• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 【Vol.3】編集部が選ぶ『月とオオカミちゃんには騙されない』胸キュンできる名シーン

【Vol.3】編集部が選ぶ『月とオオカミちゃんには騙されない』胸キュンできる名シーン

#12:にじんだ待宵月

―初めてメンバーの前で泣いたとおる―
『第30回 マイナビ東京ガールズコレクション 2020 SPRING/SUMMER(TGC)』でランウェイを歩いたメンバーたち。TGCが終わるとついに、ナナ復帰への第一関門であるハンドメイド服100着のチェックとなります。「検品をクリアし、下げ札がつけられた商品が合計100着あればナナへの“落ちないで投票”が開票される」という条件に、メンバーは固唾を呑んで10、20、30と作り上げた服を数えていきます。最後はあずさが100着目をカウントし、メンバー10人で見事ナナ復活への権利を得たのでした。
「ナナちゃん帰ってこれるよ!」と涙を浮かべて歓喜する10人。その後、いよいよナナの運命が決まる“落ちないで投票”の結果発表へ。これは「“オオカミちゃん投票”の得票数を上回る“落ちないで投票” 数を獲得した場合のみ、復活できる」というルール。全員で手を繋ぎ10秒数え、いざ発表の瞬間……10人の前にナナは現れませんでした。
ナナのいないステージに置かれた手紙を読むとおる。そこには、投票の結果、脱落者は復活せず、最終告白は10人で行うという悲しい知らせが記されていました。ナナが脱落したときもメンバーの前で涙を見せなかったとおるですが、この時ばかりは泣くのをこらえきれず、仲間の前で涙を流していました。

#13:もう一度冬が来たら

※オオカミちゃんの正体について触れています。ネタバレご注意!
最終告白のゆくえとオオカミちゃんの正体が明らかになる運命の最終回。幸せな結末だけでなく、涙と波乱も待ち受ける結果となりました。

最終告白は、オオカミちゃんの着ぐるみを着た女性メンバーのもとに男性が訪れ、思いを伝えます。女性がオオカミちゃんでなく告白を受け入れる場合は、手に持った風船を男性に手渡し、オオカミちゃんの場合は風船を渡さず空へと放ちます。

―めでたくカップル成立となったのは……―
まずはルークがりおんに告白。第9話以降、デートを重ね急激に距離を縮めた2人でしたが、りおんはオオカミちゃんではなく、「友だちとしてたくさん遊んだりしたいです」と、ルークの気持ちを受け入れ晴れてカップル成立となりました。
つづいてはコアとヒナ。複数の男性メンバーから好意を寄せられ“オオカミちゃん説”もたびたび浮上してきたヒナですが、無事に風船をコアに手渡し着ぐるみを脱ぐと、最高の笑顔を弾けさせました。「コアは疑うとか疑わないとかではなく、いつも私を助けてくれた。いっぱい頑張ってくれてありがとう」と感謝を伝えます。思えば初回からヒナ一筋に思いを伝え続けてきたコア。最後はギュッと長めのハグを交わし、ハッピーエンドを迎えました。
3組目、しょうたろうがあずさへ告白に向かいますが、そこにあずさの姿はありません。実は彼女、最後に使った「月LINE」で脱落したナナと会っていました。そこでナナに「私はオオカミちゃんです」と正体を伝えていたのです。とおるとナナの仲を「いっぱい邪魔したよね」と泣きながら謝るあずさをナナは「何も悪くない」と抱きしめます。
しかし、この行為は規定違反。あずさはそれでも、復活できなかったナナに正体を明かし、失格になる道を選びました。告白の場所には風船と手紙だけが置かれ、しょうたろうに対し「私がリーダーの役目を果たせたのは、しょうたろうの支えがあったからです。しょうたろうの優しさに何度も救われました」と感謝をつづっていました。
―安定の癒しカップル りょうすけ&りこの結末―
次に現れたのはりょうすけ。りこと順風満帆にシリーズ序盤から関係を深め、最も安定していたカップルでしたが……なんと風船は空に放たれ、2人目のオオカミちゃんだったという事実が判明します。
しかし、本当のドラマは最終告白の前日に起きていました。りょうすけが送った「月LINE」でりこと2人きりの時間を過ごしていた時、りょうすけがふと「来年もバレンタイン…欲しいなあ…」と未来の話をすると、りこは堪えきれず号泣。全てを悟り涙ぐむりょうすけでしたが、敢えて何も追及しませんでした。りこを失格させずオオカミちゃんの役目を全うさせるため、笑顔で彼女のもとを去り最後のデートを終えます。
風船を手放したりこは手紙を渡し「りょうすけくんは、ずるいくらいとっても優しいひとでした」と心を動かされたことを伝え、りょうすけも涙をぬぐいながら「楽しかったな」と一言。良き思い出としてりこと過ごした時間を噛み締めていました。
―とおるの変わらぬ思い……ナナはオオカミちゃんだった?―
そして最後に現れたのがとおる。彼は他の女性メンバーへ告白せず、脱落したナナがオオカミちゃんだったのかを知る権利を選びました。ナナからの手紙には「私はオオカミちゃんではありませんでした」と書かれており、とおるは顔をほころばせます。
ナナは続けて「私がオオカミちゃんじゃなかったことも、他の誰かがオオカミちゃんだってことも、この冬の楽しい思い出の中ではそんなに重要じゃないはずです。だって私の中にある皆との時間は、誰がオオカミだったとしてもかけがえのないものだから」と後悔のない心境を伝え、「テニスでの活躍応援してます。本当にありがとう」と、とおるへエールを送りました。
実った恋、実らぬ恋、どちらにも切ない願いと遂げたい信念が込められた5つの告白。11人の思いが作用しあい、予想もしない大きなドラマを生んだ最終回となりました。

それでは、また次のシーズンがあることを心待ちにしつつ……ガオガオ!
番組情報

Abemaビデオ『月とオオカミちゃんには騙されない』 最終回完全版
https://abema.tv/video/episode/90-1332_s1_p131(外部サイト)

現在「Abemaビデオ」にて配信中の最終回“完全版”では、『月とオオカミちゃんには騙されない スペシャルエピローグ』と題し、最終告白を終えたりこの心境や未公開映像を限定公開中です。
さらに、シリーズ次回作の予告情報も……!?
この記事について
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。(2月27日掲載
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索