると6、7割ぐらいには回復できました」と回答。うれしい誤算で言葉に喜びをにじませていた。

 日帰り入浴のみの客が増えたほか、若い世代、家族連れの来館も増加しているという。また、客のなかには主人公の竈門炭治郎や禰豆子の着物の柄である羽織やマスクをして訪れる人たちがいるとのこと。
 特に“無限城”に似ているといわれているロビー中央の“浮き舞台”で記念撮影をする客も多いようで、「コロナによりとても不安な中、休館中から反響をいただき、もしかしたら…と希望の光として思っておりました。もちろん正式なモデルということではないのでこちらから何かすることはないですが、それでも大川荘を今まで知らなかった方にも知っていただき、ご来館いただくきっかけをいただけたことは大変うれしく、感謝しております」と同広報の声は明るい。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索