• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 天気予報の女神・貴島明日香が”朝の安心”を届けられるようになるまで「猫が気持ちを明るくしてくれた」

天気予報の女神・貴島明日香が”朝の安心”を届けられるようになるまで「猫が気持ちを明るくしてくれた」

 『ZIP!』(日本テレビ系 月〜金曜あさ5時50分〜)のお天気コーナーで人気を集め、『第16回 好きなお天気キャスター/天気予報士ランキング』(オリコン調べ)で2位に輝いた貴島明日香。“天気予報の女神”と呼ばれ「毎朝の笑顔に元気もらってる」「疲れたから貴島明日香ちゃん見てこよ」など、その存在自体が癒しにもなっている。“朝のさわやかなイメージ”が強い彼女だが、自身のSNSでは飼い猫のために生きる“下僕感あふれる?”一面も…。お天気キャスターという仕事への思いと、その原動力にもなっているという飼い猫“にゃんず”について話を聞いた。

関西弁が“コンプレックス”だった…アクセントを標準語に直すのに苦労も

――『第16回 好きなお天気キャスター/天気予報士ランキング』で2位に。世代別のランキングでは10代部門で1位を獲得されています。あらためて、感想をお聞かせいただけますか?

「すごくうれしかったですね。他にランクインしていた皆さんの名前を見て『私?』という驚きの気持ちもありました。選んでいただけたことで、自信も持てました。今年で『ZIP!』のお天気キャスターになって4年目になるんですが、私のTwitterには『2位になってすごい』というコメントとともに『最初に見たときはまだ高校生だったのに、もう大学生になりました』という報告もあって。月日が経つのって本当に早いなと感じました」

――先日、貴島さんのTwitterにお天気キャスターを始められた当初の原稿がアップされていましたよね。

「原稿にはたくさん書き込みをしていて。キャスターのお仕事を始めたばかりのときは、右も左もわかりませんでした。テレビでしゃべるのも、大人数のスタッフさんとお仕事をすることも初めてで。尺を自分で管理してリハして、あっという間にOAが終わる。原稿も今見るとすごく見づらいんですけど、アクセントを書いたり、強調したいところを色分けして書いたりして。声の出し方や原稿の読み方も、考えるのがすごく楽しかったなという記憶ですね」
――当時、課題に感じていたことはありましたか?

「課題…ほんっとに、いっぱいありすぎて(笑)。一番は、発音ですね。関西出身なので、アクセントを標準語に直すだけで大変でした」

――「時折飛び出す関西弁がたまらなくかわいい」という声もある。関西弁は、貴島さんのチャームポイントだと思っていました。

「一時期、関西弁で一言コメントするコーナーをやらせていただいたことがあって、視聴者の皆さんは、そのイメージを強く持ってくださっている。でも、天気の情報を伝えるときは、意識的に出さないようにしていました。『湿度が88%です』とか、数字を伝えるときには特に関西のアクセントが出てしまって。直すのはとても大変でした。今では関西の方と話さない限り、めったに関西弁が出てこなくなりました(笑)」

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索